<< 体感中国語117―中国語の品詞... 体感中国語115―疑問詞につい... >>

体感中国語116―疑問詞についての疑問(2)

英語の「when」、「where」は疑問副詞なのに、日本語の「いつ」、「どこ」は疑問代名詞、中国語の「什么时候」、「哪儿」は疑問代詞となるのはなぜなのでしょうか。以下の例文で考えてみました。


1 いつ行きますか。        明日行きます。
  什么时候去?         明天去。
  When will you go?     I ‘ll go tomorrow.

2 どこに住んでいますか。    上海に住んでいます。
  住在哪儿?          我住在上海。
  Where are you living?   I am living in Shanghai.


まず私にとっては理解がすっきりする英語から説明します。

1の「when」は疑問副詞、それに該当する「tomorrow」は名詞ではなく副詞でしょう。動詞「go」を後ろから限定しているからです。

2の「where」も疑問副詞、それに該当する平叙文の「in Shanghai」は「前置詞+名詞」ですが、文法成分としてはやはり動詞句「am living」を限定している副詞句。ですから、これも広い意味の副詞でしょう。


日本語はどうでしょうか。

1の「いつ」も2の「どこ」もなぜか副詞ではなく、代名詞です。「いつも行く」とか「どこがいいの」とか、格助詞が付くからなのでしょうか。

いつ」、「どこ」に該当する「明日」と「上海に」はどうなのでしょうか。

1の「明日」は動詞「行く」を限定しているので、英語のように副詞といってもいいのに、名詞です。「明日がいい」とか「明日は天気だ」とか、やはり格助詞や係助詞が付くからでしょうか。主語ともとれるからでしょうか。でも、英語だって「Tomorrow is another day.」なんていう時の「Tomorrow」は名詞です。だから、格助詞が付くときは名詞とすればいいのに、なぜそうはいわないのか、やはり疑問です。

2の「上海に」は「名詞+場所の格助詞」で、ここは連用修飾語です。連用修飾語は英語の副詞句・節に当たるので、ここは英語と同じと見ていいでしょう。


中国語はどうなのでしょうか。

1の「什么时候」は「疑問代詞+名詞」の連語でした。2の「哪儿」は疑問代詞です。まあ、この2語、広義の疑問代詞でしょう。でも、なぜ英語のように副詞でないのでしょうか。日本語と同じで、主語ともとれるからなのでしょうか。

什么时候」に該当する「明天」は日本語と同じく名詞です。「哪儿」に該当する「上海」は補語動詞「」の後につづくので賓語です。賓語になれるのは名詞です。だから、これは名詞です。


私の疑問の解明、今はここまでで、結局完全な氷解とはいえません。もう一つの疑問、どうして英語と中国語は代名詞や代詞が独立した品詞なのか、これもまた私の中ではフリーズしたままです。
[PR]
by damao36 | 2008-11-18 12:25 | 中国語文法 | Comments(0)
<< 体感中国語117―中国語の品詞... 体感中国語115―疑問詞につい... >>