<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

200 中国語の文種はいくつですか

 文(英語はsentence,中国語は“句”)というものを英文法にならって分類すしたものに,平叙文・疑問文・命令文・感動文という4分類法があります。でも,疑問文・感動文・命令文というのはわかりやすいのですが,それ以外を平叙文とひとくくりにするなら,さらに平叙文の下位分類が必要です。
  ※ この平叙文,『広辞苑』では「物事の断定または推量を表す文。疑問文・命令文・感動文などに
    対していう。」,『大辞泉』では「疑問文・感動文・命令文に対して、特別な修辞を用いずに物事
    を客観的に述べる形の文。普通、活用語の終止形で文を結ぶ。」と説明されている。
 

 ところで,文を文法成分(文の構成要素)によって分類したのが文型でした。平叙文・疑問文・感嘆文・命令文という4分類は文の意味の上から分類で,こうした意味上の分類を文種と言うことにします。

 中国語の文種も平叙文・疑問文・命令文・感嘆文(感動文)と分けることができますが,やはり平叙文が大ざっぱすぎますので,平叙文を大きく行為・動作文と状態文,さらに心中文と言うのに分け,疑問文・命令文・感嘆文ともども述部の表す意味によって,以下のように下位分類することにしました。

Ⅰ 行動文
 a 能動文(人などの主体的な動作・行為を述べる文。処置文・使役文・受動文以外の行為・動作文。
  「~スル」)
 b 処置文(人・物・事の存在を述べる文。マーカーは“有”と“在”。“把”構文ともいう。「~ガアル/~ニ
  アル」)
 c 使役文(動作・行為を他人にさせることを表す文。マーカーは“使”“叫”“让”“请”など。「~サセ  
  ル」)
 d 受動文(他から動作・行為を受ける文。マーカーは“被”“叫”“让”“给”など。「~サレル」)

Ⅱ 状態文
 a 状態文(B~eを除く狭義の状態文。人・物・事の状態を述べる。述語は主に形容詞。「~デアル」。)
 b 同一文(ある人・物・事が以下の事実と同じであることを述べる。マーカーは“是”。「~デアル」。)
 c 存在文(人・物・事の存在を述べる。マーカーは“有”(~ガアル)と“在”(~ニイル)。)
 d 現存文(人・物・事の出現または消失を述べる文。述語は出現・消失の動詞。「~ガ出現/消失シテイル」。)
 e 比較文(二つ以上の人・物・事を互いに比べる文。マーカーは“比”。「~ハ~ヨリ~デアル」。)

Ⅲ 心中文(感想や知覚、判断などこころの中を述べる文。心中・言語活動文。「~ト思ウ/~ト願ウ」。)

Ⅳ 疑問文 (疑問符「?」を付ける。)
 a 是非疑問文(相手の行為や状態を尋ねる文。マーカーは“吗”。「~カ」。疑問符を付ける。)
 b 疑問詞疑問文(相手の行為や状態を尋ねる文。マーカーは疑問詞。「(ナニガ/ナニヲ/ドウシテ/ドンナニ)~カ」。)
 c 肯定否定疑問文(相手の行為や状態を尋ねる文。述部が<肯定+否定>。「~カ,~カ」。)
 d “还是”疑問文(相手の行為や状態を尋ねる文。マーカーは“还是”。「~カ,ソレトモ~カ」。)
 e 付加疑問文(相手の行為や状態を尋ねる文。<平叙文+“是吗?/不是吗?>。「~。ソウデショウ」。)
 f 反語文(相手の行為や状態を尋ねる文。問答文の前半。反語文も入る。「ドウシテ~ダロウカ(イヤ,~デナイ」。)

Ⅴ 命令文 (語尾を強めるために感嘆符「!」を付ける場合もある。)
 a 命令文(動作・行為を命令・要求・勧誘・禁止する文。中国語の“祈使句”。「~セヨ/~シテクレ」)
 b 願望文(動作・行為をお願いする文。マーカーは“请”。中国語の“祈使句”。「~セヨ/~シテクレ」)

Ⅵ 感嘆文(自分の感動した気持ちを表す文。マーカーは嘆詞や感嘆の語気助詞。また感嘆符が付く。「~コトヨ」)


Ⅰ 行動文 
 行動文の下位分類の能動文は処置文(“把”構文)・使役文・受動文を除く文種であると理解して,文例は省き,処置文・使役文・受動文の文例は挙げておきます。
 <処置文>   (主語)(処置make+名詞) (動詞)
            我   把 豆腐        买来了。 Nǐ bǎ dòufu mǎihuílái.
            Let’t go to buy back a bean curd. (豆腐を買ってきた。)
            (你)   把 这个       拿走!  Bǎ zhè ge náqù!
            Take it away! (これをもって行け。)
 ※ “把”構文はある特定の事物にある動作をしかけることで,その事物を処理したり,ある変化や影響をもた
   らしたりするときの表現。したがって,処置文と呼ばれる。
 ※  一人称か三人称のときはある事についての処置をし終えたとか,ある事への変化影響を与えたとかの
   表現になるが,二人称の場合,相手にある事についての処置を求めたり,ある事への変化影響を呼びか
   けたりすることになるので,一種の命令文になる。何かを処理するということは,常に具体的なものである
   から,訳は「(例ノ)~ヲ~シタ」(二人称のときは「~ヲ~セヨ/~シテクレ」)になる。
 <使役文>   (主語)(使役make)(賓語/主語)(動詞) (賓語)
             我  叫       她    去开   门。 Wǒ jiào tā qù kāimén.
            I told her want to open the door. (彼女にドアを開けさせた。)
 ※ マーカー語は“使”“叫”“让”“请”など。その品詞は動詞。したがって,文全体は連動文の一種である
   兼語文。なぜなら,マーカー語の後の名詞はマーカー語の主語であると同時に,その後の動詞の主語
   でもあるから。
 <受動文>   (主語)(受動make+名詞) (動詞)
            帽子  被    风      刮掉了。Màozi bèi fēng guādiào le.
            The cap was blown off. (帽子が風に飛ばされた。)
 ※ マーカー語は“被”“叫”“让”“给”など。その品詞は助動詞。従って、<受動make+名詞>の部分
   は状語となり,この文例はSV文。

Ⅱ 状態文
 状態文は狭義の状態文と同一文・存在文・現存文・比較文の5つに分類しました。この文の述語のコアは静態動詞(存在・状態)か形容詞です。
 <状態文> 太贵了。Tài guì le.  It’s too expensive. (高すぎます。)
         今天天气好极了。Jīntiān tiānqì hǎo jíle. 
         It‘s a fine today. (今日は天気がとてもいい。)
         今天我身体很不舒服。Jīntiān wǒ shēntǐ hěn bù shūfu.
         I don’t feel very well today. (今日は体の調子がとても悪い。)
         ※ 述部のコアは形容詞。したがって,形容詞述語文。
 <同一文> 你是去好。Nǐ shì qùhǎo.
          You shuold go there. (君は行った方がいい。)
          这是我买的。Zhè shì wǒ mǎi de.
          This is my shopping. (これは私が買ったものです。)
          ※ 述語は“是”。<“是~的”構文を含む。
<存在文> 许多东西里有盐分。Xǔduō dōngxilǐ yǒu yánfèn.
         Salt exists in many things. (多くの物質に塩分が含まれている。)
         水有三米多深。Shuǐ yǒu sān mí duō shēn.
         The water is more than 3 metres deep. (水は3メートル余りもある。)
         我父母健在。Wǒ fùmǔ jiànài.
         Both of my parents are living now. (父母は健在です。)
         我家族在福冈。Wǒ jiāzú zài Fǔgāng.
         My family are in Fugang. (私の家族は福岡です。)
         ※ 述語は “有”“在”。“有”は「~ガアル」,“在”は「~二アル」。
<存現文> 他的病有了好转。Tā de Bing yǒule hǎozhuǎn.
         His illness has taken a turn for the better. (私彼の病気はいくらか好くなってきた。)
         雨下了整整一个星期。Yǔ xiàle zhěngzhěng yí ge xīngqī.
         It has rained all the week. (雨はちょうど一週間降り続いた)。)
         ※ 述語は出現または消失の動詞。「~ガアル/ニアル」「~ニ~ガ現レル」「~カラ~ガ消エル」。
<比較文> 我去比你快/早。Wǒ qù bì nǐ kuài/ǎo.
         I go to there is earier than you. (私は君より早く出かける。)
         我买的没有比你贵。Wǒ mǎi de méiyǒu bǐ nǐ guì.
         My shopping is not as expensiver as yours. (私が買ったのは君のより高くはない。)
         ※ 述部のコアは形容詞が多い。

Ⅲ 心中文
 私たちの心の中にわきおこる心理や感情を広く包含する文表現です。心中文(シンチュウブン)と言うことにします。原点は「つぶやき」です。日本語なら文末が「~ト思ッテイル/~ト感ジテイル/~ト判断スル」となる文種です。広く,「好キダ/嫌イダ」,「ウレシイ/悲シイ」といった心情表現,「~シテホシイ/~ヲ願ッテイル」といった願望表現をも含みます。
     (主語)(動詞) (動詞) (賓語)
                (賓    語)
    我   想   去拜访  您。Wǒ xiǎng qù bàifǎng nín.
       I want to pay you a visit.(私お伺いしたいと思っております。)
       ※ この文種の構造は動詞が二つあるので,一見連動文SVOVO文と思われますが,最初の動
         詞の後は賓語となる複文構造のSVO文である。その構造は英語の関係詞用法に似ている。
       ※ 心中文のコア語は“想”“看”“以为”“觉得”“希望”“努力”“知道”“喜欢”“讨厌”“怕”
         “决心”“担心”“打算”“同意”など。

Ⅳ 疑問文
 相手の行為や状態を尋ねる文です。以下のa~e,それに反語文まで加えて6種類になります。
 <是非疑問文>  她会来吗? Tā huì lái ma?.
              Will she come? (彼女は来ますか。)
              ※ マーカー語は“吗”。「~カ」。
              ※ 文末に語気助詞“吧”“呢”の付く場合もある。
<疑問詞疑問文>  这是怎么回事? Zhè shì zěnme huíshì?.
              What’s all this about? (これはどういう事なの。)
              ※ マーカーは疑問詞。「(ナニガ/ナニヲ/ドウシテ/ドンナニ)~カ」。)
<肯定否定疑問文> 我可以不可以跟你说几句话? Wǒ kěyǐ bù kěyǐ gēn nǐ shuō jǐ jù huà?
               Can(Could) I speak to you a moment? (一言話をしてもいいですか。)
              ※ 相手の行為や状態を尋ねる文。述部の動詞または助動詞が<肯定+否定>形式
                に。例文は助動詞例。「~ カ,~カ」。)
<“还是”疑問文> 你妹妹是医生还是护士? Nǐ mèimei shì yīshēng háishì hùshì?
              Is your sister a doctor or a nurse? (君の妹は医者,それとも看護師なの。)
              ※ 相手の行為や状態を尋ねる文。マーカーは“还是”。「~カ,ソレトモ~カ」。)
<付加疑問文> 你是累了,不是? Nǐ shì lèi le, bú shì?
              You’re tired, aren’t you? (お疲れでしょう。)
              ※ <平叙文+“是吗?/不是吗?>。「~。ソウデショウ」。)
<反語文> 嗨, 这又有什么害处?。Hāi, zhè yòu yǒu shénme hàichù?
             Why, what’s the harm! (なに,これはいけないのか。そんなことはない。)
             ※ 「ドウシテ~ダロウカ(イヤ,~デナイ」。)

Ⅴ 命令文
 中国語の命令文は動詞1字だけ(例:“滚!”gǔn”去!”ともに「タチ去レ」の意。)のものもありますが,平叙文の述語動詞を強く発音することで命令口調になることも多く,また勧誘・提案・命令口調となる語気助詞“吧”を文末に加えたりします。文末には感嘆符語「!」を付けることもあります。
 <命令文> 你把豆腐买回来。Nǐ bǎ dòufu mǎihuílái。
          Let’t go to buy back a bean curd. (豆腐を買ってきて。)
         饭都快谅了, 快点儿吃吧。 Fàn dōu kuài liáng le,kuàidiǎnr chī ba.
         The food’s got cold. Have it now.(ご飯が冷えます。早く食べてください。)
         ※  最初の文は処置文で説明した二人称の“把”構文。次の文は勧誘の語気助詞の例。
<請願文> 请结账吧。 Qǐng jiézhàng ba.
         Can I have my bill, please.(会計お願いします。)
         ※ 丁寧な命令文。“祈使句”ともいう。マーカーは文頭の“请”。使役の“请”と区別すること。

Ⅵ 感動文
 中国語の感嘆文は,文頭に感嘆詞(“哇”など), 語尾に語気助詞(“啊”など),文頭・文中に疑問(“多么”など)や程度(“好”“可”“真”など)の副詞を用いて表現します。文末には感嘆符語「!」を付けます。§17-1を参照ください。
  哇! 我们成功了! Wā! Women chénggōng le!
  Wow! We did it!(わあい。やり遂げたぞ。)
  这办法真好! Zhè bànfǎ zhēn hǎo!
  That’s a very good way of handling it. (この方法はすばらしい。)
  多么美丽的景色啊! Duōme měilì de jǐngsè a!
  What a gorgeous view!(なんてきれいな景色だろう。)


 中国語の文種は大きく6種,さらに細かく分類すると19種になりました。しかし,疑問文をさらにしりあがりに発音した「尻上がり疑問文」とか,「”吧””呢”疑問文」なんてのも項建てすると,21種にもなりそうです。(それにしても否定文というのはなぜ設定しなかったのでしょうか。




[PR]
by damao36 | 2011-10-15 07:37 | 中国語文法 | Comments(0)

199―日英中基本文の文型比べ

 『日本語に主語はいらない』(講談社選書2002)の著者金谷武洋氏の挙げた,日本語の5つの基本文,「あの子は(が)中学生だ。」(SN文)「あの子は(が)かわいい。」(SA文)「赤ちゃんは(が)泣いた。」(SV文)「あの女の子は歌を歌う。」(SV文)「あの男の子は背が高い。」(SSA)を英語と中国語ではどういうのか,まずは訳してみました。 
1 The boy is a student at junior high school. (SVC文)
2 The girl is pretty. (SVC文)
3 The baby cried. / The baby is crying. SV文)
4 The girl sings a song. (SVO文)
5 The boy is tall. (SVC文)
1 他是个中学生。Tā shìge zhōngxuéshēng. (SV文)
2 那女孩很可爱。 Nà nǚhái hěn kěài. (SA文)
3 小娃娃哭了。Xiǎowāwā kū le. (SV文)
4 那女孩唱歌。Nà nǚhái chàng gē.(SVO文)
5 那男孩个子很高。 Nà nánhái gēzi hěn gāo. (SSA文)

 ご覧のとおり,英語の場合は必ず動詞(ゴチ体)が用いられています。つまり,英語はすべて動詞述語文です。中国語は1・3・4が動詞述語文で,2・5が形容詞述語文です。○○述語文という分け方をすると,中国語が日本語と違うのは1だけです。日本語は名詞述語文でしたが,中国語は動詞“是”があるので動詞述語文です。英語5文型に倣った分け方をすると,日本語・中国語ともに動詞述語文である1・3・4の4が日本語とは違います。日本語はすべてSV文でしたが,中国語の4はSVO文です。これは英語の4と同型で,英語第3文型です。英語の目的語,中国語の賓語に当たるC,日本語は連用修飾語という修飾成分の一部ですから,文の基本的な構成要素(文法成分)からは外れてしまいます。
 
 ところで、英語の1・2・5は日本語はもちろん中国語にも見かけないSVC文という文型です。このCは補語といい,文構成の骨格の一つとなる文法成分で,このSVC文型は英語第2文型です。この補語は1のように<be動詞+名詞>と2・5のように<be動詞+形容詞>の2形あります。<be動詞+名詞>のこの名詞は主語の属性を示します。<be動詞+形容詞>の形容詞は主語の性質・状態を示します。つまり,be動詞の前にある名詞(主語)の属性や性質・状態を補足説明する成分です。
S=Cの関係です。

 さて,日本語の5つの基本文,英語5文型の中の第4文型SVOO文と第5文型SVOC文が見当たりません。英語のSVOO文とSVOC文,日本語,そして中国語ではどうなるのか,その用例を挙げてみました。
6 He teaches us Chainese. (彼は私たちに中国語を教えている。)
7 We belive him to be honest. (私たちは彼を正直だと信じています。)

 日本語は目的語Oに該当する部分は既述したように連用修飾語の一部になります。つまり,日本語文の下線部は述部を修飾する修飾成分なのです。ですから,Oは消えて,結局SV文になるのです。

 中国語はどうなのでしょうか。
6 他教我们汉语。Tā jiào wǒmen Hùnyǔ.
7 我们相信他很老实。Wǒmen xiāngxìn tā hěn lǎoshí.

 6は英語と同じSVOOの二重賓語文です。(“向我们教汉语”とすることもできます。この場合は“向我们”が日本語の連用修飾語に当たる状語になり,修飾部分ですから基本構造からは外れて,単なるSVO文です。)

 7の中国語文は単なるSVO文です。このO,つまり中国語文では“他很老实”の部分で,ここの構造は<“他”(主語)+“很老实”(述語)>の,複文構造の私が勝手に名づけた心中文(SVO(SV)文)です。英語なら、関係詞構文です。(We belive him that he is honest.)

 なお,英語例1・2・5はSVC文で,このCはS=Cという関係だと説明しました。しかし,SVOC文である7のCはO=Cの関係です。<him =be honest>という目的語の補足説明語です。

 さてさて,もう一つ疑問があります。日本語文の1は名詞述語文で,この文は中国語では動詞述語文でした。ならば,中国語には名詞述語文はないのかという疑問です。

 調べてみると,中国語にも名詞述語文はたくさんありました。しかも日本語の場合は名詞述語文とはいっても「~である」という補助用言の助けが必要ですが,中国語の名詞述語文は以下の例のように正真正銘の名詞ばかりで構成された文です。
8 他三十八岁。 Tā snāshíbā suì. (SN文)
9 今天星期五。 Jīntiān xīngqī wǔ. (SN文)
8 He is thirty(yeas) old. (SVC文)
9 Today is Friday. (SVC文)
8 私は38歳だ。 (SN文)
9 今日は金曜日です。 (SN文)

 どうやら中国語の名詞述語文は日本語でも名詞述語文になります。しかし,日本語の名詞述語文がすべて中国語の名詞述語文になるとは限りません。年齢とか時間,数量,天気,出身地などを他人から聞かれた時の答え,これらは基本的にワン・ワードで済むことです。そのような場合に中国語は名詞述語文になる,どうもそのようなことです。(もちろん動詞を使って“他是三十八岁。”“今天是星期五。”と言ってもいいでしょう。)

 ところで,「私は38歳ではない。」「今日は金曜日ではない。」と否定表現にしたらどうなるのでしょうか。日本語の「ない」は形容詞ですから,形容詞述語文になります。中国語は“不”だけでは不自然で,正しくは“不是”と“是”を使わざるを得なくなり,名詞述語文では表現できません。

 あ,もう一つ大事な事を落としていました。それは中国語には英語や日本語の文法成分にはないがあるということです。中国語の補語という成分です。英語の補語はS=C,O=Cでしたが,中国語の補語は述語動詞・形容詞の補充成分です。<V/A+C>で,私は述部の構成要素と考えています。中国語にしかない成分ですから,もっとも中国語らしい表現でしょう。長くなりましたから,補語については別途考えることにしましょう。
[PR]
by damao36 | 2011-10-12 10:25 | 中国語文法 | Comments(0)

198―品詞はどのようにして決めるのか

 もう数年前になりますが,ハートで感じる英語塾の大西泰斗という方がテレビの語学番組で,「red」という単語を示して,「品詞はなんですか」と質問していました。みんな形容詞だと答えていました。ところが,先生の答えは「正解はわからない」でした。
 1 Red is the color of passion.
 2 I live red.
 3 The skirt is red.
 4 I like the red skirt.
 5 The logs were burning red.

 大西先生は上記の例文を挙げて,「英語では品詞というのはおおよその目安に過ぎない。実際に文の中の位置を見なくてはわからない」と説明していました。つづけて,「英語は配置の言葉だ。<並べると説明>,<前から限定>が原則。英語は名詞だ,形容詞だなどと目くじら立てて覚えることはない。英語は配置の言葉だから,どこに並べるかによって品詞が決まる。」というようなことをおっしゃいました。(例文の答えは,1はredが主語の位置なので名詞。2は動詞の補足だから副詞。3はbe動詞と一体になる形容詞の叙述用法。4は名詞を修飾する形容詞の修飾用法。5は2と同じく動詞の補足部分で,副詞。)


そこで,私も大西先生に倣って,“在”zàiの例で,以下の質問を考えてみました。
1 我 今天 在 家。Wǒ jīntiān zài jiā.
  I’ll be in my home. (今日は家にいる。)
2 我 今天 在 家 看 书。Wǒ jīntiān zài jiā Kàn shū.
  I’m reading a book in my home today. (今日は家で読書だ。)
3 我 在 看 书。Wǒ zài Kàn shū.
  I’m reading a book. (私は本を読んでいる。)
4 我 现在 住在 上海。Wǒ xiànzài zhùzài Shànghǎi.
  I have been in Shanghai now. (私は上海に住んでいる。)

 1は他に述語になりそうな語は見当たりませんから述語・動詞です。

 2は“看”がこの文の述語動詞で,“在”は<在(介詞)+家(名詞)>の介詞連語。状語として動詞“看”を修飾してます。

 3はSVO文“我看书”の述語“看”の前に“在”のついた文。述語の前にくるのは主語に状語に助動詞。ここは副詞の状語。「本を読む」に「在」が付いて「本を読む」、そういう状態が存在している」,つまり「本を読んでいる」という存在・継続の意味を動詞に付加する。
 
 4は<在+上海>を介詞連語とする説もあるが,介詞連語は常に述語の前で状語と考える。ここはは<住(動詞)+在(動詞)>というVVの述語と考え,本動詞“住”に“在”「存在している」という意味を補充する補語動詞と考えます。
[PR]
by damao36 | 2011-10-09 11:31 | 中国語文法 | Comments(0)