<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

165ーテンスとアスペクト(時態と動態)

 中国語や英語を日本語に直すときに,まず迷うことは,敬体でいうか常体でいうかということがあります。中国語や英語はそんな気づかいは必要ありません。逆に英語で何か言うとき,やっぱり私がいちばん迷うのは発話時と話題の発生・存続時との関係,つまりテンスというものがこれでいいのかということです。この迷い,中国語の場合はどうでしょうか。

 発話時点と話題の発生・存続・完了時点との時間の関係,これをテンス(tense時制・時相)といいます。つまり,話題にしているある行為や状態と,発話時との時間の関係で,発話時においてその事柄はもう終わってしまっていることなのか,今起こっていることなのか,それが引き続いていることなのか,これから起こることなのかといったことを,述部で表現する言語形式です。

 日本語は述部の核となる動詞や形容詞が語形変化して,それに過去や完了や推量の助動詞を追加することで,英語に比べると不完全ではありますが,ある程度のテンスを示します。しかし,中国語の場合は述部を形成する動詞や形容詞はまったく語形変化せず,助動詞も日本語とは違って可能・願望・当然などを示し,時とは無関係です。ただ,アスペクト助詞というのがあって,その助詞を追加することで,間接的には時と関係する完了とか経験とかを示すことはできます。しかし,それは発話時点との関係ではありません。したがって,英語のように述部表現で発話時点と話題の発生・存続・完了時点との時間の関係を示すテンスというのはない,ということになります。

 英語の動詞には原形・現在形・過去形・過去分詞と4つの形があります。単なる過去のことなら<動詞・過去形>,単なる現在のことなら<動詞・現在形>,未来のことなら<will・shall+動詞・原形>となります。この他に過去完了形,過去進行形,過去完了進行形,現在完了形,現在進行形,現在完了進行形,未来完了形,未来進行形,未来完了進行形というのがあり,みんなで12通りもの形があり,その形式によってテンスを表す決まりになっています。

 しかし中国語の場合は,日本語も似ていますが,英語のように発話時点と話題の発生・存続・完了時点との時間関係を必ず述部によって示すという語法上の決まりはなく,必要な場合は述部の前に位置する状語などによって分担されています。
         注  最近は「英語には未来形はない」という説が有力になっています。その理由は動詞に未
            来形というものがないことと,will, shallのある形式を未来形とすると,be going toや
            be about toといった表現をどうするのかということからです。そこで従来の未来形を
            will形といっている人もいます。しかし,ここでは便宜上通説に従って未来形という言葉
            を使うことにしています。


 ところで,英語のテンスというのは発話時点と話題の発生・存続・完了の時点だと説明しましたが,それを図示すると以下のようになる,と私は考えました。

     テ ン ス=過去・現在・未来×<完了/実現><経験><持続/進行><推量(将然)>

 つまり,テンスというのは単に過去・現在・未来という,発話者と話題との時間的距離を示すだけではなく,その話題の事柄がその時点で<完了/実現>しているのか,< 経験>したことなのか,いまだ<持続/進行>しているのか,<推量>されていたことなのかをも含むということです。

 この<完了/実現><経験><持続/進行><推量(将然)>をアスペクト(aspekutd位相・すがた/中国語は「动词的动态」)という,そのように理解します。英文法でアスペクトが問題にならないのは,テンスの中に大部分が含まれているからです。

 要するに中国語というのは,日本語も似ていますが,<過去・現在・未来>という外枠は状語となる時間詞が担当し,述部ではほとんど意識されないということです。このことを中国語学者の安藤彦太郎氏は,以下のように喩えて記述していました。
    言葉を水と人間の関係にたとえると、時相(tense)の明確なヨーロッパ諸語は,川のほとりにたたずん
   で流れを見るような言葉であり,位相(aspect)を重んじる中国語は,流れとともにあゆむような言葉だ,
   と私は考える。(『中国語と近代日本』岩波新書・1988)

 例えばある人が,ある川の上流,眼前,下流で起こっていることをリポートするとします。英語のリポーターはあくまでもイマ・ココの時点に立って,動くことなくリポートします。しかし,中国語や日本語のリポーターは実際には移動していなくても,発話時点との時間的な距離に関係なく,時に上流へ,時に下流へと,あたかも移動したかのように報告することができる,そのように説明したらどうでしょうか。

 念のためアスペクトという語を日本語辞書で調べてみたら,「文法で,継続・反復・完了など,動詞が表す行為の様相。態。相。」(大辞泉)とありました。

 英語などの述語は必ず動詞ですから,「動詞が表す行為の様相」とあるのであり,日本語や中国語は動詞以外に形容詞も述語になりますから,ここは「述語が表す行為の様相」と読み替えておきます。

 中国語の場合は述語となる動詞(形容刺も)は常に原形のままですから, 「述語が表す行為の様相」を表すためにはいろいろな品詞がかかわることになります。その代表がアスペクト助詞(動態助詞)“了le”“过guo”“着zhe”です。しかし,他にも以下のように副詞や助動詞、語気助詞などもかかわります。

(1) 時にかかわる副詞
(2) 推量・意志の助動詞
(3) 継続,完了,経験を表すアスペクト助詞(時態助詞)
(4) 勧誘・推量を表す語気助詞
(5) 様態や方向を表す補語成分

(1) 副詞  已经~了 yǐjing~le 完了・実現を表す。
        正在~ zhèngzài   進行・継続を表す。
        在~  zài   進行・継続を表す。
        快~了 kuài~le  推量(将然)を表す。
 
(2) 助動詞   要~yào 推量(将然)を表す。
          要~了yào~le 推量(将然)を表す。
          将~jiāng 推量(将然)を表す。
          想~xiǎng 推測(将然)を表す。
          就要~了jiùyào~le 推量(将然)を表す。
          快要~了kuàiyào~le 推量(将然)を表す。
          将要~了jiāngyào~le 推量(将然)を表す。

(3) アスペクト助詞   ~了le  完了・実現を表す。
   (動態助詞)     ~过guo  経験を表す。 
               ~着zhe  持続・進行を表す。

(4) 語気助詞     ~呢ne 進行・継続を表す。
              ~吧ba 推量(将然)を表す。

(5) 補語        ~起来 Qǐlái 進行・継続を表す。
              ~下去 xiàqù 進行・継続を表す。

          注  時間詞には以下の語があります。品詞は英語の場合副詞になりますが,中国語は日
            本語と同じ,名詞です。
               今天 昨天 今年 几年前 将来 •••

          注  手元の≪英汉词典≫ではテンスのことを“动词的时态”,アスペクトは“体”と訳し,や
             っぱり動詞にこだわっています。しかしここは動詞が述語を代表していると考えることに
             します。なお,わが国中国語文法書を見ていると,アスペクト助詞のことを漢字訳では
             「時態助詞」とも「動態助詞」ともいっていて,不統一です。私はテンスの訳が“动词的时
             态”ですから,アスペクトは“动词的动态”と考え,”动态助词“(動態助詞)の方がい
             いと考えています。この”动态“とは動詞(述語)のそのときどきの姿・位相のこと, つま
             り開始・終結・継続・反復などの文表現(態)との理解です。
 

上記は品詞等による分類でした。意味による分類だと,以下の4分類です。

1 完了・実現のアスペクト   (已经)~了 yǐjing~le

2 経験のアスペクト        ~过guo

3 持続・進行のアスペクト    正在~ zhèngzài   在~ zài
                     ~着zhe
                     ~呢ne

4 推量(将然)のアスペクト    要~(了)yào~le
                     就要~(了)jiùyào~le
                     快要~(了)kuàiyào~le
                     将~(了)jiāng~le
                     将要~(了)jiāngyào~le
                     快~了 kuài~le
                     ~吧ba
[PR]
by damao36 | 2010-06-18 09:10 | 中国語文法 | Comments(0)

164ー感嘆詞

 ≪字典≫から、感嘆詞(叹词)とその例文をぬきだしてみました。


[啊]
ā 表示赞叹或惊异
  啊, 这花多好哇!  Oh what a beautiful flawer!
  啊, 下雪了!  Oh, it’s snowing!
á 表示疑问或反问
  啊, 你说什么?  Eh, what did you say?
  啊, 你再说!  Pardon, say it again!
ǎ 表示疑惑
  啊, 这是怎么回事? Oh, it’s snowing!
à 表示应诺或醒悟
  啊, 好吧。 OK!
à 表示惊异或赞叹(音较长)
  啊, 伟大的祖国!  Oh, our great matherland!

    a助词。用在句末, 表示赞叹、催促、嘱咐等语气(常因前面字音不同而发生变音,可用不同的字来表示)
      快些来啊(呀)!  Come here quickly!
      你好啊(哇)!  How do you do?
      同志们加油干啊(哪)!  Comrades, work addend vigor!
    a 用在列举的事项之后
      纸啊、笔啊,摆满了一桌子。  The table is covered with things like paper, pen and pencils.

[哎] āi 表示不满或提醒
  哎, 你怎么能这么说呢?  Hey, how can you say so?
  哎, 你们看, 谁来了!  Look, who is coming!
[哎呀] āiyā 表示惊讶
  哎呀,又写错了 ! Oh, I wrote wrong again.!
[哎呦] āiyāo 表示惊讶、痛苦
  哎呦, 车开得这么快,真要命了! Hey, speeding! Do you want to kill yourself?

[嗳]
 ǎi 表示否定或不同意
  嗳, 别这么说。  No, don’t say that!
  嗳, 不是这样放。  No, don’t put it like that(way).
 ài 表示懊恼, 悔恨
  嗳, 早知道是这样, 我就不来了。  Oh! If I had known this, I would not have come.

[唉] ài 表示伤感或惋惜
  唉, 病了两个月,把工作都耽搁了。  Oh, I have been ill for two months, so the work is delayed.

[欸]
  ē  表示招呼
  欸, 你快来。  Hey, come over here quickly!
 é  表示诧异
  欸, 这么回事!  Why, what’s the matter with you!
 ě  表示不以为然
  欸, 你这话可不对呀!  Now, you are wrong to say that.
 è  表示应声或同意
  欸, 我这就来!  Yws, I’m coming!
  欸, 就这么办!  All right. Let’s do it this way!

[ ] éi 表示诧异或忽然想起
  éi, 他怎么病了!  Why, he is ill!
  éi, 我三点钟还有一场电影呢!  Oh, I am going to see a film at three o’clock!

[哼] hng  表示不满意或不信任的声音
  哼, 你信她的。  Humph, how can you believe what he say!

[噢 ]
 ō 表示了解
  噢, 就是他!
  Oh, it’s him!
  噢, 我懂了。
  Oh, I see.
 ō 表示惊奇、痛苦
  噢噢, 这么大的西瓜!
  Oh, what a big watermelon!
  噢噢, 好痛!
  Ouch, it hurts!

[哦 ]
 ó 表示疑问、惊奇等
  哦, 是这样的吗?
  What! Is it really so?
  哦, 是那么一回事。
  What! Is it really so?
 ò 表示领会、醒悟
  哦, 我明白了。 bǎ
  Oh, I see.

[嚄 ] ǒ  表示惊讶
  嚄, 这是怎么搞的?
  Why, is anyting the mutter?

[喂 ] wèi  打招呼时用
  喂, 是谁?  Hey, who is it?
  喂, 快来呀!  Hey, quickly come over here!

[呀 ]  表示惊疑
  呀, 着怎么办!  Oh, what shall we do!

[咦 ]  表示惊讶
  咦! 这是怎么回事?  Hey, what’s all this about?

[呦 ] yōu  表示惊异
  呦, 你怎么也来了?  Hey, fancy seeing you here.
  呦, 碗怎么破了?  Why the bowl is broken!
[PR]
by damao36 | 2010-06-11 17:58 | 中国語文法 | Comments(0)

「菅」には「姦」の意味もある

 「北京ランダム・ウォーカー」というタイトルで中国情報を伝えている元『週刊現代』副編集長で現講談社(北京)文化有限公司副経理の近藤大介氏が、鳩山前首相と菅新首相の苗字についての中国人の反応を書いていました。
  http://gendai.ismedia.jp/articles/-/662?page=3「官という名前から中国人が連想する『草菅人民』とは」

 近藤氏は、昨年9月に鳩山政権が誕生した時、「アジア重視外交」を掲げた鳩山首相に中国人は拍手喝采を送っていると思い、すでに引退した旧知の中国人元外交官に鳩山首相の心象を聞いてみたそうです。すると、意外な答えが返ってきたそうです。
      「中国はね、ご承知のように漢字の国なんだよ。『鳩山』という名前を聞いて、大方の中国人は、一人の人
      物を思い浮かべる。
      それは文化大革命の時に、江青(毛沢東夫人で文革を主導した四人組の一人)が指導した革命模範劇
      『紅灯記』に登場する、鬼のような悪役の日本人『鳩山』だ。だから、鳩山首相がいくら中国重視を唱えて
      も、気の毒だけど名前が悪いねえ」

 菅直人新政権が発足したので、近藤氏は再度、くだんの元外交官に、新首相の心象を聞いてみたら、彼は、再
び顔を曇らせてこう言ったとのことです。
      「前に、中国人は人を漢字で判断するって説明したでしょう。『菅』という字を見て、中国人が共通して思い
      浮かべるのは、『草菅人民』という4字熟語だ。『指導者が人命を軽視する』という意味だ。現代中国語で
      は、『菅』という漢字は、この4字熟語にしか使わない。だから、菅首相のイメージがいいわけないでしょう」


 手元の漢和字典にはこの成語はありませんでしたが、中国語の辞書には、「草菅人民」というのはありませんでしたが、「草菅人命」というのがありました。

 意味は「人命を草や菅草のように取り扱うこと。人命を軽視すること」(treat human life as if it were not worth a straw.)です。この成語の構造は「V+O」で、訓読すると「人命ヲ草菅ス」ということでしょう。「草菅」とは名詞ではなく、きっと「ヘナヘナな草や菅のようにヘナヘナにする」という動詞に使っているのです。

 それなら、「菅」というのはそんなに悪いイメージの姓なのでしょうか。

 そういえば平安後期の漢学者で右大臣、今や学問の神様といわれる菅原道真(845-903)という人がいました。 江戸時代には儒者で詩人で、頼山陽ともども昔はかなりの有名人だった菅茶山(1748-1827)という文人もいました。中国にも「菅」という姓があると、中国語辞書にも書かれています。

 それではこの「菅」という字、どんな意味の文字でしょうか。

 ある字書の文字解説では「官は音符で、管に通じ、くだを意味する。茎がくだ状にになっている、すげの意味を表す。」とあり、音と意味を組み合わせた形声文字でした。「菅」は「管」に意味もかさなり、日本語読みはいずれも「カン」ですが、中国語はなぜか「jiān」と「guān」で、これは疑問です。

 「菅」の意味は「①すげ。茅(かや)の一種。②ふじばかま。あららぎ。③水につけた茅。④わたくし。よこしま。姦。⑤地名。」とありました。

 問題は④の「わたくし。よこしま。姦。」でしょう。

 どうして「すげ」「かや」などのかよわい草名が「姦」などというおかしな意味に転じているのでしょうか。

 字書の引用例文は「[管氏、牧民]野蕪曠、則民乃菅。[注]菅、当為姦。」とあります。訓読すると、「野蕪曠ナレバ、則チ民乃チ菅ナリ。」でしょう。「田野が荒れると、民はよこしまになる」という意味だろうと思いました。


 確かにこの「菅」という文字、中国でも「草菅人命」という成語で使われる程度の文字のようです。でも、こんな成語を知っているのはかなりの知識人だけに相違ありません。中国でも人名や地名があるということですから、いちいち気にするほどのものではないはずです。でも、菅内閣が「わたくし」したり、「よこしま」なことをしたら、やっぱりこの「菅」は「姦」だったと攻撃されるに違いありません。心してほしいものです。


 今日の新聞には「常用漢字196字追加答申」という記事がでていました。

 漢字もIT時代で、ふえる傾向にあるのだそうで、いく昔も前の、福田恒存・三島由紀夫対漢字制限論者との国語漢字論争、なつかしいですね。

 ”漢詩漢文博士”の石川忠久先生は「3千字程度までにさらに増やしていくべきだ」と新聞で語っていましたが、「鬱」なんていう漢字、いまどきの小中学生、我慢して覚えようとする耐性があるのでしょうか。


 韓国や北朝鮮も昔は漢字を大いに使っていました。なのに、いまはオール、ハングルです。中国と近いだけに、反発が大きいからでしょうか。どうしてわが国は漢字を使い続け、さらにふやそうとするのか、ある意味、不思議ですね。


               (お隣のハングルもまったく読めない、ましてやモンゴルやタイやアラビヤの文字をみると、
                よくもまああんな文字が読めるものだと感心する 漢字オタク ネズミ)

≪追記≫
 ふつうの中国人に、「Rìběn Jiān shǒuxiàng」(日本Jiān首相)と中国語で発音したとき、まずどんな漢字を思い浮かぶかを聞いてみました。するとやはり、「奸」か「姦」かなあ、といっていました。前後のつなぎから、「奸」とか「姦」とかが思い浮かび、「日本のよこしまな首相」ということかと理解するのでしょう。
 この字と同音の漢字に「間」「監」「肩」「兼」「尖」「煎」「漸」というのがありますが、上記の中国人、「菅」は「guān」ではないかといい、正しく読めませんでした。でも、発音だけを聞いたときのイメージ、やっぱりいくらか問題ですね。
 わが国でも「小沢」を「汚沢」と書くブログもあるのですから、「””首相」とか「””直人」とか書くブログ、私のこの文を読んで(自惚れ<ダー)、さっそく出てくるのではないか、たのしみです。
[PR]
by damao36 | 2010-06-09 12:11 | 政治 | Comments(0)