人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中国語は「平和」を”和平”という。どうしてなのか

中国語で平和を“和平”というのはどうしてなのだろうか。

现汉》には“平和”も“和平”も載っている。“平和”は形容詞では“①性情或言行温和②(药物作用温和不剧烈平静安宁”、それに方言動詞として“(纷扰停息”の意とある。“和平”のほうは名詞としては“指没有战争的状态”、形容詞としては“温和不猛烈”の意とする。

平和”の”は现汉》語釈⑥の安定”の意で、“”は“平和和缓”の意。いずれも付属形態素で、その組合せである“平和”は「安定していておだやか」という状況を表す形容詞とのこと。

和平”のほうはというと、語頭の”は现汉》語釈③の争或争”意の動詞、“”は語釈⑥の安定”意の付属形態素である。安定”の意の“”は動詞性語、形容詞性の語にもとれるが、ここは「争いが終結して、その結果安定している」というVV構造の動動連語と解しておく。品詞は名詞になっている。


平和”も“和平”も近代に入ってからの造語かと思ったが、漢和辞典には「平和」は「やわらかでおだやかなこと」の意とし、『左氏春秋』の慆堙心耳乃忘平和」(心耳慆堙シテ平和)という例文を、「和平」は「戦争や騒乱がなくて、世の中のおだやかなこと」の意とし、『易経』から「聖人感人心而天下和平」(聖人人心ゼシメテ天下和平ナリ)という例文を示している。

古典も「和平」という語を「戦争や騒乱がなくて、世の中のおだやかなこと」の意として用いているので、中国語の“和平”の方が「平和」の意としては正当のように思えるのだが、それならばどうして日本では「和平」とはいわずに「平和」というようになったのか、これまた私にとっては新たな疑問である。


by damao36 | 2019-07-01 13:32 | 中国語 | Comments(0)

中国語で救急車を”急救车”というのはどうしてなのか

汉语词》には“急救”も“救急”も動詞として載っている。“急救”は“急救治”、“救急”は“帮助解决突然生的病或其他为难”の意。ただし、“急救”は構造の動詞で、“救急”は構造のいわゆる離合詞と呼ばれる動詞である。動賓連語の離合詞“救急”の“”が動詞で、“急”は“”という動作行為の対象である賓語(目的語)でなければならない。賓語になるのは名詞だから名詞だろうと、《现汉》を見たが、“急”に名詞という識別はない。おそらく、《现汉》語釈⑥の“重的事”という意の形態素が名詞相当語に当たるのであろう。動詞“”は二重賓語はとれない動詞なので、後続にもう一つ名詞性語句は置けない。
 
 A
構造の“急救”の“”は“急迫;”意の形容詞。ゆえに、“”は“急救治”(
緊急に救治する)の意なので、後続の“”を修飾できる。だから中国語では“救急”ではなく“急救”なのだ、私はそう理解したのでした。
 
 ところで、香港・台湾では救急車を“救生車”という。この“
救生”は“生命”意の動詞であるが、《现汉》などに離合詞との説明はない。この語は他に“救生衣”(
ライフジャケット)“救生圈”(救命ブイ)“救生艇(救命ボート)”などと後に名詞を続けている単語が並んでいる。日本人なら“救命衣“救命圈”“救命艇”でいいと思うのだが。救生”に近い“救命”、これは“援助有生命危的人”意の離合詞と説明されている。


 要するに、“
救命”は構造で「命を救う」意、“救生”はVV構造で「救って生かす」意とネイティブは判断する、私はそう考えたのでした。

      ※ 《中文導報》を読んでいたら“好惨!联合国被逼到卖房救急”という見出しが目に入りました。会費未納国が180数国あり、
        最高会費納入国のアメリカが未納なので、ついに所有する建物を打って急場をしのいでいるとの記事でした。


















by damao36 | 2019-07-01 09:55 | 中国語 | Comments(0)