<< 体感中国語122―疑問文の種類(2) 体感中国語120―再説・中国語... >>

体感中国語121―疑問文の種類

中国語の代詞はイコール代名詞のことだと考えるのは正確ではありません。代詞はさらに人称代詞、指示代詞、疑問代詞と3つに分けられますが、その一つ疑問代詞には「怎么」、「为什么」など英語では疑問副詞となる語もふくむからです。(また、””””は疑問形容詞ではないのでしょうか。)

また、代詞は人称代詞指示代詞疑問代詞と3つに分かれますが、確かに人称代詞と指示代詞はある具体的な人物の名称とかある具体的な物や事柄の名称の代わりをしますが、疑問代詞はそうではありません。代わりをするのではなく、ある具体的な人物の名称とかある具体的な物や事柄とかを探し求める表現です。

まあ、以上のようなことがこれまでに私なりに分かってきたと思うので、これからしばらく日本語、英語、中国語の疑問表現がどう違うのか、あるいはどこが似ているのかということを考えてみることにします。


それではまず日本語からです。

日本語教育の参考書『初級を教える人のための 日本語文法ハンドブック』(フリーエーネットワーク)の§29「疑問文の種類と文末表現」を見てみました。


疑問文の種類としてはまず真偽疑問文Yes-No疑問文)と疑問語疑問文WH疑問文)とがありました。

真偽疑問文というのは「文中に疑問語(疑問詞)を含まず、その文の真偽を訪ねる疑問文」とのことで、英語ならYes-Noでこたえるので、Yes-No疑問文ともいうのでしょう。他の書では是非疑問文とか諾否疑問文とか呼んでいます。


疑問語疑問文は「文中に疑問語(疑問詞)を含み、その疑問語(疑問詞)の内容を特定することを目的とする疑問文」です。英語ではwho、when、where、what、 Why 、howを使うので、WH疑問文ともいうのです。


疑問文の種類としては疑問語があるかないかという観点から大きく2分類するこのわけ方でいいように思うのですが、この書には別の観点からの分け方も出ていました。

一つは「はい、そうです」「いいえ、ちがいます。/そうではありませ。」による応答ができるかできないかで二つにわける観点です。

もう一つは疑問文の文末表現が「~の/のか/のですか。」とする必要かあるかどうかという観点からの分類でした。

はい、そうです」「いいえ、ちがいます。/そうではありません。」による応答は疑問語疑問文は不可で、真偽疑問文の中の名詞述語文に限るということになります。

もしそうなら、真偽疑問文の中の動詞述語文や形容詞述語文はどうなるのかというと、「はい、Vします/Aです。」「いいえ、Vしません/Aではありません。」と、尋ねられたときの動詞や形容詞で答えるということで、これは特段取り上げるほどのことはないのではと思いました。


ところで、もう一つ疑問文の文末表現が「~の/のか/のですか。」とする必要かあるかどうかという観点の分類で、これは私にとってははじめて見る分け方でした。

例えば「你是日本人吗?」を日本語に訳せと言われたら、「あなたは日本人ですか」ですが、ならば、「あなたは日本人なですか」というのは、中国語ではどういうのですかと聞かれたら、どう答えればいいのでしょうか。


その前に中国人から「『あなたは日本人ですか』と『あなたは日本人なですか』はどう違うのですか」と聞かれたら、どう答えたらいいのでしょうか。


この「~の/のか/のですか。」は肯定文における「のだ」の変形で、この書の§28には「関連づけの『のだ』」という章があり、9ページにわたって説明されていました。

でも、これを読んでも、日本語のことながら結構むずかしく、まだよくはわからないでいるのです。要するに、「~の/のか/のですか。」というのは、発話者が発話以前になんらかの前提とか状況とか先行文脈とかがあって、それとの関連づけで用いられる、いまはそのように理解しておきます。
[PR]
by damao36 | 2008-12-06 18:23 | 中国語 | Comments(0)
<< 体感中国語122―疑問文の種類(2) 体感中国語120―再説・中国語... >>