<< ニュースの言葉――”推波助澜”... ニュースのタイトル——“一带一路” >>

ニュースのタイトル――”中日三大对立点”


 6月8日の中文導報トップ記事は<杨洁篪访 中日能否冬去春来?>でした。<中日能否冬去春来?>の”冬去春来”は4字熟語になっておりますが、説明するまでもないことなので、辞書には未登録でした。訳は「日中間に春の訪れはあるのか」でどうでしょうか。 日中間、残念ながら今は””なのですね。

 中国国務委員の杨洁篪氏が何しに日本に来られたのかあまり関心はなかったのでしたが、この記事を読んでいくらかわかりました。ところで、その成果はどうだったのでしょう。小見出しに<中日三大立点没有解迹象>とありましたから、春の訪れはまだ先の話のようです。この記事の筆者張石氏は<然有媒体认为杨洁篪访日会来中日系的改善,但是中日三个重要立点没有解迹象,在短期也解,表明中日存在着结构上的立。>と述べています。

 ところで、<中日三大立点>とはどのようなものだと捉えているのでしょうか。それが以下の記述です。お互い引くに引けない厄介な問題ですね。いい解決方法はないものでしょうか。
    首先是南海问题,日本没有放弃在南海问题上建立中国包网的略。天的七国集
   (G7)峰会,527日在意大利西西里市落下帷幕。峰会在首宣言中提及南海问题,呼
  吁在南海海域
停止事化,主要及了三个部分:一是要尊重法律,特提到了仲裁;二是对东
  海和南海局;三是不要地貌事化。此,中国外交部言人28日表了不
  相信在
问题上安倍没少推波助

    再一个就是钓鱼岛问题,日本自民党土相特命委称特命委)委员长新藤孝等
   62日在首相官邸会首相安倍晋三,于中国公船和国海洋调查入日本认为
  的海域,交了要求针对胁领土、周海域及空的行严处理的决议书。安倍回称:将一
  件一件地切
实应对
    决议书也要求引够应对小型无人机侵犯的器材,并探完善相法律。5月,钓鱼岛
  周海域入日本认为的中国公船上空有一架疑似小型无人机的物体行。

    第三就是台湾问题杨洁篪这访日多次提及台湾问题杨洁篪在与安倍会中指出:中日双
  方
共同努力,增进两系中的积极因素,抑制消因素,维护中日系改善和展的势头。妥
  善
史、台湾等事中日系政治基的重大敏感问题对两系行十分重要。
    日本自民党干事俊博44日在党部与中国外交部部助理孔佑会围绕日本与
  台湾的
系,孔佑表示切地称,去年底今年初生了以理解的事情,非常忧虑
    20161228日,日本台窗口公益财团法人交流宣布,自201711日起更名
  为公益财团法人日本台湾交流。中方十分不。在宣布更名当天,中国外交部言人
  表示,日方在台湾问题上采取的消措,我表示烈不中国决反任何制造个中
  国和一中一台的企

      
日本总务省副大臣赤二郎今年325日上午,在台北市内出席了介日本地方特色的多彩
  日本
动开幕式。1972年日台断交以来,日本及中国大方面而避免政府高官访台,而
  赤
间访台,是日台断交后首次由现职副大臣因公务访问。中国外交部言人327日表示,
  中方
决反对现职日本总务副大臣赤二郎访问台湾。
    日本了防止大、台湾在钓鱼岛问题及南海之争中付日本,正在积极靠近并
  拉
蔡英文政。中国大陆认为这问题中国核心利益日本十分不并充的警惕







[PR]
by damao36 | 2017-06-20 12:49 | 中国語 | Comments(0)
<< ニュースの言葉――”推波助澜”... ニュースのタイトル——“一带一路” >>