<< 中国知識人の「チベット騒乱」へ... 体感中国語53―場所詞は“不動産”だ >>

テレサ・テンが歌う中国領土

You Tubeにテレサ・テンの「中華民國頌」という歌がありました。


http://www.youtube.com/watch?v=6JKLagjZWgc&mode=related&search=

歌詞は以下のとおりです。

青海的草原 一眼看不完 中華民國 中華民國
喜瑪拉雅山 峰峰相連到天邊 經得起考驗 
古聖和先賢 在這裡建家園 只要黄河長江的水不斷
風吹雨打中 聳立五千年 中華民國 中華民國
千秋萬世 直到永遠
千秋萬世 直到永遠

いつごろの録音かはわかりませんが、「中華民國 」とはいまの台湾のことです。

「喜瑪拉雅山」とはヒマラヤ山、「在這裡建家園」とは「ここにふるさとを築いた」という意味でしょう。

では、「在這裡」(ここで)とはどの範囲を指しているのでしょうか。

その範囲はきっとこの歌に出てくる地名の含まれる地域です。青海草原に、ヒマラヤの峰々、黄河と長江、……。それが「中華民国」なのでしょう。

これは毛沢東がつくった中華人民共和国を讃えた歌ではありません。蒋介石の中華民国を賞賛した歌です。


日本の敗戦後、もし、毛沢東ではなくて、蒋介石の方が 中国を支配していたとしたら、チベットはどうなっていたのでしょうか。やはり、中国だと主張していたでしょう。

いま、台湾の世界地図、いや中国地図がどうなっているか、知りませんが、どうもまだ「中華民国全図」は以下のようになっているのではないでしょうか。モンゴル共和国も承認していないのではないでしょうか。沖縄も琉球と呼んで、法的にはまだ日本の領土だとは認めていないのではないでしょうか。

               中華民国全図

d0144814_12134641.jpg



(台湾の総統選挙で国民党の馬英九氏が当選しました。私としてはひそかに応援していたのでよかったなあと思っています。それにしても国民党が大陸反攻を国是として掲げていたころの遺産とも言うべき領土の問題、特にあいまいなままの沖縄県承認の問題などがどうなるのか気がかりなので、領土問題について私の別のブログに書いた記事を再掲しました。)


≪参考≫
「日日是生日」(http://lailai-hanyu.at.webry.info/)が私のもう一つのブログです。時には覗いてください。


[PR]
by damao36 | 2008-03-23 12:11 | 政治 | Comments(0)
<< 中国知識人の「チベット騒乱」へ... 体感中国語53―場所詞は“不動産”だ >>