<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

178―補語(5)―程度補語と状態補語

 述語を後ろから補足説明する補語は全部で6種類に分類しました。この6種類の中で方向補語は方向動詞が,数量補語は数量詞が用いられているということで,わりと簡単に指摘できます。可能補語も「~できる」と訳せるかどうかで納得くしやすいといえます。

 しかし,残りの結果補語,程度補語,状態補語(様態補語とも)はちょっと区別しにくい,そんな感じです。でも,以下のように考えたらいいでしょう。

 まず結果補語を理解します。この結果補語は既述したように,「述語・動詞は結果を導くことのできる動作動詞で,結果補語になる動詞・形容詞は結果を表すことのできる動詞か形容詞」からなる補語のことです。詳しくは174でどういう動作動詞と動詞・形容詞の組み合わせなのかを確認しましょう。

 次に程度補語と状態補語の区別は,中国語教育学会がが2007年に示した「中国語初級段階学習指導ガイドライン」に準拠して書かれている輿水氏ら・島田亜美氏の『中国語わかる文法』に示された以下の記述によって区分します。
    「程度の強調を表す補語を,接続部分“得”deを必要とするものと必要としないものとに分け,後者を本
    項目の程度補語とした。」(P120)

 ということは「程度の強調を表す補語を,接続部分“得”deを必要とするもの」は特に区別して状態補語ということにするということです。図示すると以下のようになり,簡単な見分け方は程度の強調を表す述部“得”がなかったら程度補語,“得”があったら状態補語ということです。

E 程度補語
    述      語 + 形容詞/副詞+(了)
   (動詞/形容詞) (“极了””死了””透了””坏了“”多了”の五つ)

F 状態補語
    述      語++形容詞/副詞+(了)
   (動詞/形容詞)



E 程度補語

 この程度補語は形容詞や動詞を核とする述語の後に,“~极了”(超最高に~だ)”~死了”(死ぬくらい~だ)”~透了” (とことん~だ)”~坏了“(メチャクチャ~だ)”~多了”(いくらか~だ)といったほぼこの五つの連語のついた形式の補語を指します。

 もともと程度と状態とは重なる部分があり,すっきり仕分けするのはむずかしいので,ガイドラインが上記の説で割り切ることにしましょう。

1 我听了这消息高兴极了。
  I’m extremely happy on hearing the news. (私はこの知らせを聞いてとてもうれしかった。)
2 就年纪而论,她的身体好极了。
  His health is wonderful for a man of his age. (年のわりには彼女はとっても元気だ。)
3 他像他爸爸像极了。
  He takes really after his father..(彼は父親にとってもよく似ている。)
4 我累死了。
  I’m tired to death. (私は死ぬほどくたびれた。)
5 我饿死了。
  I’m terribly hungry. (私は餓死しそうなほど腹ペコだ。)
6 那个人坏透了。
  He is downright bad. (あいつまったくの悪だ。)
7 樱桃熟透了。
  The cherries are quite ripe. (サクランボは熟しきった。)
8 我猜透了她的心思。
  I read her mind. (彼女の気持私は見通しだ。)
9 我乐坏了。
  I’m wild with joy. (私は最高に楽しかった。)
10 这几天我真忙坏了。
  I was quite some time ago. (このところ本当に忙しすぎる。)
11 病人今天好多了。
   The patient is much better today.. (患者は今日はかなりいい。)
12 这样做就容易多了。
   It is much easier to do it this way.. (こうやればずっと簡単だ。)

※1 この五つの程度補語の前にある語,上記例文の語では“高兴”“好”“累”“饿”“乐”“熟”“容易”が  形容詞で,“像”“猜”が動詞です。この形容詞は人の体や感情にかかわる形容詞がきます。補語の核と
  なる語は“死”“坏”は形容詞,“极”“透”“多”は副詞です。なお,“死”“坏”を動詞にとると,4は「疲労死
  する」,5は「餓死する」になり,これはいずれも「疲労した結果死んだ」,「飢えた結果死んだ」と結果補語に
  なります。
※2 “~极了”は最もよく目にする程度補語で,好ましい感情表現にも好ましくない感情表現にも使うことがで
  きます。”~透了“と”~坏了“は感情表現とは限らず,状態の程度のはなはだしさに用いますが,例外もあ
  りますが,ほとんど好ましくないことです。”~多了”は「ある状態の程度が別のある状態よりもましだ」とい
  う意味ですから,比較文にしか使えません。
※3 程度補語の否定形はありません。



F 状態補語

1 雨季来得晚。
  The rainy season is backward this year. (雨季が来るのが晩かった。)
2 他跑得很快。
  He can run very fast. (彼は走るのがはやい。)
3 姐妹俩长得很像。
  The two sisters are very much alikel. (あの姉妹はとってもよく似ている。)
4 她开车开得很好。
  She drives well. (車の運転ができるようになった。)
5 你中文说得不错。
  You speak very well/good Chinese. (中国語がうまいですね。)
6 你显得有点儿累。
  You look little a bit tired. (お疲れのようですね。)
7 请讲得清楚一些。
  Please speak more distinctly. (もう少しはっきりと話してください。)
8 他弹琴弹得比我好得多。
  She plays the piano much better than me. (彼は私よりピアノが上手だ。)
9 我的衬衫被洗刷得比雪还清白。
  My shirt was washed whiter than the snow. (私のシャツは洗われて雪のように真っ白だ。)
10 这菜香得很。
   It is very delicious. (この料理はとてもおいしい。)
11 好得很。
   It is very well. (とってもすばらしい。)
12 他们高兴得太早了。
   They rejoiced too soon. (彼らは喜ぶのが早すぎた。)
13 责任大得不得了。
   You have a terrible responsibility. (責任はとっても大きい。)
14 他坏得不得了。
   He is very bad. / He couldn’t is worse. (彼はとっても悪い奴だ。)
15 他吃得太多, 因此身体太重。
   He eats too much and is very overweight.(わ)

※1 1~9は述語が動詞,10~15は述語が形容詞の例文です。
※2 5の“你中文说得不错”は4の構文のように述語動詞を繰り返して“你说中文说得不错”という連動文
  の省略形です。8の“他弹琴弹得比我好很多”も同じ構文です。しかしこの例文は賓語が一文字の“琴”な
   ので,最初の“弹”は省けません。
※3 この表現の否定は「不」を使います。この形式の肯定形は“得”が使われ,その点では可能補語に似てい
  ます。しかし、可能補語の否定形は“得”を“不”に置き換えるだけですが、状態補語の場合は“得”はその
  ままで、その後の形容詞に“不”を加えます。ただし,その形容詞を修飾している程度形容詞などは省きま
  す。
※4 この状態補語の補語の核になる語は形容詞がほとんどです。
[PR]
by damao36 | 2011-02-04 10:48 | 中国語文法 | Comments(0)

177 補語(4)―数量補語

 補語というのは既述したように,述語の表す動作行為の結果や状況を補足説明する成分のことで,数量補語とは補足説明する役割を数量詞が担っている補語のことです。

 したがって,その形式は述語と数量詞の組み合わせで,以下のようになります。
   [述語(動詞/形容詞)+数量詞(数詞+量詞)]
   ※ 数量詞というのは[数詞+量詞]という二つの品詞からなる語句のことです。この語句は名詞性なの
     で,補語以外にも主語や賓語になることができます。


 ところで,[述語+数量詞]ならすべて数量補語かというとそうではありません。述語と数量詞との関係は,①ある動詞の動作・行為の回数,②ある動詞の動作行為の時間,③ある二つの状態を比較した結果の差異,そういうことを述べる述部に現れる表現なのです。

 例えば,①“去一次”(一回行った)、②“学两天”(2日学んだ)、③“大三岁”(3歳年上だ)といった表現で,日本語ではふつう数量詞が前にきますが,中国語では“一次”“两天”“三岁”という数量詞が述語の直後について,前の述語を補足します。

 要するに数量補語というのは,①「○○の回数Vした」,②「○○の時間Vした」,③「Aの状態を比べたら○○の差があった」という表現形式で,その「○○」という部分を表す数量が数量詞なのです。この①・②・③をさらにつづめて,①動作量,②時間量,③比較差量ともいうことにします。(V=動詞,A=形容詞。ただし,①②でも述語がAの場合もあります。


 ですから,”这个是两块五毛。”“我有三百日元。”のように, 動詞の後に“两块五毛”“三百日元”という数量詞が来ていても,この数量詞は述語の説明補足をする補語ではなく,主語の値段や主語の所有金額を説明する賓語なのです。したがって,この文はSVC文ではなく,SVO文なのです。


 それでは数量補語になりうる数量詞の量詞はどんな量詞でもいいのかというと,そうではありません。動作回数や継続時間や比較差を示すものでなければなりません。その量詞の主なものは以下のとおりです。

動量詞 (動作・行為の回数など動作量を表す語。専用動作量詞と借用動作量詞がある。)
 専用動作量詞
 [把] bǎ 手に関係する行為を数える。     拉他一把。
 [遍] biàn ある動作の最初から最後までを一まとまりとして数える。 再看一遍。
 [场] chǎng 演劇,スポーツなどの場,上演回数を数える。(声調は3声
          下了一场雨。[场] 今天我踢了半场。
 [程] chéng などを数える。 把他送了一程。
 [次] cì 交通事故 纠纷 谈判など繰り返されることの回数を数える。 我去过一次(回)巴黎。
 [道] dào などを数える。  办两道手续。
 [顿] dùn などを数える。 我要教训她一顿。
 [番] fān などを数える。  想了一番。
 [回] huí などを数える。  原来是这么回事儿!
 [觉] juě などを数える。  今早我一觉睡到天亮。
 [趟] tang などを数える。  他为我跑了好几趟。
 [通] tōng などを数える。  我被他挨了一通说。
 [下] xià などを数える。   请稍等一下。
 [阵] zhèn などを数える。  祖父的病一阵儿好一阵坏儿。

 借用動作量詞
 [跤] jiāo [脚] jiǎo [拳] quán [声] shēng [水] shuǐ [眼] yǎn


時間量詞動作の状態や持続時間や,その経過時間など,時間量を表す語。
 時間(秒、分、刻、点  日(天)、星期、月、年)


比較差量詞 (数量で比較の結果を表す語。単位量詞になる。
 単位量詞
 長さ(毫米、厘米、米、千米(公里)、毫、厘、分、寸、尺、丈、里)
 面積(平方米、平方公里)
 地積(公亩、公顷、平方公里、亩、顷)
 体積(平方米)
 容量(毫升、厘升、升)
 重さ(克、公斤、吨  两、斤)
 計数(度、瓦)
 時間(秒、分、刻、点  日(天)、星期、月、年)
 お金(分、角、元 (口語)分、毛、块)
 年齢(岁)

 不定量詞
 [倍] bèi 倍数を数える。<一倍~>
 [辈] bèi 同じ年齢や世代を数える。<一辈~>
 [些] xiē 不特定の量を表す。<一些~>  东西
 [一点儿] 不特定でわずかな動作量を表す。
 [一会儿] 不特定でわずかな時間量を表す。


 それでは①②③の数量補語の例文を挙げておきます。

動作量数量補語
1 再念一遍。   Will you please read it again. (もう一度読んでください。)
2 我会说一点儿。  I can speak, a little.  (ちょっとだけ話せます。)
3 你可以稍候一下吗? Could you wait a moment? (しばらくお待ちいただけますでしょうか。)
4 他来了一趟。   He has been here once. (彼は一回やって来た。)
5 我今天多吃了一碗。 Today , I ate one bowl of rice more . (今日はいつもより一杯多く食べた。)
6 刚刚去过一趟。   I'v just been there. (さっき行ったばかりです。)
7 我们的工作完成一半。  Half our work is done. (私たちの仕事は半分終わった。)
8 我家离公司有小三公里。   
  My company is nearly three kilometre from my house. (私の家は会社から3キロ近く離れています。)
9 请结一下胀。  Can I have the check? (お勘定お願いします。)
10 在给我一些。  Give me some more. (私に少しください。)
11 你该作一些适当的调整。
  You’ll make certain appropriate readjustments. (君は適当な調整ちょっとやっておくべきだ。)
12 我打他一巴掌。  I gave him a slap. (私は彼にビンタを食わせた。)
13 我说了她一顿。  I give him a dressing-down. (彼女に説教してやった。)
14 他踢了我一脚。 He kiched me once. (彼は1回私を足蹴にした。)
15 我赢过他一次。 I won over him one time. (彼に一度勝ったことがある。)
16 我去过五次中国。  I have once been to China 5 times. (中国には5回行った。)
17 我一年会去中国数次。  I go to China a few times a year. (1年に何回か中国に行く。)
18 把西瓜切成两半儿。   Cut a watermelon in half. (スイカを二つに切り分ける。)
19 那部电影我看过两次。   I have seen the movie two yimes. (あの映画は2回見ました。)
20 上海,我去一次。  Shanghai, I have once been to. (上海,私は一度行きましたよ。)

※1 1~8はSVC型, 9~11はSVCO型,12~17はSVOC型,18~20は賓語Oが“把”構文,または主題と
  して前に来た型です。
※2 補語は述語の補足説明ですから,述語とすぐに結びついたSVCO型が本来だと思いますが,12~17の
  ようなSVOC型が多いのはどうしてでしょうか。その大きな理由は一字の人称代詞が最後に来ると,発音の
  バランスが悪くなるからでしょう。もう一つの理由は数量詞は独立性のある名詞性の語句だからでしょう。
※3 12~15の例文は人称代詞が賓語の例です。16の例文は“中国”という固有名詞が賓語になったSVO
  C型です。その16の下にSVCO型に直した文を挙げています。強調個所の違いはありますが,意味は同
  じです。


時間量数量補語
1 我的表快5分钟。   My watch is five minutes fast. (私の腕時計は5分早い。)
2 这钟一天慢两分钟。  This clock loses two minutes a day. (この掛け時計は2分遅い。)
3 请等一会儿。 Please wait for a moment. (少々お待ちを。)
  歇一会儿吧。   You’ll rest for a while. (しばらくお休みください。)
4 你累了一天, 该休息了。
  You’s been working hard all dy. You need a rest. (一日お疲れでした。ご休憩ください。)
5 我今天为他浪费了整整一个小时。
  I wasted a full hour by him today. (私は今日彼のお陰でまるまる1時間ムダにした。)
6 我学了10年英语。   I learned English for ten years. (英語を10年間学びました。)
7 我学英语学10年了。 I learned English for ten years. (英語を学んで10年になります。)
8 我等了她半小时。   I waited her half hours. (30分、彼女を待ちました。)
9 我等了她半小时了。  I waited her half hours. (30分、彼女を待ちました。)

※1 1~5はSVC型, 6はSVCO型,7~9はSVOC型です。
※2 SVCO型の6をSVOC型に言い換えたのが7です。意味は同じです。
※3 8と9は9の最後に語気助詞“了”が付いている点だけの違いです。この事態の変化の“了”は,いまの現
  状にそのような変化が生じているという意味を持ちますから,この文のニュアンスはそういう変化した状態が
  まだつづくという意になります。5はそういうことまでは述べていません。


比較差数量補語
1 我比他大两岁。 I’m two years older than he is. (私は彼より二歳年上です。)
2 他的藏书比我多三倍。  
  He has three time many books as me(=I do). (彼の蔵書は私の3倍はあります。)
3 他长得比你高一点。   He is a little taller than you. (彼は私よりも背がちょっと高いです。)
 ※ 述語はすべて(?)形容詞です。



 
[PR]
by damao36 | 2011-02-01 20:07 | 中国語文法 | Comments(0)