<< 日本はアメリカの属国、それでいいのだ 日本の首脳外交、中国の首脳外交 >>

中国人女性の日本人男性観

 中国情報専門のネット「サーチナ」(Searchina)には「今日のブログ」というコラムがあり、毎回中国人が書いたブログを日本語訳して紹介しています。2月21日の記事のタイトルは「日本人男性と付き合いたい?中国人女性の本音」でした。

 私も大学院に留学している大変活発な中国女性から同じような話をきいたことがあります。

 私もそうでしたが、大学に入ると急に自堕落になり、朝寝をし、朝食を飛ばしたり、インスタントですませたりで、ひょろひょろでした。中国の大学生は日本の大衆化した大学生よりもエリート意識が強いでしょうから、朝も早く起きて戸外で勉強したりし、朝から肉の入った油こいものをしっかり食べてるでしょうから、エネルギーが違うのかなあと思いました。

 地方の女性たちは貧困から抜け出すために日本人との結婚にあこがれるでしょうが、生活が豊かで学歴の高い中国人女性はこのブロガーのように日本人男性をみている女性が多いのではないでしょうか。考までにお読みください。


 (以下引用)
 数多くの中国人女性が日本人男性と結婚している。日本人男性に嫁ぐ中国人女性は増加の一途をたどっており、01年以来、毎年1万人を超えている。このブログは日本に滞在する中国人が日本人男性を恋の対象として見れるかどうか、本音を綴ったものである。以下はそのブログより。
---------------------------------------------------------

  日本にいる中国人女性が彼氏を探すとしても、日本人男性を対象に出来ないのはなぜだろう。日本に来る前に祖父から「日本人と付き合ってはいけない」と諭されたが、これについては心配する必要はない。歴史問題などを考慮せず、なぜ日本にいる中国人が彼氏を探そうとする際に日本人男性を対象とすることができないか、理性的に分析してみたい。

  まず一点目は、多くの日本人男子学生はあまりにも痩せすぎていて、不健康そうに見えるということだ。筋肉もなく、まるで病人のようである。おそらく日本人男子学生の食べる量と関係があるのだろうが、私は男性であれば大口を開けてがつがつ食べる人が好きだし、この点に関して中国人男性の勝ちである。

  次に日本人男子学生は細かく、けちであるということだ。私がアルバイトしている日本料理屋では、日本人男子学生は勘定の際はほとんどワリカンで、たとえ女性と一緒に食事するときでもそうである。

  そして、仕事をしている日本人男性はあまりに卑屈であることも理由の一つである。この点に関しては、日本に滞在している全ての外国人が同意するのではないだろうか?ある時、私が住んでいる部屋で水周りのトラブルが発生したことがあった。不動産屋さんに連絡を取ったところ10分で駆けつけてくれたのだが、部屋に入るなり平謝りで、あまりにも気を使いすぎると感じた。その後、不動産屋の男性は自らうずくまって床板をはずし、下水管の詰まりを取り除いてくれたのだが、これはスーツと革靴をはいている人間のやることだろうか?トラブルが解決するまで彼はずっと謝罪の言葉を口にしていて、それは彼が私の部屋を出て行くまでずっと続いたのであった。

  彼のような人を日本語では「社会人」というらしいが、ただ単に社会に埋もれて働く人に過ぎないと思う。それにしても日本で社会人を務めるのは本当に大変なことだろう。日本人の自殺率が高いのもこういったことが原因の一つなのかもしれない。

  私はこれまで、自分を高めるために他人を貶める人を多く見てきたが、日本に来てからは他人を高めるために自分を貶める人を数多く見てきた。これが日本人の謙虚さだという人もいるが、謙虚にも度が過ぎれば偽りのように感じるものだ。

  やはり私は日本人男性と付き合うことは出来ないし、この点に関しては韓国人女子学生も中国人女子学生と共通認識を持っている。
--------------------------------------------------------------
(出典:球球的小日子BLOG意訳編集担当:畠山栄)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0221&f=column_0221_003.shtml
[PR]
by damao36 | 2009-02-23 15:38 | 中国語 | Comments(0)
<< 日本はアメリカの属国、それでいいのだ 日本の首脳外交、中国の首脳外交 >>