<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

197―単語(複合語)と連語

 中国語の音節総数は<21子音×36母音×4声>による組み合わせで,総数約1340音節もあります。その音節を表記する漢字は原則として一字・一音節・有字義です。ただし,現代中国語ではすべての漢字が単語となるわけではなく,単なる付加的要素の文字も多数です。

 音節総数約1340というのは日本語の13倍もの音節数ということになりますが,だからと言って,この世の森羅万象を1音節だけで述べつくすことはやっぱりとっても不可能です。中国語も時代と共に音節の組み合わせによるいろいろな単語が生みつづけられてきました。中国語学者の上野恵司氏の説によると,この約1,300ほどある中国語の音節,その音節を2つ並べた2音節の組み合わせというのは, 理論的には100万組にも上るのだそうで,だからでしょうか,2音節語,2字漢字語が中国語は多く存在します。名詞・動詞・形容詞は2字語が圧倒的多数を占めています。

 ところで,現代中国語の発音や字義・語義などの規範となる《现代汉语词典》の“前言”を読むと,そこには“词典中所收条目,包括字、词、词组、熟语、成语等,共约六万五千余条。”と書かれています。この前言中にある“字、词、词组、熟语、成语”という5語,まずは以下のように解して,「字典の中には親文字・単語・連語・慣用句・成語など,全部で六万五千項目余りを収める。」と訳しました。

≪“字、词、词组、熟语、成语”の定義≫
親文字(字):いわゆる字書の見出しの漢字。親字とも言う。中国語の“字典”類は古くは
       日本の漢和辞典のように部首順であったが,いまはABC順に並び,その親字
       の下に“词、词组、熟语、成语”が同じくABC順に配列されている。現代中
       国語の漢字はすべてが単語ではなく,単語の一要素である形態素,つまり付
       加的要素の漢字が多数存在する。
       
単語(词) :「文法上の意味・職能を有する,言語の最小単位。」(広辞苑)である。単に
       語とも言う。「文法上の意味・職能」とは文の中である役割をする最小の
       音形,形態素を有すること。
 A <音節数による分類> ①単音節語
                   ②複音節語
 B <形態素による分類> ①単純語
                   ②合成語  a重ね合成語
                            b付加合成語
                             c複合合成語=複合語
 C <詞と辞による分類> ①自立語(实词)(単独で用いられ,意味を有する最小単位。)
                  ②付属語(虚词)(単独では用いられないが,意味を有する最小単位。)
 ※詞は自立語(実詞),辞は付属語(虚詞)。付加的要素の漢字は当然そのどちらでもない。

連語(词组):単独で用いられる,意味を有する単語と単語の組み合わせ。ふつう句,フレ
       ーズを使うが,句,フレーズの定義はあいまいなので,連語を使うことにする。

慣用句(熟语):いわゆるイディオム,成句のこと。

成語(成语):;成句;ことわざ;故事成語。

※ 単語(词)の<詞と辞による分類>によると,まずは単純語と合成語に大きく分かれる。
 単純語は形態素(中国語は“语素”)が1つだけの語である。1文字漢字語の多くは単純
 語であるが,以下の例のように,複数漢字語の単純語もある。
 1.付加的要素漢字の組み合わせ 葡萄(ぶどう)  徘徊(うろつく) 朦胧(うつらうつら)
 2.区別詞            男  女  父  母  春  夏  金  銀
                   短期  長期  公人  私人  国立  私立
                  急性  慢性  天然  人為
 3.音訳の外来語        咖啡(コーヒー) 马拉松(マラソン)
 4.擬声語・擬態語       丁当(カチャン) 汪汪(ワンワン)
 5.感嘆詞            哎呀(アレー)  哈哈(アハハ)
 6.人名・地名・物名
※ 上記1の“葡”“萄”“徘”“徊”“朦”“胧”といった文字は,現代中国語では単用例
 がない。したがって,辞書の親文字に品詞の明示ができない。辞書によっては付加的要素
 の文字という意味で付という記号を付けている。現代中国語ではこのような付加的要素の
 漢字は意外と多い。
※ 上記2の漢字群は古典語または日本語としてはふつうに使われている。しかし,現代中国
 語では単独での用例はない。例えば“男”の場合は“男子”“男厕”,“母”の場合は
 “母亲”“母鸡”,“春”の場合は“春天”,“金”の場合は“金子”などと,後ろに別
 の文字(名詞)を付けて使用する。後ろの語を修飾する関係になるので,形容詞の仲間に
 数える。「区別詞」という独立品詞とする説もある。
※ 上記3の“咖”“啡”も付加的要素の文字。音のみで,字義をもたない字。“丁”“当”
 も同じ付加的要素の文字ではあるが,字義はある。ただし,字義とは無関係に漢字音のみ
 を利用した例。5も同じ。

※ 合成語とは「意味をもった最小の音形」である語素(わが国ではふつう形態素を用いる
 が,私には「語素」の方が理解しやすい)の組み合わせによる単語のこと。その合成語は
 以下のようにa重ね合成語 b 付加合成語 c複合合成語の3つに分けられる。
例:a 妈妈 奶奶 星星 娃娃 常常 个个 ( 看看 高高)
   b 第一 老虎 小王 大海  我们 椅子 花儿 现代化 出生率
   c 学校 电脑 运动 结婚 高兴 已经 提高 驾驶员 社会主义
※ 合成語のaタイプは同一字の重ね型で,重ね型動詞/形容詞/副詞である。bタイプは接頭
 辞または接尾辞をもつ語。接頭辞または接尾辞は意味をもってはいるが独立して運用でき
 ない付加的要素語の語である。単語の中ではcタイプの複合語がもっとも多く,もっとも
 ポピュラーな中国語の造語法になる。

※ 単語は大きく「単独で用いることができる」語(実詞)と「単独では用いることのでき
 ない」語とに分かれる。前者を中国語では“实词” (実詞),日本語文法では自立語ま
 たは詞,後者は中国語では“虚词” (虚詞),日本語では付属語,または辞と言う。
※ 《现代汉语词典》の分類では実詞は名詞・動詞(助動詞)・形容詞・量詞・数詞・代詞
 の6品詞,虚詞は副詞・介詞・連詞・助詞・感動詞・擬声語の6品詞である。(なぜかこ
 の《词典》には助動詞という品詞はない。能願動詞と見ているのであろう。副詞は単用す
 る例もあるので,実詞とする説もある。)

※ “词组”とは単語(词)と単語の自由な組み合わせ。ふつう句とかフレーズ(phrase)と
 か語句とか呼ばれている。時には節も含む。句・フレーズ・節というのは定義がわかりに
 くいので,また中国語の「詞組」という表記も私たちには理解しにくからであろうか,わ
 が国中国語学会では「連語」という呼称が最近は多く用いられてきている。
※ 単語の複合語と連語との違いは語と語の組み合わせが固定化されたものか,自由な結合
 かの違いである。語と語の結びつきの強度の違いである。複合語(単語)と連語の構造,
 つまり文字の文字の組み合わせはいずれも中国語法に基づき同じである。
※ 単語と単語の自由な組み合わせである連語には2字漢字語も多い。この場合は特に単語
 の複合語である2字の漢字語と混同しがちで,判断のわかれる語もある。例えば“結婚”
 “散歩”などの離合詞。今の辞書では1単語ととして出ているが,本来は<動詞+名詞
 (賓語)>の動賓連語である。“结过一次婚”(結婚歴が一回ある)と中間に他の語を挟
 んだり,「公園を散歩する。」を“散步公园”と後ろに賓語として“公园”を置くのこと
 はできず,“去公园散步”(公園を散歩する)と言わなくてはならないなど,一般の動詞
 とはあきらかに違う。単語の複合語とも連語とも言える。

※ “熟语”は日本語の「熟語」に比べると意味が限定されている。日本語の熟語はここで
 述べた単語の中の合成語,特に複合語の意味で用いることが多い。日中ともに「熟語」の
 定義はあいまいである。

※ “成语”の多くは四字熟語である。成語を日本語では故事成語ととらえて,今では陳腐
 な物言いになっている。しかし,中国語の感覚では物事を短い言葉で的確に表現する教養
 の高さを示すものとして,多用されている。
[PR]
by damao36 | 2011-09-22 08:05 | 中国語文法 | Comments(0)

196―“同文同種”や“雑種”を口にしたどこかの”馬の骨”

 中国から訪問団が来たとき,団長あいさつの枕詞として,必ずと言っていいほど両国間の関係を象徴する言葉として“一衣帯水”という成語が使われます。

 もうとっくの昔のことではありますが,中国に出かけてあいさつをすることになり,得意になって“日中两国是同文同种(同文同種)……。”と言ってしまいました。

 聞いていた人たち,なんのことかきっとわからなかったでしょう。あいさつなんて所詮形式ですから,最後はパラパラ拍手をいただいて降壇しました。

 白酒がかなり効いてきたころ,日本から同行していた中国人から,「中国人は“同文同種”という言葉,使いませんよ。」と言われました。


 帰国してからも,『広辞苑』にも出ている「同文同種」というこの言葉がときどき気になっていましたが,最近ネットで調べてみたら,作家の陳舜臣さんが「同文同種」という言葉について,こんな説明をしているのがわかりました。

 この言葉は「秦の始皇帝が文字と度量衡を統一した時の言葉『同文同軌』(「同じ文字を書き,車は”わだち”の幅が同じである」の意)を,日本人が誤用したものだ」(『日本人と中国人』(祥伝社 1971)ということ。そして,「同」という文字を日本人は「同じ」と訓じ,「同じである」という形容詞として理解しているが,中国人は「同じくする」という動詞の意味にも理解する。この成語の“同”を動詞の意味で理解したら,「同文同種」は「言葉だけでなく,人種まで統一する」という,「民族浄化といったコワイ意味」にもなる,陳舜臣さんははそのように説明していました。若いころの昔のことではありますが,とても恥ずかしく思ったのでした。


 さて,これは10年くらい昔のことですが,日本文化を紹介するときに,加藤周一という学者が「日本の文化は雑種文化である」と何かに書いてあったことを思い出して,“日本的文化是杂种文化……。”と,これも得意になって口にしました。聞いていた人たち,はじめはキョトンとしていましたが,やがてニヤニヤ,ガヤガヤし始めました。

 後で“杂种”を辞書で引いたら“骂话”と出ていました。「畜生,ろくでなし,どこの馬の骨か」という意味だそうで,“混合文化”とでもいうべきだったようです。


   (蛇足)“一衣帯水”とは「一本の帯のように狭い川や海,またはそれによって隔て
       られていること」という意味だそうです。日中間,飛行機なら数時間で,確
       かに近い隣国ではありますが,「一本の帯のように」という比喩,海を知ら
       ない人の言にも思われますね。
[PR]
by damao36 | 2011-09-18 12:08 | 中国語 | Comments(1)

195 経験態の“过”(経験・終結)

 動詞・形容詞の後に直結する“过”の用法は大きく3つになります。
Ⅰ-1  動詞の後に用いて,そのような動作・行為がかつてあったという一つの経験を示す。
   「(これまでに)~したことがある」の意味になる。<経験の“过”>。
Ⅰ-2  形容詞の後に用いて,そのような状態が現在と比べてどうであるかを示す。「~で
   あった」の意味。広い意味で<経験の“过”>に含める。
Ⅱ  動詞の後に用いて,動作・行為が終了したことを示す。「~し終わる」の意味。呼称
   は終了/終結/完了のいずれでもいいが<終結の“过”>とする。(“过”を動詞と見
   て,終結を示す補語動詞とする説もある。結果補語の“完”に近いはたらきをしてい
   る。)
Ⅲ  方向動詞として方向補語を形成する。Ⅰ~Ⅲは助詞だが,Ⅳは動詞。可能補語の場合も
  ある。


 それではⅠの<経験の“过”>の例文を挙げておきます。
Ⅰ-1  <経験の“过”>(動詞述語文)
1 我见过她了。Wǒ jiànguo tā le.
  I have ever seen her.(私は彼女を見ました。)
2 我以前学过汉语。Wǒ yǐqián xuéguo Hànyǔ.
  I have studied Chinese.(私は中国語を勉強したことがある。)
3 我曾经见过她。Wǒ céngjīng jiànguo tā.
  I has seen her before.(私はたしか前に彼女に会っています。)
4 她曾经在台北住过。Tā céngjīng zài táiběi zhùguo.
  She once lived in Taibei.(彼女はかつてタイペイに住んでいました。)
5 我很久以前看过这部电影。Wǒ hěn jiǔ yǐqián kànguo zhè bù diànyǐng.
  I saw this movie a long time ago. (私は随分前にこの映画を見た。)
6 我吃过生鱼片,可是还没喝(过)日本酒。Wǒ chīguo shēngyúpiàn,kěshì hái máihē Rìběn jiǔ.
  I’ve had sashimi, but never drunk sake.(刺身は食べたことがあるが、日本酒はまだだ。)
7 她从来没生过病。Tā cónglái méi shēngguo bìng.
  She has never been ill. (彼女は病気したことがない。)
8 我这几年没见过他。Wǒ zhè jǐnián méi jiànguo tā.
  I haven’t seen him for a few years.(ここ数年彼に会っていない)
9 我没看过,只见过一些照片。Wǒ méi kànguo, zhǐ jiànguo yīxie zhàopiàn.
  l’ve never seen it before. I’ve only seen some of it’s photos.(私は会ったことはない。
  写真を何枚か見ただけだ。)
10 你去过新加坡, 没有? Nǐ qùguo xīnjiāpō, méiyǒu?
  Have you ever been to Singapore?(シンガポールに行ったことがありますか。)
※ 軽声で発音する。
※ 基本義はいずれも「(そういう経験を)~したことがある」。
※ 肯定文の例文は“过”を“了”に置き換えても意味に大きな違いはない。
※ <経験の“过”>は日常的あるいは習慣的ではない体験を表す。したがって,“曾经”
  (かつて)との相性はいいが,日常的あるいは習慣的である“常常”とは使うことができない。
※ “曾经”“以前”“很久以前”などはある程度特定できる時間を示す副詞。“有一年”
 “有一天”などは漠然とした時間を示す。後者の副詞とはいっしょに使うことはできない。
 その時は完成の“了”がよい。
   例: 3” 有一天我见了她。
     4” 有一年我住了台北。
※ 6の“喝过”の“过”は連続して出ているので,省いてもよい。
※ 6~9は否定文。<経験の“过”>の否定形は“没”または“没有”。「(そういう経験
  は)~したことがない」の意だから,“过”はそのまま残す。事態の変化も起こらなか
  ったので,変化の語気助詞“了”は消える。
   例:1’ 我没见过她。I have never seen her.
     2’ 我以前没有学过汉语。I have never studied Chinese.
     3’ 我曾经没见过她。I hasnever seen her before.
     4’ 她曾经没有在台北住过。She nevere lived in Taibei.
※ 最後の例は,“你去过新加坡,没(有)去过新加坡?”の省略。“你去(过)没去过新加坡?”
  という反復疑問文の一種。付加疑問文とみてもいい。“吗”を付けて,“你去过新加坡
  吗?”という是非疑問文でもよい。


Ⅰ-1 <経験の“过”>(形容詞述語文)
10 她以前也那么胖过。Tā yǐqián yě name pàngguo.
   She has been fat before.(彼女は前から太っていた。)
11 天气从来没有这么冷过。Tiānqì cónglái méiyǒu zhème lěngguo.
   It has never been so cold. (天気がこれまでこんなに寒いことはなかった。)
12 我从来没这么胖过。Wǒ cónglái méi zhème pàngguo. 没はVか?
   I’ve never been fat before. (私はこれまでこんなにふとったことはなかった。)
※ 形容詞述語文の“过”は「(現在と比べ)~であった」を述べる。したがって,“以
  前”“从来”などの時間詞を伴う。
※ しばしば“这么”“那么”といった代詞を形容詞の前に用い,語調を整える。“这么”は
  一人称など身近なもの,“那么”は2・3人称などのときに用いる。
※ 否定の場合はやはり“没/没有”を用いる。“过”は残る。


Ⅱ <終結の“过”> 
13 我吃过午饭就去。Wǒ chīguò wǔfàn jiù qù.
   I’ll go right after lunch. (昼飯を食べ終わったら行きます。)
14 房间已经打扫过。Fāngjiān yǐjīng dǎsǎoguò.
   The room has been cleaned. (部屋はすでに掃除をすませています。)
15 桃花都已经开过了。Táohuā dōu yǐjīng kāiguò le.
   The peach blossomes are over.(桃の花はもう全部開き終えています。)
16 我给你这样讲过, 是吧? Wǒ gěi nǐ zhèyàng jiǎngguò, shì ba?
   I told you so, didn’t I?(私は君にこんなふうに話したはずだ,そうだろう。)
17 钱还没付过。Qián hái méi fùguo.
   The bill hasn’t been paid yet.(お金はまだ払い終わっていません。)
※ “过”はもともと空間的移動・通過を示す語。それが転じて動作・行為の時間的経過に用
  いられて,<終結の“过”>(~し終わる)の意味をもつ用法になった。このⅢには動
  詞の原義が感じられる。したがって,「ある動作・行為をしてから一定の時間が経過し
  ている」の意をもっている。
※ <終結の“过”>は動詞性が強く,結果補語の“V完”に近いはたらきをしているいと
  ころから,動態助詞の“过”ではなく,動詞の補語用法と考える説もある。
※ 助詞はふつう軽声で発音される。しかしこの<終結の“过”>は第4声でも軽声でも
  よい。「~し終わる」の意を強調するために,自然と4声で発音されることが多い。た
  だし,他の声調に比べると4声のストレスはやはり弱い。
※ <経験の“过”>は“以前”“曾经”“从来”と相性がよく,“已经”は使えないが,
  <終結の“过”>はその逆で,“已经”との相性がよい。
※ 最後の17は否定文。否定は“没/没有”を用いる。“过”は残る。


Ⅲ <方向補語・可能補語の“过”>・その他
18 我走过树林去了散步。Xi.
   I took a wolk past the wood.(私は林を通って散歩した。)
19 汽艇穿过激流,绕过险滩。Qìtǐng chuānguo jīliú, ràoguo xiǎntān.
   The motorboat cut across swift currents and skirted.(モーターボートは激しい流
   れを横切り,危険な早瀬を迂回した。)
20 翻过这一页。Wǒ.
   Turn this page over.. (このページをめくる。)
21 我说不过她。Wǒ shuō bù guò tā.
   I can’t outargue her. (僕は彼女を言い負かせない。)
22 小心别坐过了站。Xiǎoxīn bié zuòguo le zhàn.
   Be sure you don’t go past your station.(乗り越さないよう気を付けなさい。)
23 把敌人占领的阵地夺过来。Wǒ
   Recapture the position seized by the enemy. (敵の占領した陣地を奪回せよ。)
24 把那一页翻过来。Wǒ.
   Turn that page back.(そのページをめくりなさい。)
25 他终于觉悟过来了。Wǒ.
   At last he saw the light. (彼はついに目覚めた。)
26 活儿太多,我一个人忙不过来。Wǒ
   The work is much, I can’t manage it alone. (仕事が多すぎて,一人ではどうしよ
   うもない。)
27 一只燕子飞过去了。Wǒ.
   A swallow flew past.(ツバメが一羽飛んで行った。)
28 先别把这一页翻过去。Wǒ.
   Don’t turn over the page back. (まずそのページをめくりなさい。)
29 他昏过去了。Wǒ.
   He’s fainted. (彼は気を失った。)
30 我们不能让他蒙混过去。Wǒ.
   We mustn’t let him slip through. (私たちは彼にごまかされてはいけない。)
※ 18~22は<V+“过”>。23~26<V+“过来”>。27~30は<V+“过去”>。
※ 区分には微妙なところがあるが,動詞“过”本来の意味の残っている場合(18・19)
  と,単なる方向動詞の場合とがある。
※ 21“说不过她”,27“忙不过来”は<V+“得/不”+“过/过来/过去”>の形式で,可
  能補語。軽声にはならず,しっかり発音する。
※ (用在动词后面, 跟“得”或“不”连用, 表示胜过或通过表示趋向) (用在动词后面,表示
  趋向) (超过)错误??


 それでは<完成の“了”>と<経験・終結の“过”>の違いをまとめておきます。
①<V了>は“我胖了”と現在の状態についても言えるが,<V过>は“我以前胖过”のよ
 うに常に過去の出来事についてのみ言う。
②<V了>の動作・行為は終了してその結果が現在も持続しているという場合もある。し
 かし,<V过>の表す動作・行為は必ず過去で終結している。
  我在这儿住了好些年。Wǒ zài zher zhù(le) hǎoxie nián le.
   I have been in here for several years.(私はここに何年も住んでいる。)
  我在这儿住过好些年。Wǒ zài zher zhù(le) hǎoxie nián le.
   I was in here for several years.(私はここに何年か住んでいた。)
③<V了>は一定の結果をともなうことをも表すが,<V过>は必ずしもそうではない。
  她学了汉语。Tā xuéle Hànyǔ.
   She has learnd Chinese. (私は中国語を勉強したことがある。)
  她学过汉语。Tā xuégo Hànyǔ.
   She studied Chinese. (私は中国語を勉強したことがある。)
④否定文の場合,<V了>の “看了”は“没看” (見なかった)となり,“了”が消える。
 しかし,<V过>の“看过”は“没看过”(見たことがない)となり,過去のマーカー
 “过”が残る。
⑤<V了>は“看了看”(見てみる)といった重ね方ができる。<V过>はできない。「ちょっと見た」と言いたいときは,“看过一点”という言う方になる。
[PR]
by damao36 | 2011-09-04 11:21 | 中国語文法 | Comments(0)