<< 体感中国語126―疑問語疑問文(4) 体感中国語124―疑問語疑問文(2) >>

体感中国語125―疑問語疑問文(3)

いわゆる疑問語の代表的な語句は「谁、什么时候、哪儿(哪里)、怎么、怎么样(怎样)、什么、为什么、多~、多少、几」と10種ではないでしょうか。この10個の語句のそれぞれの品詞は以下のようだと私は考えるのですが、いかがでしょうか。 (なお、「什么时候、为什么」は「什么+名詞」「動詞+什么」の連語なので、これらの疑問語を語句と表現しました。)

この10個の疑問語、辞書ではたいてい疑問代詞と表記されているので、私は疑問代詞=疑問代名詞と理解し、みんな代名詞、したがって名詞みたいなものと思い込んでいたのでしたが、よくよく考えると名詞といえるのは「谁、什么时候、哪儿、什么」の4つだけです。

しかし、その中の「什么时候、哪儿」は主語や賓語になるときは疑問の名詞でいいのでしょうが、状語として後ろの動詞・形容詞を限定するときは副詞ではないでしょうか。「什么时候、哪儿」に該当する「いつ、どこ」、日本語辞書では代名詞とだけ出ていて、副詞というのはありませんが、英語のwhen、whereは代名詞のときもありますが、疑問文のときはたいてい副詞用法です。中国語もここは英語にならって、動詞・形容詞を限定する状語としての用法のときは副詞とすべきだと私は考えました。

また、「什么」という語は「什么时候」のようにいろんな名詞とくっつきます。この場合は形容詞でしょう。


10個のうち4個は名詞ということでしたが、それよもり多いのは副詞で、「什么时候、哪儿、怎么、怎么样、多~、为什么」の6つあります。

什么时候、哪儿」はすでに説明しましたので、まずは「怎么、怎么样」について説明をします。


この「怎么、怎么样」は文中では述語の前にあるときと述語の後ろにあるときとがあります。前の場合は述語を限定する状語、後ろにある場合は述語を補う補語でしょう。「怎么样」は、ときに前にも後ろにも述語に該当する語のないときがありますが、その場合は述語そのものです。

したがって、5W1H語順表では、「怎么、怎么样」を述語の前と後とに分けて表記したのでした。 (中国語の場合「副詞状語+述語+補語」はひっくるめて述部と考えるべきか、と思ったりしています。)


それでは、その例を少し挙げておきます。

<疑問副詞怎么状語)+動詞>
这是怎么回事?    Zhè shì Zěnme huí shì ?
What’s all this about?  (これってどういうこと。)  この「怎么~」は形容詞です。
这个字要怎么念?   Zhè ge zì zěnme niàn ?
How do you say this word?   (この字どう読むの。)
你怎么不早点告诉我们呀?   Nǐ zněme bù zǎo diǎnr gàosù wǒmen ne ?
Why did’t you tell me earlier?   (どうして早く私たちに知らせないのよ。)


<述語+疑問副詞・怎么样補語)>
跟我们一起去怎么样?   Gēn wǒme yìqǐ qù zěnmeyàng ?
How about going there toghter with us?   (私たちと一緒に行ったらどう。)
我们都去,你打算怎么着?   Wǒmen dōu qù, nǐ dǎsuàn Zněnme bàn ?
We are all going. What about you?   (みんな行くけど、あんたどうするの。)


述語そのもの>
你怎么啦?   Nǐ zěnme la ?
What’s wrong with you?   (どうしたの。)
你近来怎么样?    Nǐ jìnlái zěnmeyàng ?
How have you been keeping?   (最近いかがですか。)


あとに残った副詞の「」と「为什么」、それから疑問の形容詞である「怎么~、什么~、多~、多少、几」、長くなりましたので、次回に説明を試みます。
[PR]
by damao36 | 2008-12-15 10:51 | 中国語 | Comments(0)
<< 体感中国語126―疑問語疑問文(4) 体感中国語124―疑問語疑問文(2) >>