<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

163 アスペクト(3)―持続・進行の“着”“在”“呢”

 「私は朝ご飯を食べています。」(I’m having a breakfast.)を中国語に直すと,まずは以下の五通りの言い方が考えられます。

  A 我吃着早饭呢。
  B 我在吃早饭呢。
  C 我正在吃早饭呢。
  D 我正在吃着早饭呢。
  E 我吃早饭呢。

 この中で規範になるのはAとBです。ところで,このAとB,同じなのでしょうか。違うのでしょうか。

 まず,Aの“V着”の“~着”はアスペクト助詞で,Bの“在V”の“在~”は副詞という品詞の違いがあります。

 品詞の違いがあるということは,文法上のはたらきが違うということで,Aの“V着”の“~着”はあくまでも“V”にこだわり,この“V”という動詞の動作または状態が続いているという意味(動作・状態の持続)です。Bの“在V”の“在~”の方は“V”という動詞の動作が行われることで,その動作によってなされるあるコトが進んでいる,事柄の進行に注目している言い方,つまり(動作の進行)という意味だといわれています。


 ところで,動作・状態の持続というのは,これを区分けすると動作の持続状態の持続ということです。それなら,このAの例はどちらなのでしょうか。

 答えはAは動作の持続です。、Bはもちろん動作の進行す。でも日本語ではこの場合は区別できません。

 なお,“~着”には動作の持続状態の持続とにわかれていますが、“在~”は どうして動作の進行とだけあり、状態の進行というのがないのでしょうか。それは動作の進行そのもおが一つの状態だからです。


 上記の“吃”の例では,“~着”と“在~”の意味が日本語では区別できないのですが,すべての動詞がそうかというと、そうではありません。

 例えば,“穿”(着る)の例で考えて見ます。「彼女はワンピースを着ている」という文を中国語でいうとすると、“~着”がいいのか,それとも“在~”が適当なのか、どちらでもいいのか、ということです。

  F 她穿着连衣裙(呢)。
  G 她在穿连衣裙(呢)。

 その答えはFとGとでは意味に違いがあるいうことです。、どうしてなのでしょうか。

 まず、”吃”と”穿”とでは動詞のはたらいたその結果に違いがあります。

 “吃”という動詞はその動作をすると,その結果としてお腹がふくらむということはありますが,しかし外観としてはすぐに分かるものではありません。しかし,この“穿”という動詞は、その動作のその結果は、外観は、一目瞭然です。だから違うのです。

 ですから、この“穿”という動詞に“~着”をつけたFは「着る」という動作を繰り返しているイメージで、訳も「彼女はワンピースを着つつある」になり、動作の持続ということになります。

 Gの方は「着た状態が進行している」ということですから、「彼女はワンピースを身につけている」という意味になり、動作の進行になります。

 また,“坐”という動詞を使って、「彼女は座って本を読んでいる」という例をを考えて見ます。

  H 她坐着看书(呢)。
  I 她在坐看书(呢)。
  J 她在坐椅子看书(呢)。
  F 她在坐椅子看着书(呢)。

 答えで正しいのはHです。J,Fもいいはずです。Iはこの文の核となる動詞は“坐”ではなく,“看”です。さして重要でない動詞に副詞をつけるのは不自然で、ここはJ,Fのように”在”の介詞連語が適当でしょう。

 なお,この“~着”と“在~”は動作動詞にだけつき,“有”といった存在動詞、“知道”といった目に見ることのない知覚や心理活動の状態動詞につくことは、論理的にもありえません。

 例えば心理活動の状態動詞である“知道”は,日本語では「知る」という動詞ですが、中国語の場合は「知る」という意味以外に、「知っている」という日本語なら複合動詞になる意味をももっています。ですから,例えば「私は彼女の携帯番号を知っている。」(I know her handset number.)を中国語で言うとすれば、以下のようになり、持続・進行の語を必要としません。

  M 我知道她的手机号码。

 また,「言う」という動作動詞も「言っている」と意味をふくんでいます。例えば「彼は中国に行ったことがあるといっている。」(He side that he had been China.)を中国語に訳すと,以下のようになります。

  N 他说他已经去过中国。

 ここにも持続・進行の語は必要としません。“说”という動詞の動作は、現実においてはその存在を耳で確かめられますから、“知道”とはやはり違っています。ですから、例えば“正说着你,你就来了.” (君の噂をしてたら、君が現れた)のように”着”をつけることができます。しかし、Nは主語の過去の経験を目的語としている文ですから,”说”という動詞の動作・状態の持続とか進行とかは関係ありません。


 要するに,日本語の「~ている」という表現は,そのカバー範囲が中国語に比べて広いということです。動作動詞の動作・状態の持続進行は当然ですが,それ以外にも状態動詞のときとか,過去の出来事の叙述とかにも用いられています。


 中国語における持続進行を表すはたらきをする語をまとめると,以下の4語です。


  1 V着~(呢)        アスペクト助詞。動作の持続、状態の持続を表す。
    
  2 在V ~(呢)        副詞。動作の進行を表す。  
  3 正在V~(呢)       副詞。動作の進行を表す。“在~”の強調。
  4 V~呢ne         語気助詞。1・2・3の語のつく文の文末に用いて,動作の持続・状態・進行の
                   内容をやわらかく伝える。また,単独でも用い,動作の持続・状態・進行を表
                   す。語句のバランスから省かれることも多い。


 なお,持続,進行の上記の文を否定するときは,“不”ではなく,“没(有)”になります。例えば,FとGの例を挙げると以下のとおりです。

  B 我没在吃早饭。
  F 她没穿(着)连衣裙。
  G 她没在穿连衣裙。
  H 她没坐着看书,站着看书(呢)。

 否定文の文末にはふつう“~呢”はいりません。“着~”は動作の継続なら消えますが,状態の継続なら,残ります。,動作の進行の“在~”も残ります。
[PR]
by damao36 | 2010-05-12 16:47 | 中国語文法 | Comments(1)