人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

助動詞(2)――日英中の助動詞,その総数と意味

中古の日本語には1330数語の助動詞があるが,現代口語の助動詞は以下の1417語(複多義の語もひとつと数える)である。

 1. れるられる受身)・ 2. れるられる尊敬・自発)  3. れるられる可能)) 4. れるられる使役)  5. ます丁寧 6.過去・完了)  7. よう未来 8. らしいべしようだ推量 9. まい打消 10. たいたがる希望)  11. です指定・断定)  12. そうだ伝聞 13. ようだ様態 14. ようだ比喩・例示

その中で中国語でも助動詞になるのは3 可能(“可以 ”),7未来の“”・8 推量の“应该děi”・9 希望の“”の4種にすぎない。

例えば,中国語の受身は“被、叫、といった介詞構文で使役伝聞は “使”といった使役動詞を用いる構文で表す。打消は“不、没、不会、也~不”の状語となる副詞で,推量は“、似乎、必/像~那”といった副詞主体の状語で,様態比喩は“似的”といった動詞構文で,比喩例示は “”といった代詞好像如同”といった動詞句,“一般”といった形動連語などで表す。また,過去は時の副詞以外に動態助詞の“了、”が,未来推量は文末助詞“”が,指定断定は文末助詞の“”が,様態は陳述助詞の“似的”などで表されている。

英語助動詞との比較はどうであろうか。中国語助動詞19語の意味に該当する英語を見てみると,助動詞または助動詞の導く語句が多いといえそうである。

/can; be able to; possible; probable

be able to; know; how to do / be goodat; be excelat; be skilledin / be likely to; be sure to / 

indicating; admission or possibility same as / worth (doing)

cannot; should not; must not  

(dé) expresspermission / indicating probability

can; be able to; be good at; may; maybe

///应该/should; ought to; must

(děi) need; require; take / must; have to; needs of will or reality / will; be sure to
must; have to

should; must / shall; will; be going to  / want; have a desire for

may; can; should 可能perhaps; probably

dare; venture / havethe confidence to; be certain; be sure 

agree; consent;  be willing to; be ready to

/ be willing to; be ready  

)英単語の青網が助動詞。太字が動詞。下線が形容詞。点下線が副詞。波下線が前置詞。黒網が名詞。



by damao36 | 2019-03-18 16:28 | 中国語文法 | Comments(0)

助動詞(1)――日英中の助動詞,その語順と働き,語形変化

助動詞とはどういう品詞なのか。日英中の助動詞をまずは語順と働き,語形変化といった点から比較してみる。

日本語の助動詞は動詞・形容詞の術語コアの後ろに付着して,述語コアに受身尊敬自発可能使役丁寧過去/完了未来推量打消希望指定/断定伝聞様態といった意味を加える。ゆえに,述語補完型と名付けておく。

英語の助動詞は動詞の前にあって,能力可能推量許可依頼義務禁止意志意向依頼推量義務提案命令判断説明必要敢てする過去の習慣状態といった意味で述語コアを限定する。こうした働きをA 態度表明型叙述認定型)とも呼ばれている。それ以外にB 機能付加型般動詞を疑問文や否定文にするときに用いる),C 分詞補完型過去・過去分詞・現在分詞と併用して動詞を補完する)がある。

 日本語助動詞の述語補完型と英語助動詞の態度表明型との違いは,英語助動詞の意味は語り手による認定・判断に限られているが,日本語助動詞は受身や使役の構文,過去といったテンスにかかわることをも含まれている点で異なる。また,BC型の働きはない。

中国語の助動詞はというと,その語順は英語助動詞同様述語コア動詞の前にあって,可能当然蓋然願望の意で述語動詞を限定する。可能当然蓋然願望は語り手の認定・判断であるから,英語助動詞A型の態度表明型の働きと同じといえる。ゆえに,助動詞を用いた文の文種名を態度表明文とも命名しておく。なお,中国語助動詞文には日本語助動詞文同様英語Bの機能型やCの分詞補完型はない。また,日本語助動詞のような活用,英語助動詞のようなテンスや3人称による語形変化もない。




by damao36 | 2019-03-13 17:38 | 中国語文法 | Comments(0)

中国語は後頭部で発声する

 スイスのヨーデル歌手がヨーデル発声方法として、①胸から出す音 喉から出す音 後頭部から出す音の三つの方法があると語っていました。


私はどちらかというと音痴で、音痴が中国語を教えるのは不向きという劣等感がありました。そこで音痴を少しでも改善するために、人のいないところを散歩しながら、声を出して歌を歌うことにしていました。私が歌う歌は≪何日君再来≫≪东方红≫≪北风吹≫≪月亮代表我的心≫≪北国之春≫などです。

ところで、ヨーデル歌手の発声方法を聞いて、中国語というのは後頭部から声を出すのが一般的ではないか、と気づきました。私の日本語は無意識にですが、胸から出る低音が主流のようです。しかし、この発声では声調言語の中国語にはうまくいかない、そう思うのでした。

試しに≪何日君≫を歌ってみてください。好花不常开,好景不常在。”の“hǎohuā、できるだけ口の中を大きく開いて、後頭部から息を出して、h-ǎo h-uāと発声するのです。以下のb-ú ch-áng k-āiも同じです。

北国之春の日本語冒頭「白樺 青空 南風」を中国語訳は“亭亭白 悠悠碧空 微微南来 tīng tīng bǎihuà yōuyōu bìkǒng weiwei nán lái fēngで,その発声は後頭部から出す声でないとうまくいきませんこの方法,いわゆる中国調のメロディーなら、うまくいくようです)。

 日本語はどうでしょうか。Shirakaba aozoura minamikazeは私はふつう喉頭部から声を出しています。もちろん胸部あるいは後頭部から出してもいいようです

「中国人は声が大きくてやかましい」―-日本人はよく言いますが、それは中国語の発声が胸部音・喉頭部音ではなく,主として後頭部音だからではないか。それが私の結論です。




by damao36 | 2019-03-08 11:58 | 中国語 | Comments(0)