体感中国語20―日英中の基本的語順はこうだ


私たち日本語の基本的な語順は「主語+連用修飾語+述語」となる、きわめて単純なものです。


これをやや具体的にいうと、「だれが/なにが、いつ・どこで・何を・どのように、どうする」という語順になります。さらに具体化していうと、例えば「彼は 昨夜 家で 中国語の宿題を ついに やり終えた。」というような文例になります。「彼は」が主語、「昨夜 家で 中国語の宿題を ついに」までが連用修飾語(節)、「やり終えた」が述語です。


これを英語の語順になおすと、「だれが/なにが、どうする、何を、どのように・どこで・いつ」となります。例文訳は「He had finished his home work of Chinese at home last night」です。「He」が主語、「had finished」が述語(動詞)、「his home work of Chinese 」が目的語、「at home last night」は「その他の要素」(副詞節)です。


中国語だと「だれが/なにが、いつ・どこで、どのように、どうする、何を」になります。例文訳は「他 昨晩 在家 终于 做完 汉语 作业。」です。「」が主語、「昨晩 在家 终于」が状語、「做完」が述語、「汉语 作业」が賓語です。


私はこのように理解しているのですが、正しいでしょうか。(あれ、英語、「ついに」が抜けてるみたいだけど、これでいいのかなあ。)
[PR]
# by damao36 | 2008-01-28 10:27 | 中国語 | Comments(0)