<< 体感中国語145―自動詞と他動... 体感中国語143―日英中の文法... >>

体感中国語144―漢文と中国語

 私たち日本人は小学校で教育漢字881 字を、中学校までで常用漢字1858字をマスターし、正式な日本語表記として漢字仮名まじり文を日常の読み書きに使っています。

 また、中学校の国語の授業で漢詩や論語などの章句のいくつかを学び、高校では国語・古典の内容の一半として古文と並んで漢文という主として中国古典の文章を習っています。したがって、大学入試センター試験でも国語という科目200点中50点分は漢文の配点になっています。漢文問題については毎年新聞に掲載されるので、どの程度のものかおわかりでしょう。

 中国語をまったく学んでいない若者が伝統的な訓読方式で、中国でも初級中学以上でなければ学ばないような中国古典の文章を理解することになるのですから、やはり驚嘆すべき、日本人として誇っていい一つの教育方法ではないでしょうか。

 振り返って見ますと、千数百年前、私たちの祖先が始めて目にしたであろう文字が漢字であり、つい百数十年前までは主として漢字の書物を通して多くの文明文化を輸入してきました。また、文字表現も漢字から生まれた仮名文字と漢字そのものを用いて、現在に到っています。


 でも、問題がないわけではありません。

 その最大の問題は、古いものを学ぶ分には確かに有効ではあるけれども、新しい漢字文化を読み解くのに果たして有効なのだろうかということにあると私には思えるのです。

 せっかく身につけた漢文訓読法では同じように漢字だけで書かれている新しい文書を読み解くにはきわめて不十分だということです。要するに、現在の漢文学習と中国語学習とはほとんど接点がないということです。

 中国語の学習があまり意味をもたない時代ならばそれで一向に構わないのですが、今日のように日本と中国とは日常生活にいちばん大切な経済問題でまずは深いつながりができているのですから、これからの日本人は中国語も英語と並んで知らないよりは知っていた方がなにかと有利な時代に入っているはずなのです。

 ですから、せっかくかなりの貴重な時間を費やして日本古典の一つとして訓読方式で中国古典を読み解く学習をしてきたのなら、これからはその学習スキルと中国語学習スキルとの接点を考えてみる、そういうことも重要なのではないでしょうか。


 その接点をさぐるヒントとしていまの私が考えていることを2点、ここに書きとめておくことにします。


1 漢文の構造は中国語の構造と同じだということ

  78「漢字熟語の基本構造」で漢字熟語の説明をしましたが、漢文(中国古典文)の構造もそれに準じており、現代中国語もまた基本的には同じだということです。

20、142、143で既述した現代中国語の「基本的語順」「基本文」「文法成分」などが中国古典語である漢文ではどうなのか、検証してみる必要がありそうです。


2 漢文句法はまとめやすいが現代中国語の表現は複雑だということ

 高等学校の漢文教科書付録にはたいてい以下のような「漢文句法」なるものが付いています。

 【漢文句法】 
 1 否定   2 疑問   3 反語   4 使役   5 受身   6 比較   7 限定・累加   8 仮定
 9 抑揚   10 願望   11 詠嘆 

 それなのに、現代中国語の学習ではそのようなものがないのはどうしてでしょうか。

 古典中国語である漢文はもともと書き言葉であり、人造語でしょうから、容易に上記の11句法にまとめることができるのでしょうが、話し言葉中心である現代中国語は表現法をまとめるのはむずかしいのでしょう。


 現代中国語の文型は一体いくつか、疑問表現などをどう整理したらいいか、私がこれまでさぐってきたのもなにかわかりやすい学習スキルを見つけるためでしたが、かなり混乱してしまっています。でも、いくらかの進歩は見られなかったでしょうか。
[PR]
by damao36 | 2009-04-14 11:26 | 中国語 | Comments(0)
<< 体感中国語145―自動詞と他動... 体感中国語143―日英中の文法... >>