<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

191―“了”が了解できるまで

 中国で生活していると,通りすがりの親しい人から“你好”ではなく“吃饭了吗?”などと言葉をかけられます。これは一種の“客套话kètàohuà”(社交の決まり文句)ですから,“吃了”などと他愛もないやりとりですませています。

 ところで,この“了”は完了で日本語の「た」と同じだと単純に思っていた私,同学のリーさんから昼食に行こうと誘われて,とっさに“我吃了飯”と答えました。

 そしたらリーさん,「その言い方では文が不安定です。後に何か続けなくては文が落ち着かないよ」と注意されました。正しくは“我吃午饭了”“我吃了(午)饭了”“我吃完(午)饭了”などならいいと言われました。

 その午後,みんなで集まって話をしていましたら,話題が“宠物chǒngwù”(ペット)になりました。私の家には娘が置いていった猫が2匹もいるので,“我家养猫呢”と言ったら,中国語ネイティブから怪訝な顔をされてしまいました。

 みんなが言い直せというので,“了”には<完成>と<変化確認>の意味があると習ったばかりでしたから,しばし考えて,いまわが家では「飼う」という行為が<完成>しているのだから,ここは“我家养了猫”と思い,そう言ってみました。

 そしたら,リー同学が「これは今朝の“我吃了飯”と同じ構文です。これでは後に“还养了狗”とでも続けないとおかしい」といわれてしまいました。

 それなら“我家养猫了”か“我家养了猫了”ならいいのかと聞いたら,それもダメでした。ヒントは「量詞をつけて具体化しなさい」でした。

 でも,そう言われても、悲しいかな猫の数え方がわかりません。日本語では「匹」だから,“匹pǐ”か。犬といっしょで“条tiáo”か。結局教えてもらいました。

   我家养了两只猫。Wǒ jiā yǎngle yī zhí māo.
   I have got two cats.

        (どうして外国語学習はこうもややこしいのでしょうか。なんでも理づめでマスターできると思っているからでしょうか。)
[PR]
by damao36 | 2011-07-16 20:09 | 中国語文法 | Comments(0)

海江田・細野・平野大臣は信用できる 井上あさひキャスターは女神になれる

《ブログ「日日是生日」から転載》

 3.11から4か月が経った。

 最初の1か月は憑き物につかれたように原発ネタで記事を書いた。自分の不勉強もあったから。

 そして5月7日にブログを書くのをやめて2か月が経った。まだ、カンさんが首相だ。近ごろは「延命策には脱原発を言うにしかず」と思っているのだろう。原発推進派にも大きな障害になりつつある。

 「原発はタバコの害や自動車事故より危険はすくない」とか「核廃棄物は1万メートルの海底に沈めるか、砂漠地帯に捨てればいい。モンゴルあたりならお金でよろこんで引き取るはず」と説く池田信夫氏の意見にびっくり。それですむならしかたないかとも思ったが、それでもやっぱり“原発恐惶派”からは脱することはできず、カンさんがたとえ己の延命策のためだとしても、人は動機よりも結果だから、カンさんが、“脱原発”で行くなら、しばらくやらせるのももいいか。そして悪徳10人衆が総選挙での国民の負託をねじまげて、ひどい政党へと舵をきったように、今度はまともな民主党内の政治家が主になってカン政権を乗っ取ったらいい。今はそんなできそうもないことをなんとなく感じているのだ。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51693454.html (池田信夫:自動車や石油火力は原発より危険である)
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51693454.html (池田信夫:核のゴミは解決できる)


 少なくともいま原発処理にあたっている海江田・細野・平野の3大臣、あまたの政治家の中では信用できる人たちではないのか。一種のカンではあるが、私はそう思っている。少なくともあの人たちは、他にもいるかもしれないけれど、昨年6月の代表選ではカンさんには入れていないはずだ。代表選ではカンさんには入れなかった人たちが、いまのカン政権を支え、やがて乗っ取る、これはしがない年寄りのあわい期待だ。

 さて、3.11以後に書いた34本もの記事のほとんどが原発だった。ただ2本だけは“みなさんのNHK”を取り上げた。原発に比べて読者の反応はイマイチだが、NHKがまともになることは大切なことだと思っている。どうもいまのNHKは小泉政権以来、経済界に乗っ取られている、私はそう危惧するのだ。本当は受信料なんか拒否したい心境なのだ。
http://lailai-hanyu.at.webry.info/201104/article_9.html (NHKはなぜ経済人がトップなのか――四権談合打破は夢の又夢)
http://lailai-hanyu.at.webry.info/201105/article_2.html (NHKの津波情報は結果的には「嘘をつく子供(狼少年)」だったのか) 


 でもだ。やっぱりよく見るのはNHKだ。テレビはニュースを除いて、BSを見ることが多いのだが。

 そういえば4月からNHKは3本あったBSを、どういう理由かは知らないけれど、2本に整理してしまった。整理することで内容も精選されてよくなるのならまだしも、結果は選択肢が減ってしまった。(デジタル・テレビを買ったので、BSがたくさんみれるとよろこんだが、これも期待外れ。どうして民放のBSは韓国ドラマとショッピング情報が多いのだろうか。節電はまずテレビからではないのか。

 それにNHKのBS1、午前中はどうしてアメリカ大リーグの中継ばかりを流すのだろうか。もともと日本の野球放送も見ない方だからかも知れないが、一体全体、受信料を払っている日本人のどういう人たちがどれくらいあの放送を見ているのだろうか。平日のあの時間帯でテレビをダラ~とみておれるのは私のような高齢者か主婦たちぐらいではないのか。

 それでもNHK番組にはすばらしいドギュメンタリーとか、CMのないスポーツ中継とか、中小国の映画とか、ときどき感銘する番組に出会うことは多い。

 そうだ。そういえば好きでなかったニュース9、近ごろはよく見るようになった。

 お目当てはあの女性キャスター。前の青山キャスターも健康的でよかったが、現在の井上あさひキャスターはもっといい。理由は言わなくても、わかる人にはわかるから、言わない。おしなべて軽薄おしゃべりの女性アナ(男も同じだが)ばかりのニッポンのテレビ界、その中にあっておしゃべりではなく、美しい目でじっとこちらを見つめる、いつまでもそうあってもらいたいものだ。


                                     (人は見かけが9割を信じる メンクイ・ネズミ)

≪蛇足≫まったく余計なお世話だが、「井上あさひキャスター」の経歴Wikeから抜き出してみた。「あさひ」という
    名前は気に入らないが、「趣味は箏」とあり、日本の音曲はまったくもって私には退屈な代物なのだが、
    あの人の演奏、きっと静寂な調べに相違ないから、聴いてみたいものだ。
       玉野市立荘内中学校、私立岡山高等学校、お茶の水女子大学卒業後入局[1]。高等学校在学時は野
       球部のマネージャーだった。

       鳥取と広島の両局で地上デジタル放送推進大使を務めた。岡山県出身ということもあり、中国地方全
       域の地域番組で起用される機会も多く地デジ大使としては民放各局の女性アナウンサーとともに活
       動、CMでは広島を本拠とするプロ野球チームである広島東洋カープのユニフォームを着用して放
       送開始をPRした。プライベートでもカープファン。

       趣味は4歳と1歳の甥と遊ぶこと。趣味は箏。人の顔を覚えるのは得意であるが名前を覚えることは苦
       手。身長167cm。
[PR]
by damao36 | 2011-07-12 06:41 | 政治 | Comments(0)

190 存在の“有”と“在”,そして存現文 

 動詞を大きく動作動詞(動態動詞)と非動作動詞(静態動詞)とに2つに分けました。その非動作動詞をさらに存在・変動の状態動詞,認識・判断の知覚動詞,感情・欲求の感性動詞,体調変動の生理動詞と5つに下位分類しました。

 この中の存在・変動の状態動詞に“有yǒu”と“在zài”があります。この漢字,日本語読みではいずれも「ある」(古語は「アリ」)です。似ている語ですので,どのような違いがあるのか,字書の説明を見ることにします。
[有]yǒu
 1.(表示领有或具有) have; possss
 2.(表示存在) there is; exist
 3.(表示估量或比较)
 4.(表示发生或出现)
 5.(表示多, 大)
 6.(泛指, 跟“某”的作用相近)
 7.(用在“人, 时候, 地方”前面, 表示一部分)
 8.(用在某些动词的前面组成套语, 表示客气)

[在]zài
 動詞 1.(存在;生存) exist; be living
    2.(表示人或事物的位置; 留在) stay; remain
    3.(参加; 属于) join or belong to an organization  be a member of an organization
    4.(在于;决定于) depend on; in course of
 副詞(正在)
 介詞(表示时间,处所,范围) 

 “有”と“在”の共通点は存在の意味をもっているということです。“有”については2・3が存在そのものですが,4・5も存在からの派生義です。“在”は1だけです。それでは“有”の2・3・4・5と“在”の1の例文を挙げておきます。

<“有”の2・3・4・5>
2. (表示存在) there is; exist
  屋里有人吗?
  Is there anyone in the room? (誰かいますか。)
  这座位有人吗?
  Is this seat taken? (この席は空いていますか。)
  那里有十来个人。
  There are about ten people over there. (あそこには十数人人がいます。)
  有困难,有办法。
  Where there is a problem, there is a solution. (困難があれば,それを解決する方法もあるはずだ。)
  许多东西里有盐分。
  Salt exists in many things. (多くのものに塩分は含まれています。)
  这里边什么东西都没有。
  There is nothing whatever in here. (この中には何もありません。)
3. (表示估量或比较) used in making an estimate, comparison or less than
  他有他哥哥那么高了。
  He is probably as tall as his elder brother.(彼は兄さんくらいの背丈になった。)
  他没有一米八高。
  He is less than 1.8 meters tall. (彼は1メートル80センチあります。)
  汽车没有飞机快。
  The automobile runs not so fast as the pane. (自動車は飛行機よりは遅い。)
  事情没有你说的那么容易。
  Things are not as easy as you said. (事情は君が言うほど簡単ではない。)
  没有两年她就走了。
  She left in less than two years. (2年経たずに彼女は去っていった。)
4. (表示发生或出现) (出現・発生の)~がある
  他的病有了好转。
  His illness has taken for the better. (彼の病気はよくなってきました。)
  形势有了新的发展。
  The situation is changing. (形勢は新しい展開を見せています。)
  形势有了很大的变化。
  A great change has taken place in the situation. (形勢に大きな変化がありました。)
  他的病没有好转。
  His illness hasn’t taken for the better. (かれの病はよくなっていません。)
  形势没有新的发展。
  The situation is not changing. (形勢に新しい展開はありません。)
※ 存在の“有”も否定は“没”。“不”は使用しない。
5. (表示多, 大)
  他有丰富经验。
  He is a man of large experience.(彼は豊富な経験を持っている。)
  他干这一行有年头了。
  He has been doing this sort of work for years. (彼はこの職業を選んでかなりの年数になっています。)

<“在” >
1.(存在;生存) exist; be living
  父母健在。
  Both of my parents are living now. (私の父母は健在です。)
  这问题还在,并没有解决。
  The problem still remains to be solved. (この問題はまだ存在し,解決してない。)
2.(表示人或事物的位置; 留在) a本動詞  b補助動詞 stay; remain
 a 我父母在北海道。
   My parents are in Beihaidao. (私の父母は北海道にいます。)
   你的钱包在桌子上。
   Your wallet is on the table. (あなたの財布は机の上です。)
   我今天晚上在家。
   I’ll be at home this evening. (私は今夜は家にいます。)
   我们的车在停车场,咱们过去吧。
   Our car is in the parking lot.  Let's go.(私たちの車は駐車場だから,そこまで
   行こう。)
 b 他坐在椅子上。
   He sits at the chair. (彼は椅子に座っている。)
   我住在纽约。
   I live in New york. (私はニューヨークに住んでいる。)
   我躺在床上看书。
   I’m reading a book in bed(私はベットに横になって本を読んでいます。)
   我出生在中国,在美国长大。
 I was born in China and brought up in U.S.A. (私はカナダで生まれ,アメリカで育ちました。)
  ※ 2のaは本動詞,bは補助動詞。補助動詞の“在”はその後に場所詞が来るので,介
    詞連語とする説もあるが,とらない。“存在在某地点”の意。
  ※ “在”のbは<動詞+“在”+場所詞>の語順。この<“在”+場所詞>を介詞
    連語とする説もある。しかし,介詞連語は動詞の前だけと考え,この“在”は動詞
    の補語用法という説に従う。その後の名詞は賓語。
  ※ 存在“在”の否定は“没”も“不”も使用する。

 ところで,上記の “有”と“在”はいずれも何かの存在を表すという点で共通ですが,その構文には以下のように大きな違いがあります。
      S           V         O
 A 場所詞 +“有”+ 人/物 (いちばん伝えたいことは「人/物」)
         ~に                 ~が(賓語としたが,日本語文では主語になる。)
         ~で
         ~から
    例: 桌子上 有 一本书。  
       There is a book on the table.(テーブルの上には本がある。)


 B 人/物 +“在”+ 場所詞 (いちばん伝えたいことは「場所」)
         ~は                 ~に
    例: 你的钱包 在 桌子上。
       Your wallet is on the table. (あなたの財布は机の上です。)


 つまり,Aの主語は場所詞で,賓語は人または物,Bはそれとは反対に主語が人または物で,賓語が場所詞ということです。このA型を存現文といいます。B型は多くの書に記述はないのですが,瀬戸口律子著『中国語の文法』(語研)には存現文の記述はないかわりにこのB型の記述があり,それを存在文と呼んでいます。そこで私はAは存現文,Bは存在文と区別して呼ぶことにしました。

 Bの存在文はわかりいいので,最初に説明しますが,話題の人または物がどこかに存在しているということです。訳は「~は(が)~にある/にいる」です。動詞は“在”になります。

 説明しにくいのはAの存現文です。いちおうSVO文にしていますが,日本語訳から考えると,MVS文とした方がいいかもしれません。英語の“there is”構文と同じです。“there”は形式上の主語で,その後の名詞が実体上の主語,そのように考えてもいいでしょう。要するに,聞き手も知っているある空間に,ある特定の人または事物が存在しているよ,出現したよ,あるいは今までいたのに消えてしまったよ,という新しい情報をを伝える文型です。

 訳は「~に/で/から~がある(がいる)」になります。動詞は“有”以外に存在・出現・消失を表す“下”“刮”“出”“走”“来”“掉”“没有”などの動詞が用いられます。

 それではこの存現文の存在、出現、消失という3パターンの例を挙げておきます。
 存在  
  桌子上有一本书。  Zhuōzi shàng yǒu yì běn shū。
  There is a book on the table.(テーブルの上には本がある。)
  形势有了很大的变化。
  A great change has taken place in the situation. (形勢は大きく変化した。)
  上午下了一阵大雨。  Shàngwǔ xià le yí zhèn dà yǔ。
  It rained heavily in the morning.(午前中大雨だった。)
  昨天刮大风了。
  It’s blowing hard last night. (昨日は大風が吹いた。)
  从海面耸立着大岩石。
  A big rock rose out of the sea. (海上に大岩石が屹立している。) 
 出現    
  中国出了个毛泽东。
  Mao Ze dong was appeared in China. (中国に毛沢東が現れた。)
  千里走单骑。  Qiānlǐ zǒu dān qí。
   Riding along thousands of miles.  (単騎、千里を走る。)
  早上来了一个电话。  Zǎoshang lái le yí ge diànhuà。
   You had the telephone this morning.   (朝電話があった。)
  来客人了。
  The guests are here.(お客様が来られました。)
 消失  
  我们班里走了一个朋友。Wǒmen bānli zǒu le yí ge péngyou。
  It changed one's school from our one person classes.
  (私たちのクラスから1人転校した。)
  从书架上掉下了一本书。
  A book fell off the shelf. (私。)
  从柜台里没有了我的手套。W。
   My glouves have disappeared from the sideboard. (私。)
 ※ “実質上の主語”である賓語には,目前の人/物を具体化する“单”“一本”“一阵”
   “一个”という量詞がつく。また,1語だけでは出現、消失の意味を十分に表せない
   場合も多く,“有”以外の動詞はたいていその語の後ろに“着”“了”という持続・
   完了・実現を表す動態助詞や“下”“进来”“过来”などの方向補語のつくことが
   多い。

 なお,私たちが日常使っている漢字熟語の中に存現文的熟語が結構あります。
  ア 開花  降雨  積雪  出火  出血  停電  発芽  满潮 有人  立春
  イ 少量   多数    难题    无害          
 ※ イは<形容詞+名詞>の例。中国語では単語としてのみ存在する。
[PR]
by damao36 | 2011-07-11 20:08 | 中国語文法 | Comments(0)

189―「ある」と「いる」,そして存在の“有”と“在”

 存在の状態動詞に“有yǒu”と“在zài”とがあります。この“有”と“在”とをわが国ではいずれも「ある」(古語では「アリ」)と読んでいます。そこで,漢和字典を引いてみると,どちらも基本義は「ある・いる」とありました。でも,この「ある」と「いる」は一体どう違うのかはわかりませんでした。

 そこで『広辞苑』を引いてみました。「有」は「①あること。存在すること。②持つこと。」などとあり,「在」は「一定の場所にあること。いること。」などとあるだけで,やはり釈然としません。「ある」の項を引いてみると,漢字で「有る・在る」と併記されていて,以下のように説明がされていました。
    ものごとの存在が認識される。もともとは人・動物も含めてその存在を表したが,
   現代語では,動きを意識しないものの存在に用い,動きを意識しての「いる」と使い
   分ける。人でも,存在だけをいう時には「多くの賛成者がある」のように「ある」と
   もいう。

 そういえば『伊勢物語』ではお話全部「昔,男ありけり」ではじまっています。平安時代は「ある」と「いる」の区別がまだなかったのでしょう。それにしてもどうしてこのように動きを意識しないもののときは「ある」,動きを意識する生物のときは「いる」と区別して使い分けるようになったのか,今の私にはわかりません。

 ところで,中国語の“有”と“在”にはそのような区別はなさそうです。でも,存在の“有”と“在”を訳すと,“有”は「~がある(いる)」,“在”は「~にある(いる)」になるのが不思議です。そこでこんなふうに考えてみました。

 例えば今私たちの目の前にボールペンが落ちていたとします。偶然ボールペンが落ちていたのを見つけたとき(A)と,探していたボールペンがそこに落ちているのを見つけたとき(B)とがあります。このとき私は日本語でこう言うはずです。
  A  あ,ここにボールペンがある/あった。
  B  あ,ここにボールペンがあった。        (アレ, 違イガアルノカナア。)

 中国語と英語ならどう言うのでしょうか。
  A  这儿有圆珠笔。Zhèr yǒu yuánzhū bǐ。
     There is a ball-point pen here.
  B  圆珠笔在这儿。Yuánzhū bǐ zài zhèr
     The ball-point pen is here.

 中国語ではAは“有”を,Bは“在”を動詞として用いて言います。その文構造を図示すると,以下のように示すことができます。
      S         V        O
   場所詞+“有”+人/物    (いちばん伝えたいことは「人/物」)
                      (人/物は賓語としたが,日本語はここが主語になる。)

   人/物+“在”+場所詞    (いちばん伝えたいことは「場所」) 
   
 先に中国語というのは既知情報を先に言い,未知情報は最後に言うという説を紹介しました。この文型はまさにそのとおりになっています。

 日本語の場合も中国語と同じだろうと思っていましたが,ちょっと疑問になってきました。なぜなら,日本語は「ここに・ボールペンが」と場所詞を先にしてもいいし,「ボールペンが・ここに」としてもいいいいようです。しかし,中国語は絶対にそうすることはできません。なぜなら,中国語は英語とこの点は似ていて,配置の言葉だからです。

 存在を示す「ある・いる」の表現,中国語はいちばん伝えたいことが「人/物」なら“有”,いちばん伝えたいことが空間ならば“在”。だから,“有”は「~がある(いる)」,“在”は「~にある(いる)」になるのだ,そう理解してこの点は納得でした。

 でも,まだ完全にすっきりしたとは言えず,どうしてAは存現文で,bは存在文なのか,分かったような分からないような,そんな気持ちも残っています。
[PR]
by damao36 | 2011-07-08 07:29 | 中国語文法 | Comments(0)