<< また劇場型選挙ですか 体感中国語148―性質形容詞と... >>

これで郵政資金300兆円はアメリカに出資できる!

 やっぱり麻生さん、小泉構造改革派、というよりわが国既得利権集団の攻撃に屈せざるをえなかったですね。麻生さん、盟友鳩山総務相を切りました。西川郵政社長は新総務相により続投認可でしょう。

 これで竹中平蔵が昨年4月の朝日ニュースターでパネルを掲げて主張した「郵政資金をアメリカに出資せよ!」が思いのままです。郵貯や簡保の300兆円は返還の保証に不安のあるアメリカ国債に化けるのです。郵政””営化が機能し始めるのです。http://www.youtube.com/watch?v=Wz6-Q3P9pBE

 ところで、鳩山氏は「今般政府に尋問の筋これあり」と語り、「いづれ歴史が私の正しさを証明してくれる」と意気軒昂です。

 12日夕方5時の小宮山アナのニュースをみていたら、鳩山新党の動きの他に、自民党は総裁選を前倒し、ひょっとして鳩山弟が国民的人気を背景に自民党総裁になり、兄の鳩山民主党代表と対決する、そんなシナリオもありとか。

 まったく、自由と繁栄のわが国政治、いや、正確には栄耀栄華を誇った自由民主党政治、ますますマンガチックです。

                 (どうせこの世はこんなもの マンガ政治の終焉にわくわくしている のーてんきネズミ)
                         
[PR]
by damao36 | 2009-06-14 11:08 | 政治 | Comments(0)
<< また劇場型選挙ですか 体感中国語148―性質形容詞と... >>