<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

体感中国語148―性質形容詞と非性質形容詞(状態形容詞)

 形容詞とは主として人や事物がどういう特徴を有しているのか、どういう状態であるのかを叙述する単語です。英語では必ずbe動詞などの不完全自動詞(get became look feelなど)の後に続いて文の述部を構成しますが、日本語と中国語の形容詞はすでに不完全自動詞の意味まで備えているので、動詞同様単独で述語の核になることができます。

形容詞の文中における用法は二つです。

 一つは叙述用法です。この用法は例えば「你好」「她很漂亮」(彼女はきれいだ)などのように述語として使われているので、こういう文を形容詞述語文といいます。

 もう一つは限定用法です。この用法はさらに三通りにわかれ、一つは形容詞が単独で、あるいは「~」をともなって名詞を修飾し、定語(連体修飾語)を構成する用法です。例えば「好人」(いい人)「雪白的墙」(雪のように白い壁)といった例です。二つ目は単独で、あるいは「~地」をともなって述語動詞を限定する、例えば「糊里糊涂地说(わけわからずに話す)のような状語となる用法です。三つ目は述語動詞の後に位置して動詞の結果や様態、程度、可能、数量に関する情報を補足する補語として用法です。例えば「你说得好」(あんたいいこというね)などです。


 以上をまとめると以下のようになります。
  叙述用法  確かにそういう状態であるという話し手の認定の気持ちを表す。 
  限定用法  a 定語となるので、限定定語用法(ありありとその姿を描く。)
           b 状語となるので、限定状語用法(述語を強める。)
           c 補語となるので、限定補語用法(述語を補う)



 なお、形容詞はその意味と文法的特徴から、ふつう以下のように大きく3つに分類できます。

  (1)性質形容詞  人や事物の性質、属性を表す。単音節(A型)と2音節型(AB型)とがある。
      A型      好  大  高  深  热  忙 慢  早 红  累  长  臭  淡  多   贵

      不A型   不错  不平  不少  不同  不行  不幸  不朽  差不多
      AB型   漂亮  高兴  安静  美丽  认真  可爱  伟大  凉快  丰盛  痛快
           重要  幸福  圆满 芳香 热闹  努力  详细  抱歉  悲痛  彻底  诚恳
           沉默  崇高  抽象  大胆  方便  丰富  复杂  干燥  高大  广大  古老
           寒冷  好看  好吃  好听  黑暗  合适  糊涂


  (2)状態形容詞  すべて複音節形容詞で単音節形容詞の組み合わせからできていて、人や事物の状
              態を表す。それぞれの単音節形容詞の本来の性質が現に存在している状態を表す。
              性質形容詞の組み合わせなので、形は複雑。A型・AB型以外である。
      AA型      高高  大大  轻轻  纷纷  好好儿  小小儿
      CD型      飞快  雪白  笔直  通红  冰凉  滚热  本来  巩固  光明  活泼
      ABB型     绿油油  红通通  热乎乎  香喷喷  干巴巴  黑洞洞  亮晶晶
      AABB型    干干净净  高高兴兴  干干净净  清清楚楚  凉凉快快  地地道道
      ABAB型    冰凉冰凉  滚圆滚圆
      A□AB型    糊里糊涂  傻里傻气  黑不溜秋  脏了咕叽
      很+形+的
   
   (3)属性形容詞  区別詞ともいいます。上記したように形容詞は叙述用法と修飾・限定用法とがある
               のですが、この形容詞は形容詞の特性の一つである叙述用法では使えません。常
              に名詞を修飾して定語となるだけです。日本語では名詞です。ペアになるものと、ペア
              にならないものとがあります。
        (ペア)   男-女  金-銀  正-副  横-竪  雄-雌  単-双  父-母
              天然-人為  民用-軍用  国立-私立  急性-慢性  个别-共同   
              长期-短期  初级-中级-高级

        (非ペア)  粉  别  公共  国产  所有  正式  彩色  袖珍  初步

 大雑把にいうと、動詞が動作動詞非動作動詞状態動詞)に分けられたように、形容詞は性質形容詞非性質形容詞状態形容詞)とになります。
[PR]
by damao36 | 2009-05-31 10:19 | 中国語文法 | Comments(0)

日本は米中の”蚊帳の外”、ならば核をもつか

 産経前北京特派員で、今は政治部の福島香織さんのブログ、前からよく覗いていたのですが、MSNネットに「福島香織のあれも聞きたい」というインタビュー記事があり、その3回目は自民党の福岡比例選出の山本幸三衆院議員でした。http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090530/plc0905300800005-n1.htm

 この記事、全部で5回に分かれています。それぞれのタイトルは以下の通りです。
  (1) 軽武装経済大国の存在感を
  (2) 外務省も新聞社もオバマ政権の情報がとれていない
  (3) デフレを解消するのは日銀しかできない
  (4) 日銀はインフレターゲットに動け
  (5) 小さい国が核を持っても意味がない


 私は山本幸三議員、名前もお顔も全然存じ上げていませんでした。山本議員は元大蔵官僚で、93年に新生党から初当選。その後、新進党、無所属、そして自民党と移り、安倍内閣の経済産業副大臣、現衆議院法務委員長とのことです。ハーバード大学国際問題研究所客員研究員の経験もある、自民党屈指の政策通だそうです。


 福島記者の記事、いつも読み応えがあり、今回も読んでみて、なるほどと思うところがありましたので、3点にしぼって紹介しておきます。

 まずは(1)の「軽武装経済大国の存在感を」のサワリの部分です。

 福島記者 5月の連休中、日米国会議員会議出席のために訪米されたそうですね。まず、そのときのお話から。
 山本議員 そこで今回行ってみて、一番ショックを受けたのは、米国側の共同議長、民主党、共和党ひとりずつ議
       長がいるんですけど、民主党側議長はマクダマス(下院議員)っていう人なんだけど。彼はずいぶん長
       い間、この会議にでていて、親日派の最たる人。共和党はペトライ(下院議員)、この人は議長をやめた
       いといっていて、でもなかなか後釜がいないらしい。で、マクダマスさんが、はっきりと『ジャパン・イズ・       
       オフ・ザ・レーダーズカーテン』(日本は米国のレーダー監視網の外にある)つまり、米国の関心の外に
       あると言明されましたね。少なくとも、アメリカ議会の中では日本はもう関係ない、という感じ。それはワ
       シントン(米国政府)の空気を示している。親日派の彼がそう言わざるをえない状況に、ワシントンはなっ
       ているという状況ですね。彼も、大変残念なことだけれど、やむをえない状況だ、と。
        今ワシントンで何が起こっているかというと、猛烈に中国志向で、中国一色になってきましたね。政権
       の関心もそうだし、議会の連中の関心も中国だし、それを反映して、ワシントンのロビイストやシンクタン
       クも中国一色。シンクタンクも中国に関するシンポジウム、会議をやると、人が大勢くるけど、日本をテー
       マにしても誰も集まらない。……。


 次に(2)の「外務省も新聞社もオバマ政権の情報がとれていない 」です。

 福島記者  山本先生は、ジョセフ・ナイ氏が駐日大使に内定しているという情報はないと前からおっしゃってい
       た。で、ジョン・ルースという誰も予想していない人が来ることになった。そのことについて日本外務省は
       全然情報がとれていなかったようで。
 山本議員  僕もルースという人は知らなかったけど。外務省が事前になにも知らされていなかったというのは恐
       るべきことですよ。少なくともナイではなさそうだということぐらいつかんでおかないとな。日本の新聞は
       ナイに決まったと書いちゃって、それ以降なにも訂正していないけどな。
 福島記者  新聞社の立場からいうと、違うらしいというのが分かっていても、次が決まっていないと、否定も打て
       ない…。
 山本議員  大誤報だよ。つまりオバマ政権の情報がぜんぜんとれていないということ。外務省もそうだし、新聞
       社もね。結局今までつきあってきた国務省とか国防省のとこの情報しか入っていないわけでしょう。国
       務省は確かにジョセフ・ナイ氏を推薦したのだろうけどな。それを鵜呑みにしているわけで。ところがまさ
       に、政権中枢は関係ないわけだ。
 福島記者  ルース氏は大統領に近い方だから、日本にとっていい人事だという声もあったけれど。
 山本議員  なーにを。金出してくれたから、ご褒美にちょっと日本で遊んでらっしゃい、という程度でしょう。どう
       せ、大勢に影響のないところだから、ご苦労さん、ありがとうさん、と。何ができるんだよ、日本のことを
       何も知らないで。いるだけの大使だったら誰だってできるだろう。

 
 3つ目は(5)の「小さい国が核を持っても意味がない」です。

 福島記者 しかし、同盟国のアメリカの関心が薄れ、北朝鮮が核保有国となると、日本としては何か自分を守りた
       くなりますよね。
 山本議員  だから、こういうときに、調子にのって核武装しましょうっていう議論がおこってくるのが危険なんだ
       よ。そこは、核問題について、もう少し、しっかりした議論をしないといけない。核兵器ってなんなのか。
       核抑止論っていうのがあるよな。核っていうのは、日本とか北朝鮮のような小さい国が持ったところで、
       本当に役に立つだろうかってことだよね。相互確証破壊(一方が核兵器を使えばお互い必ず破滅する)
       っていう理論があるんだけれど、そこが核兵器の基本的理論だけど、核というのを持って配備しましょう
       といったら、それだけで周辺国の危機感を生んで、先制攻撃されちゃったら終わっちゃう。核を持とうとし
       たら、向こうから東京に一発やられて、こっちはそれで終わっちゃう。そりゃ、中国とかロシアとかアメリカ
       とか大きい国だったら、どっかやられても、反撃できるから、相互抑止になるわけだ。こんな小さな国で
       は抑止なんて起こりようがない。


               (保守党議員はみんな日本核武装推進論者だと誤解していた 9条の会シンパ ネズミ)
[PR]
by damao36 | 2009-05-31 08:41 | 政治 | Comments(0)

体感中国語147―動作動詞と非動作動詞(状態動詞)

 動詞はわが国では「はたらきことば」と呼ばれていたこともあり、人や事物の動作・作用、存在・状態あるいは性質・判断・認識などを述べるはたらきをします。

 文中では述語の核となり、日本語では文中の共演者である出来事を表す名詞(句・節も含む)を文末で結び付けます。しかし、英語と中国語は共演者となる名詞/句/節を前後に配し、前に配置されるのが主語で、後置が英語では目的語か補語、中国語では賓語になります。

 日本語は次に来る語との接続関係から未然形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形という6つの活用があり、英語はテンスとアスペクトの関係から原形、現在形、過去形、過去分詞、現在分詞といった活用があります。また、英語では主語の人称や単数複数によって、動詞は影響を受けて語形が変化します。しかし、中国語は日本語や英語のような活用、変化はまったくしません。

 英語はbe動詞と一般動詞とに大きく2分し、疑問文や否定文を作るときに違いが現れますが、be動詞に該当する中国語の「」には、そのようなことはありません。

 でも、中国語の動詞を大きく2つに分けて動作動詞非動作動詞状態動動詞)とする見方を知っておくと、中国語を理解する上でなにかと役立つこともあるので、私なりの分類を紹介しておきます。

  動作動詞 (具体的な動作を示せる動詞)
  ①変化性動詞
     打   吃   走   到   忘   出发   毕业   结婚   

  ②持続性動詞/静態動詞
     看   说   吃   订   养   租   

  ③方向動詞
     上   下   进   出 回   过   开   起
     上来   上去   下来   下去   进来   进去   出来   出去
     回来   回去   过来   过去   开来   开去   起来   起来



  非動作動詞/状態動詞
  ④存在・変動動詞
     有   在   存在   增加   缩小   

  ⑤関係動詞
     是   叫   姓   像   等于   

  ⑥知覚・認識動詞
     知道   相信   关心   明白   了解   熟悉   理解   

  ⑦心理活動動詞 
      爱   恨   饿   困   怕   想   要
      羡慕 讨厌 喜欢 生气 同情 体贴   


  ⑧生理現象動詞 
      病   醉   醒   发烧   咳嗽

  使役動詞 
      叫   让   使   请   命令    

  助動詞
      要   想   肯   敢   得   该   能   会   可以   


 この分類の中のは限りなく介詞に近い用法で、介詞とみた方が文法的にはすっきりすると思うのですが、ほとんどの書が動詞としてあげています。の助動詞は中国語文法では能願動詞とも呼ばれ、一品詞としては認めてられていません。それにもかかわらず、辞書等ではほとんどが助動詞という区分をしています。品詞をたてるべきかどうか、迷うところです。

 要するに中国語動詞は大きく二つに分けると動作動詞非動作動詞/状態動詞ということになります。

 その見分け方としては、の①は「~という動作をする」、②は「~という動作をして、それを繰り返しつづけている」と具体的動作をイメージしまがら思い描くと、違いがわかってきます。③は「~へ移動する」というイメージです。

 の④は「~がある/にある/~している」、⑤は「~である/にある」、⑥、⑦、⑧は「~ている」と補助用言を加えたいい方で訳す方が自然です。このBの⑥、⑦、⑧は形容詞の非性質形容詞である状態形容詞とよく似ています。

 の⑥、⑦、⑧を具体的に説明しておきましょう。例えば、「知道」「」「」という語、中国語では1単語ですから日本語も1語ですまそうと、「知る」「愛す」「病む」と訳したのでは、漢文訓読口調になってしまいます。「知っ て いる」「愛し て いる」「病ん でいる」といずれも補助動詞をつけて、3単語でいう方が自然な日本語になるということです。

 なお、非動作動詞はその語の意味から、結果として以下のような特徴が生じることになります。

  1 補語が付く場合は程度・可能・数量補語だけで、結果・方向・様態補語はつかない。
  2 副詞“~”による進行形はない。
  3 アスペクトとは関係しない。したがって、アスペクト助詞(了 过 着)がつくことはない。
  4 “有 在 能”を除いて、“”では否定できない。
  5 使役、受身文にはならない。
  6 命令形にはならない。

 
 これはきわめて状態形容詞に近い特質なので、形容詞とあわせて状態述語と呼ばれることもあります。
[PR]
by damao36 | 2009-05-30 09:32 | 中国語文法 | Comments(0)

目からウロコ  「世論が大事」と言うデタラメ

 田中良紹さんの「国会探検」に「世論が大事」と言うデタラメという記事が17日付でアツプされていました。
 私にとっては目からウロコ、その記事を問答形式に勝手に直して、答の部分はそのまま一部引用で、紹介することにしました。
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2009/05/

: 新聞やテレビが行なうRDD方式の「世論調査」の問題点はなにか。本当に「民意」を代表しているのか。
: かつて新聞やテレビがこれほど「世論調査」を行なうことはなかった。多額の費用がかかるため余程の時にし
  かしなかった。調査の対象に偏りがあっては正確な世論はつかめない。人と時間をかけて丁寧に行なう必要が
  あった。調査対象に性別、年齢別、地域別、職業別などで偏らない対象を選ばなければならない。だから大変で
  滅多にやらなかった。
   ところが最近は毎週のように「世論調査」が報じられる。そんなに頻繁だと多額の費用はかけられない。かつ
  てとは異なる方法(RDD=)で安価に済ませている事になる。
          RDD:コンピューターの乱数計算を基に電話番号を発生させ、電話に出た相手に質問を行なう方法。

  問題点1: 電話をする時間帯が昼間で相手が個人住宅なら、電話に出るのはお年寄りか女性が多くなるはず
        だ。それなら性別、年齢別、職業別の偏りを無くすための方法を他に講じているのだろうか。それとも
        それらの要素は切り捨て、とにかく電話に出た相手だけで調査を済ませているのか。

  問題点2: 次に質問の仕方である。相手は答えるのが面倒だと思っているに違いない。いい加減な答えが返っ
        てきたらどうするか。かつてテレビやラジオで数多くのインタビューをやった私の経験から言えば、聞き
        方次第でこちらの期待する回答を得るのは至極簡単である。そういう聞き方をしていないか。
 
  問題点3: 質問の相手が新聞の読者だったらどうなるか。新聞記事に影響されているはずである。回答の内容
        は新聞社の見方と同じになるはずだ。それだと「世論調査」は新聞社の論調を「国民世論」に見せか
        けるための道具になる。官僚が審議会の委員に対して官僚の考えと同じになる資料を見せ、思惑通
        りの回答を引き出し、官僚が作成した政策を「民意による」と見せかけるのと同じである。新聞は自ら
        の主張を今度は「国民世論」として再び社会に発信する事が出来る。恐ろしい世論誘導の方法であ
        る。恐らくメディアはこの手法を官僚から学んでいる。
        ≪参考≫ 因みにアメリカには世論調査の専門会社がいくつかある。最も有名なギャラップ社は70年
              以上の歴史を持ち、世界30カ国以上に事務所を置いている、世論調査の正確さに命をか
              ける専門会社であるから信用を失ったら会社は潰れる。日本の新聞とテレビのような片手
              間の調査とは訳が違う。本格的な世論調査とは言えない調査で世論を操られる日本人は
              誠に不幸な国民である。


:小沢氏代表辞任と民主党代表選における新聞やテレビの報道、政界反応の問題点は何か。

  問題点1: 民主党代表選挙で新聞とテレビは、「岡田優勢」の「国民世論」と「鳩山優勢」の「民主党世論」を比
        較して、あたかも民主党が国民世論に背を向けているかのような報道を行なった。しかしその「国民世
        論」は先ほどの手法で新聞とテレビが作り出した「世論」に過ぎない。新聞とテレビの仕事は世論誘
        導ではなく、政治力学を読み解き、政局を自分の頭で「考える」ことだ。ところが「考える力」を感じさせ
        る解説には全くお目にかからない。どこかの政治家の受け売りばかりが「政局解説」として流れてい
        る。
 
  問題点2: 新聞とテレビもひどいが「世論が大事だ」とのたまう政治家にはもっとがっかりさせられる。「世論」は
        勿論尊重するが、「世論」の通りに動く政治家では存在する意味がない。全てを国民投票で決めれば
        良い話になる。「民主主義は最悪の政治体制」と言ったのは英国のチャーチルだが、ギリシアの昔か
        ら国民の言う通りにしたら「国家は潰れる」。「国民は愚かで誤りを犯す」と言うのが民主主義の大前
        提である。いかに国民に不人気でも深い洞察力と見識で国民を指導する政治家が居て初めて「民意
        の尊重」が生きてくる。欧米では自明の事がこの国では理解されていない。

  問題点3: 世論調査で「辞任しろ」と言われて辞任する政治家が居たら「政治家失格」である。これも欧米では
        自明だが、この国ではそれを理解できない政治家がいる。一体政治の何を学んできたのだろうか。民
        主主義で最も大事なのは国民の選挙で示された「民意」である。選挙結果は最大限に尊重される。選
        挙に勝利したリーダーを党内の事情で交代させる政党は欧米にはない。
         英国ではサッチャーもブレアも国政選挙に勝利している間は10年以上も党首選挙は行われなかっ
        た。それに倣えば一昨年の参議院選挙で民主党を勝利させた小沢代表を交代させる理由は全くな
        い。だから昨年民主党が代表選挙を行わなかった事は正しい。ところがそれを理解できない政治家と
        メディアが居て、党員だけの選挙なのにやらないのは「国民に開かれていない」とか「民主主義的でな
        い」とか馬鹿丸出しを言っていた。民主主義に無知なのである。


: 今回の民主党代表選挙をどう評価しているのか。
: 今回の代表選挙は小沢代表が「挙党一致」を求めて辞任したのだから、これも民主主義の論理に従えば小沢
  体制が継続されるのが常識である。次の選挙で民主党が敗れればそこで小沢体制を交代させる必要が出てく
  る。それが「民意の尊重」であり民主主義の王道である。ところがそれとは関係のない雑音ばかりで動いている
  政治は、この国の民主主義が「成人」に達していない事を示している。選挙直前に検察が政界捜査を行う国を世
  界では「後進国」と呼ぶ。そんな国で「世論が大事」は所詮民主主義とは関係のないデタラメに過ぎないのであ
  る。

          (『文春』中西輝政論文「子供の政治が国を滅ぼす」、その意味がやっとわかった ぼんくらネズミ)
[PR]
by damao36 | 2009-05-21 17:33 | 政治 | Comments(0)

体感中国語146―『バカの壁』、中国語ではどういうのか。

 この前ある人と口論して、「お前は『バカの壁』だ」といわれました。

 さて、この「バカの壁」、中国語ではなんと訳せばいいのでしょうか。

 「バカ」は「傻瓜」(shǎguā)か、「混蛋」(húndàn)が、それとも「二百五」(èrbǎiwǔ)か、でしょう。

 「壁」は「」(qián)、または「」()。

 だったら、「バカの壁」は「傻瓜的壁」、あるいは文語的にして「傻瓜之壁」ではどうでしょうか。


 でも、どうも中国語らしくなく、落ち着きません。日本人なら空間を読むとか、余白の美をこのむ傾向があるからか、名詞句表現だけで、十分ある世界を想像することができますが、中国人はどうも疑問です。

 やはり「何か」だけでは不十分で、「何かがどうする」までいわないと満足できないのではないでしょうか。むしろ「何か」よりも具体的な動作である「どうする」の方を重視するのではないでしょうか。

 そこで、もう一度、養老猛司さんが込めているこのタイトルの意味を考えてみました。私はその意味を以下のように解釈しました。

  「バカな奴ほど自分の周りに勝手に壁を築き、世の中はこんなもんだと、決め込んで、つまり  思考停止
 の状態で生きている。

 もっと短くいうと「バカは自分で築いた壁にすぐ頭をぶっつける」です。

 そこで「ぶつける」という動詞は何かを考えました。中国語は「ぶつかる」という自動詞も、「ぶつける」という他動詞も動作動詞は「」(pèng)でしょう。そこで以下のように訳しました。

 「傻瓜碰壁」(shǎguā pèng bì


 どうでしょうか。中国語らしくなったでしょうか。「ぶつかる」を引くと「」のほかに、「」(zhuàng)もありますが、「」と「」、なんだかぶつかり具合が少し違うようです。
[PR]
by damao36 | 2009-05-18 16:13 | 中国語 | Comments(2)

民主党代表選挙、ほっとしました

 民主党代表選挙、結果は29表差で鳩山由紀夫さんに決まりました。

 鳩山さんの当選あいさつ、やはり年長者らしく岡田さんに配慮したさわやかな話しぶりでした。

 私は3月段階までは民主党の代表は岡田さんがいいと思っていましたが、ここ数日は鳩山さんがいいと思うようになっていたので、ほっとしました。

 小沢院政、いやそれよりも漢字のイメージも悪い小沢傀儡という活字が、言葉が、メディアで躍るかもしれません。民意から遠いと批判され、これで政権交代が遠のいたといわれるに相違ありません。厳しいでしょうが、それを乗り越えてほしいと願っています。

 マスコミがクリーンな岡田さんというイメージを流していましたが、考えてみると岡田さんの父親はイオングループ会長で、全国イオン店の多くは西松建設が建てたと西松建設HPにも載っているのですから、検察はなにか握っているかもしれません。

 あの毒舌家の勝谷誠彦さんが自分の配信記事で語っているように、「一瞬政権をとらせたあとに地獄の底に叩き落とす罠」が用意されていたかもしれません。

 鳩山新代表の演説にありました上杉謙信の言葉「政権は小事に過ぎない、その後の背筋を伸ばして・・・・・」云々、そんな政権実現をめざしてください。

                                       (新しい夜明けを待ちわびる 老いぼれネズミ)
[PR]
by damao36 | 2009-05-16 22:21 | 政治 | Comments(0)

用意された”クリーン岡田”のスキャンダルとは

 昨日は「岡田氏のスキャンダルはすでに用意されている」という一文を書きましたが、その内閣官房副長官などが用意しているであろう岡田新総理恫喝用スキャンダルがあるとすればこんなことではないのか、それを思わせる記事がありましたので紹介します。

 それはなんとあの毒舌家の勝谷誠彦さんの配信メルマガ記事です。お読みください。


さて岡田さんである。なぜ民主党の議員たちの多くは、身内の彼のこうした現状を知っていながら口をぬぐっているのだろうか。
あるいは、小沢さんなどとはケタがひとつもふたつも違うであろう、西松建設と岡田一族とのかかわりを察知しながら、同様な批判はしないのか。検察が動くか動かないかということが行動基準ならば、それは公党としての自浄作用を失っている。
よくぞこれだけ建てたものだ。
http://www.nishimatsu.co.jp/cnstrct/ken/com/list.htm
まあイオングループは私企業なので公開入札をする義務はないのだが。
カニは送り返しても個人献金に関してはなかなか岡田さんは裕福である。
http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/archive/2009/05/14
私は何も今回の代表選挙に関して岡田さんの足を引っ張ろうとしているわけではない。もちろん、こんなダブルスタンダードで小沢さんという「勝つための鋭利な道具」を捨てる民主党の阿呆ぶりには唖然とするし、平野さんが叱っているような議員としての矜持のなさにも呆然とする。もう口開けっ放しで涎ダラダラじゃ(泣)。
しかし、もっとも私が恐れるのは何といっても政権交代がなされずに、今の利権談合共産主義政権が続くことだ。

よく聞いて欲しい。利権談合共産主義者たちは権力を維持するためには何でもやる。今回の検察の動きを見ればわかる通りだ。
私はむしろ「一瞬政権をとらせたあとに地獄の底に叩き落とす」という罠を恐れるのである。
西松建設の捜査で、検察当局は膨大な資料を手にしている。しかし、なぜか捜査はそこからピタリと止まり、噂された自民党内の政治家に関しては秘書の逮捕さえなかった。あれほど検察としては大マスコミにリークをしておきながらである。「こっちもやっていますよ」というアリバイ作りだったと考えるのが正しいだろう。
では検察は何を待っているか。
民主党の岡田克也新代表の誕生だとすればどうだろう。さきほどのリンク先で見ていただけばわかる通り、清廉潔白な岡田さんと言っても一族のしがらみからは逃れられていない。そしてその一族が経営するイオングループはあの通り西松建設とズブズブだ。
これは悪意で言うのではなく、関係が深く広くなると、どうしてもどこかに癒着や腐敗が生まれて来るのである。
秘書による政治資金の記載問題で前任者を辞任に追い込んだのである。本人に至る具体的なカネの流れの中で不祥事が発覚したならば岡田新代表は、いや民主党はもたないだろう。
あるいは、検察はその爆弾を破裂させることなく、抱き込むかもしれない。役人の一部にそうやって首根っ子をつかまれていながら霞が関改革などできるのか。
政権交代を望むがゆえに、明日の代表選を前にかかる資料を公開しおくのである。(以上、勝谷誠彦氏談)



  (これが本当なら 「民主主義国日本」なんてちゃんちゃらおかしい まだシナの方がましだと思う 媚中ネズミ)
[PR]
by damao36 | 2009-05-16 11:25 | 政治 | Comments(0)

岡田氏のスキャンダルはすでに用意されている

  「小沢氏の政治献金収入金額ランキング71位、本当か」をアップし、昼飯を食べてから性懲りもなくブログを覗いていたらTBが入っていました。それをたどっていったら「なぜマスメディアは岡田克也を応援するのか」という記事にぶつかりました。http://suigei.blog10.fc2.com/blog-entry-1033.html

 そこにはフリー・ジャーナリストでしょうか、田中良紹という方が早くも3月段階で、以下のような記事を書いているとの引用がありました。

   …そして権力の狙いは民主党代表に岡田克也氏を当てることだ。なぜなら官房副長官の手によって岡田
  氏のスキャンダルは既に仕込みが終ったからだ。最近自民党からは「小沢が辞めて岡田に代われば選挙は
  自民党に不利になる」という話が出ているらしい。誰に聞かせようとしているか。民主党議員に聞かせようと
  している。それを聞けば自民党の思惑があからさまに見えてくるではないか。「自民党に不利になる」と言っ
  て「小沢おろし」を促進させようと言う事だ。
   岡田氏が代表になればスキャンダルは表面化しない。表面化させずに裏で「恐喝」する。「言う事を聞かな
  ければ表に出すぞ」と言って脅す。これで霞が関は民主党に政権交代した後も民主党を手なずける事が出来
  る。自民党の政権復帰も3年以内には実現する。スキャンダルは岡田氏本人のものでなくても良い。家族、兄
  弟、親戚のスキャンダルでも「脅し」の効果はある。むしろその方が本人もつらい。権力者を操縦するため家族
  のスキャンダルが「脅し」の材料に使われた例を私はこれまで数々見てきた。…
  http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2009/03/post_172.html
 
 岡田氏は地方の中小商店主には敵であるイオン・グループの御曹司なのですから、ありそうな話ですね。

 そこで上のサイトで田中良紹氏の「記者の資格」を読んで見ました。

 記事内容、目からウロコでした。

 その書き出し「この国では頭が悪くないと新聞やテレビの記者にはなれないのだろうか」です。早速、その言葉、誰でもいいから、見かけた記者さんにぶつけてみたいですね。


                     (この話、はじめは痛快だったが、やがて背筋がゾーッとしてきた 臆病ネズミ)
[PR]
by damao36 | 2009-05-15 17:50 | 政治 | Comments(0)

体感中国語145―自動詞と他動詞、自動詞文と他動詞文

 英語の辞書には動詞のさらなる区別として自動詞と他動詞とが表記されています。しかし、日本語や中国語の辞書にはふつうその表記はされていません。どうしてなのでしょうか。

 例えば「go」という単語は自動詞です。そこで「公園に散歩に行こう」というのを英語と中国語でいってみましょう。

    Let’s go for a walk in the park.
     (動  詞)  (補    語)  (副  詞  句)
    我们 去 公园 散散 步 吧!  Wǒmen qù gōngyuán sànsàn bù ba!
     (主 語)(動詞)(賓 語)(動詞)(賓語)


 英語はSVC文で、中国語はSVOVO文、つまり連動文になります。英語の動詞はは自他の区別が厳格で、自動詞のときはどうしても前置詞を介さなくてはつながりません。しかし、中国語の場合は、日本語もでしょうが、その区別がはっきりせず、動詞の後に名詞を持ってくれば、その名詞は賓語(ほぼ目的語と同義)になるのです。

 呂叔湘氏の動詞述語文の文型に他動詞文と自動詞文とがあり、その例文を各1例引用します。

 他動詞文  你 学过 英语 吗? Nǐ xuéguò yīngyǔ ma?
         Had you learned English?
 自動詞文  你 明天 去 上海 吗? Nǐ míngtiān qù Shànghǎi ma?
        Will you leave for Shanghai tomorrow?

 「learn」は他動詞ですから前置詞を必要とせず、そのまま目的語に連接できましたが、「leave」は自動詞ですから前置詞「for」が必要になります。ですから、英語を母国語としない私たちの語感覚とは違っているので、まずその区別に戸惑ってしまいます。

 しかし、中国語の場合は動詞のあとにまだ何らかの物事をつづけたいとききは、その動詞は他動詞なのです。もう何らかの物事をいう必要がないときはその動詞は自動詞なのです。要するに、動作の及ぼす対象である何らかの物事(名詞・句)を必要とする語、それをいわないと語句の意味が未完成だと思われる動詞は必然的に他動詞になるのです。中国語では「及物動詞」といっています。その反対に動作の及ぼす対象である何らかの物事(名詞・句)をいう必要のない場合は、その語は自動詞です。中国語では「不及物動詞」です。

 日本語の場合は、例えば「起きる」と「起こす」といったように形の上ではっきりとした自動詞と他動詞の対立のある場合が多いのですが、中国語の場合は語形による区別はなにもありません。

 もともと単語にはその表す意味により、後ろに対象となる賓語を必要とする語があり、つまり他動詞と、その必要を感じない語、つまり自動詞とがあります。日本語の場合は多くは語形を変える必要が生じますが、中国語の場合は語形変化はしないので、形の上から区別することはできません。ですから、動詞の後ろに名詞がきている場合はVO構造ですから、その後は他動詞なのです。賓語となる名詞(句)とその前にある動詞がうまくつながるように意味を取ればいいのです。

 ですから、同じ単語でも、当然自動詞と他動詞とでは、基本的な意味は変わらなくても、訳語が異なることがあります。

  A  他来了。     Tā lái le。
  B  来一瓶啤酒。  Lái yì píng pījiǔ。

 Aは「彼が来た」で、「」は「来る」の意味になります。

 Bは語順のままだと「来い。一瓶のビール」ですが、これでは不自然ですから、自然な日本語なら「ビールを一本持って来てください/ちょうだい」という意味になります。


 なお、中国語の他動詞の中には離合詞とよばれるものや二重目的語をとる動詞があります。この2つも注意が必要ですね。
[PR]
by damao36 | 2009-05-13 17:21 | 中国語 | Comments(0)