<< なぜ今『蟹工船』なのか 体感中国語57―『雪国』冒頭文... >>

体感中国語58―愛ちゃんの“サァー”、その意味は?

卓球って、わたしにはまったく無関係だったのですが、5年ほど前から家の上さんがバドミントンクラブから卓球クラブに”宗旨”替えして、卓球がわが家の一部に入り込んでしまいました。

ついに昨年は6畳ふた間をひとつにして、床張りにし、簡易卓球台を置くことになりました。運動音痴のわたくしも週に何回かは玉送りに汗をかくことになりました。

とにかくうちの上さん、週に何日卓球をしに出かけているのでしょうか。公民館に福祉館、社会保険センター、それに近くの体育館に隣町の体育館・・・と、いろいろと渡り歩いています。

わたしも感化されて、いまは卓球試合のビデオを見たり、卓球のニュースに注目したりするようになってしまいました。



ところで、21日からクロアチアで卓球世界選手権がはじまります。この15日、日本女子代表の福原愛(18)ちゃんや14歳で初出場の石川佳純ちゃんらが出発しました。今度の大会、この2人の10代選手の活躍、大いにたのしみです。



そこでわたくし、福原愛ちゃん(もう大学生ですから愛さんというべきでしょうが)の掛け声、“サァーについての謎”の解明に迫ってみようと思い立ちました。



まず仮定の命題を立ててみました。もしこの掛け声を中国人の記者が取材して、表音文字のない中国語で表記するとしたら、どのような漢字を当てるだろうか、と。


ところが、その命題を思いつくと、結論は意外なほど簡単に出てしまいました。



ピンインなら、“Shā  ”、漢字なら、”  “。



なぜそうなのかというと、卓球やバドミントン、テニスなどでスマシュを促すとき、中国人は“Shā ! Shā ! ”、” 殺 ! 殺 ! “というからです。「やれ!やれ!やっつけろ!」、あるいは「打て! 打て!」といった意味合いなのでしょうが、直訳するなら、「ぶっ殺せ!」、「ぶっ殺した!」ではないのでしょうか。



かわいい顔して愛ちゃん、ぶっそうなものいいをしているのですね。きっと中国選手たちもそういっているのでしょうから、”卓球王国”中国の鼻を明かすためにも、特に中国選手との試合の時には、このわかい2人には大きな声で、“Shā ! Shā ! ”、” 殺 ! 殺 ! “と叫んでもらいたいものです。

わたしたちもいっしょに”サァー! サァー!”と吶喊 助威 na4 han2 znu4 wei1 、つまり中国人に負けない大声で喚声をあげ、応援しましょう。



                          (かわいい愛ちゃんになら殺されてもかまわないと思っている ネコ)



≪蛇足≫

卓球は中国語ではpīngpāngqiú 乒乓球、バドミントンはyǔmáoqiú 羽毛球、テニスはwǎngqiú 網球です。

また、バスケットボール(lánqiú 籃球)やハンドボール(shǒuqiú 手球)などのシュートやスマッシュを促すときは「Tóu! Tóu! 投! 投! 」、サッカー(zúqiú 足球)は「Shè! Shè! 射! 射! 」、バレーボール(páiqiú 排球)のスパイクは「Kòu! Kòu! 扣! 扣! 」と具体的な動詞を使っていうのだそうです。
[PR]
by damao36 | 2008-07-02 10:09 | 中国語 | Comments(0)
<< なぜ今『蟹工船』なのか 体感中国語57―『雪国』冒頭文... >>