<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

中国崩壊前に米国がコケるとは夢想だにせず

今年を振り返ると前半は中国問題でもちきりでした。

1月30日にJTなどが23品目を自主回収始めた毒入り餃子事件、3月14日にラサを中心にして発生した大規模なチベット騒乱、3月31日からはじまり、4月26日に長野入りした北京オリンピックの聖火リレーの騒動、5月12日は6万人余りが死亡した四川大地震、8月8日は“待望”の北京オリンピック開催

北京オリンピックが終われば中国の経済はバブルがはじけ、一気に崩壊もと予想されてていた方も多く、半分はそうなるかもしれないと私も思っていたのでしたが、その前にアメリカがコケて、100年に一度の経済危機に陥り、日本もリストラの嵐が吹きまくるとは、素人の私は全く夢想だにしませんでした。

私も中国は崩壊するかもしれないと思い、「中国変革期待論か、中国崩壊期待論か」(8月5日)とか、「中国変革を現政権に期待しますか、しませんか」(9月6日)とかを書いたりしました。
http://lailai-hanyu.at.webry.info/200809/article_1.html
http://lailai-hanyu.at.webry.info/200809/article_1.html
http://lailai-hanyu.at.webry.info/200812/article_12.html



ところで、前回の「3月に予測されていた「ドルの崩壊」」で紹介したフリーの国際情勢解説者田中 宇さんの記事「ドルの崩壊が近い」、全部で6つの小見出しがあるのですが、その一つに「チベット騒乱と中国のドル離れ」というのがありました。この記事はチベット騒乱4日後の3月18日に書かれているのですが、その後の既成マスコミやネットでは見かけない見方で、なるほどと私は感心して読みましたので、その内容を紹介しておきます。

チベット騒乱と中国のドル離れ
 もう一つのドルペッグ大国である中国では、先週からチベットで騒乱(自治要求運動)が起きている。中国は今夏の北京オリンピックを成功させ、欧米中心の国際社会の中で大国として認めてもらおうとする戦略をとっているが、チベット人は北京五輪の5カ月前という今のタイミングで騒乱を起こし、欧米日にもともと多かった反中国的な世論を喚起して、欧米を五輪ボイコットまで引っ張っていこうとしている。
 チベット人による独立・自治拡大要求の運動は、中国共産党が政権を取った直後の1950年代から、冷戦の一環として米英の諜報機関が亡命チベット人を支援して持続させている、米英の諜報作戦でもある。その歴史から考えて、今回の騒乱も、北京五輪を成功させて大国になっていこうとする中国政府の戦略を壊そうとする、米英諜報機関の支援・扇動を受けて行われている可能性が大きい。
(アメリカでは「多極主義者」と「米英中心主義者」が暗闘しているという私独自の図式から見ると、五輪の選定会で北京を勝たせたのは多極主義者であり、五輪を潰すために「これが最後のチャンスだ」と言ってチベット人の運動を扇動したのは米英中心主義者である)
 チベットの騒乱が今後どこまで拡大するかわからないが、もし国際的な五輪ボイコットに発展した場合、中国は面子を激しく潰され、絶望する。すでに中国のテレビでは、チベット族の暴徒が、ラサの漢民族の商店を破壊する映像が繰り返し放映され「勤勉な漢民族をねたむ一部のチベット族が暴動を起こしている」という図式が、中国人の大半を占める漢民族の頭の中にインプットされている。騒乱での死者の多くも、チベット族に殺された漢族であるとされている。
 やがて中国の世論は「米英がチベット族を扇動して暴動を起こし、北京五輪を潰そうとしている」という見方になる。最終的に五輪がボイコットされた場合、中国の世論は反欧米の方に傾き、ロシアと似た反米ナショナリズムが席巻する。
 従来の中国は、親欧米を保ち、欧米に認められて大国になろうとしてきた。プーチンのロシアは、中露の安保組織である「上海協力機構」などを通じて、中国をロシアと結託した反欧米の方向に持っていこうとしてきたが、中国はロシアの画策には乗りたがらなかった。しかし、チベットの騒乱が五輪失敗につながり、中国政府が親欧米を保った大国化の戦略に見切りをつけたら、その後の中国はロシアと結束し、反欧米の色彩を強めるだろう。
 以前なら、中国とロシアが組んでも大した影響はなかったが、今は違う。中国・ロシア・中東産油国が、世界の富のかなりの部分を握るようになり、しかもアメリカはドル崩壊と金融危機で急速に経済力を減退させている中で、中露が結束し、そこにGCCとイラン、ベネズエラなどの産油国が加勢したら、欧米中心の世界は終わり、覇権は非米諸国の間で多極化する事態になる。
 日本人の多くは中国が嫌いなので、チベット騒乱で北京五輪が失敗したら「ざまあみろ」と思うだろう。しかし、実はそれは自滅的な間違いである。北京五輪の失敗は、中国をドルから自立させて、ドルの崩壊、ひいてはアメリカの覇権崩壊を早めることにつながる。中東大戦争が起きた場合のGCCの反応と同じで、中国に関しても、米中政治対立が通貨のドル離れを引き起こす。ドル崩壊でアメリカは弱体化してアジアから撤退し、日本は唯一絶対の後ろ盾を失い、中国に頭を下げて友好国にしてもらうか、自閉的に衰弱をしのびつつ鎖国するしかなくなる。
http://tanakanews.com/080318dollar.htm



最後の段落、私が下線を引いたところ、わが国は本当にそうなるのでしょうか。広い視野からドル崩壊を的確に予想している方なので、この見方も当たっているのではないでしょうか。



         (私も予知能力は高いとうぬぼれていたが、世の中上には上がいるものだと反省している ネズミ)
[PR]
by damao36 | 2008-12-27 10:34 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語129―疑問語は10個だけでいいのか

中国語の重要な疑問語は「谁、什么时候、哪儿(哪里)、怎么、怎么样(怎样)、什么、为什么、多~、多少、几」の10個とし、例を挙げて説明しました。その例文の英語訳で使われている英語の疑問語を見てみると、以下のとおりでした。

Who (谁, 什么人, 哪位
When (什么时候)
Where  (那儿, 那里, 什么地方)
What  (什么)
Why  (为什么, 怎么)
How  (怎么, 怎么样, 怎样, 多, 多少, 几)
   ~about(状態)
   ~old(年齢)
   ~far(距離)
   ~long(長さ)
   ~many(数量)
   ~much(数量)
   ~soon(回数)
   ~tall(高さ)


上の英語の疑問語一覧を眺めていて、「which」がないことに気付きました。さっそく『牛津精选 英汉•汉英词典』を引いてみました。 (日本語訳を付加するなど、一部変更。)


which
1 adj,  哪一个;哪一些; 
      Which way shall we go―up the hill or along the road?
      我们走哪一条―上山还是沿这条路走? (私たちどの道を行ったらいいの。山の方、それともこの道。)

2 Pron, (指前面提到的事物):
      This is the car which she drove.
       这就是她驾驶的那辆汽车。 (これが彼女が運転していたあの車だ。) 
      His best film, which won many awards, was about Gandhi. 
      他的最佳影片,就是荣获许多奖的那一部,是关于甘地的。 
      (彼の一番いい映画は数々の賞を受けたあの作品、ガンジーに関するものだ。)

3 Pron[正式用于](指前文的内容):
      He said he had lost the key, which was untrue.
      他说他已遗失了钥匙,那是瞎说。 (彼はカギを失くしたというけど、それはでたらめだ。)


23関係代名詞の用法ですから、疑問文に関わるのはの「哪一个」(「哪一些」は複数)の形容詞用法です。

でも、「which」には疑問の代名詞もあるはずだと思って、『英和辞典』から例を拾ってみました。


1  Which is your book?
  哪个书是你的。 (どれがあなたの本ですか。)
2  Which of those girls do you like?
  她们当中你喜欢哪个姑娘?  (あの子たちのうちでどの子がすきですか。)
3  You chose which?
  你选了哪个? (どちらを選んだって?)


1の例、「哪个」を主語にして「哪个是你的书」というのは不自然で、理由はよくわかりませんが、「哪个是你的」か、「哪个书是你的」か、「你的书是哪个」でしょう。

2は「姑娘」がなくてもいいでしょう。でも、の例もでしたが、この「哪个」という語は単独で使われていても必ずその後に話題の名詞が省略されています。ですから、もともとは名詞を修飾している形容詞です。

3も「你选了哪个(东西)?」と「东西」といった語が省略されているといえます。

とすれば、中国語辞典に代名詞が落ちているとあげつらうことはできないかもしれません。


あと英語の疑問語として「whatever, whenever wherever, whichever, whoever」があります。関係代名詞の用法が中心ですが、疑問の代名詞のはたらきもありますので、その例を挙げてみました。

Whatever is it? 
那到底是什么? (それは結局なんなのですか。)

Whenever did you find time to do it?
什么时候有空做这事?  (いつひまを見つけてこれをするつもりですか。)

Wherever are you going?
你究竟到哪里去?  (彼はどこへ行こうというのですか。)

Whichever did you chose?
你究竟挑哪个?  (結局どれを選ぶのですか。)

Whoever can that be?
那究竟是谁呢?  (あいつ、いったいだれなんですか。)

この5つの疑問代名詞のはたらきは単純な疑問ではなく、語り手の「驚き、不信、当惑」の気持ちの表現でしょう。
[PR]
by damao36 | 2008-12-22 13:31 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語128―疑問語があっても疑問文でない文

10個の疑問語「谁、什么时候、哪儿(哪里)、怎么、怎么样(怎样)、什么、为什么、多~、多少、几」が使われていても、疑問文ではない文があります。

これはなにも中国語だけに限るものではなく、日本語にだって英語にだってたくさんあります。まずは例文を挙げておきます。

1 谁都不知道他。  Shéi dōu bú zhīdào tā ?
   Nobody knows him.  (だれも彼を知らない。)
2 还没决定什么时候出发。   Hái méi juédìng shénme shíhouchūfā ?
   It is undecided when to start.  (いつ出発するか決めていません。)
3 我不知道他在哪儿。   Wǒ Búzhīdào tā zài nǎr ?
   I don’t know where they are.  (彼がどこにいるか知りません。)
4 你愿意怎么办就怎么办。   Nǐ yuànyì zěnme bàn jiù zěnme bàn ?
   Do as you please.  (したいようにしなさい。)
5 这饭店并不怎么样。   Zhè fàndiàn bìng bù zněmeyàng ?
   This hotel is not so good as we expected.  (このホテル、どうということないなあ。)
   想想从前怎样,想想现在怎样。   Xiǎngxiǎng cóngqián zěnyàng, xiǎngxiǎng xiànzài zěnyàng ?
   Thinkof the past and look at the present.  (過去はどうだったか、今はどうなのか。)
6 我饿了,想吃点儿什么。  Wǒ è le, xiǎng chī diǎnr shénme ?
   I’m hungry. I feel like having a bite.  (お腹すいた。何か食べたい。)
7 为什么她老是迟到。  Wèi shénme tā lǎoshì chídào ?
   I wonder why she’s always late.  (どうして彼女はいつも遅刻するのだ。)
8 这要不了多久。   Zhè yào bu liǎo duō jiǔ ?
   This won’t take long.  (これはそんなに時間はかからない。)
   我倒想看看她有多能干!  Wǒ dào xiǎng kànkan ta yǒu duō néng gàn ?
   This won’t take long.  (彼女はなんてやりてなんだと思って見てたのだが。)
9 我说过多少遍了,叫你别去那儿。   Wǒ shuō guo duōshǎo biàn le, jiào ní biéqù nàr ?
   Didn’t I tell you not to go there.  (何度も言ったでしょう。行っちゃダメと。)
   他讲的多少有点儿道理。  Tā jiǎng de duōshǎo yǒu diǎnr dàolǐ ?
   There’s something in what he says.  (彼の話はいくらか筋が通っている。)
10 他是个十几岁的孩子。  Tā shì ge shí jǐ suì de háizi ?
   He is a teenager.  (彼は十幾つの子供だ。)

の文、日本語で「だれも知らない」というのは自然ですが、「だれが知らない」は不自然です。中国語も「谁都不知道」は自然ですが、「谁不知道」は平叙文としては成り立たず、「?」が省略された疑問文です。英語も前者に「who」は使えません。どうしてなのでしょうか。

2~4の文、「什么时候出发」「他在哪儿」「怎么办」の疑問語は賓語(目的語)節の1部であって、独立した文法成分ではありません。

の最初の例は「我看」(私が見るに)といった前提が省略されていて、この文全体がその賓語でしょう。後文の「怎样」は「やはり想想」という述語の賓語(節)の一部分です。も同じです。

は尻上りに発音したら、これは疑問文です。「?」をつけるべきです。でも、「?」がありませんから、これは話者の自問自答、つぶやきでしょう。

の前文は「要不了多久」が「そんなに長くは要しない」という形容詞述語文で、「多久」は述語の一部で、補語でしょうか。後文は「」という前提があります。

の前文は過去において「」という行為が「(完)」したことをいっています。不明なのは回数だけですから、文全体は肯定文です。後文は述語「」の修飾語で重要な要素ではありません。

10は名詞節の一部ですから、これも文の重要な要素ではありません。


ところで、例えばの例文「だれも彼を知らない」を、「だれも彼を知らないのか」とまるごと質問することはできます。の例も「いつ出発するか決めていないのか」と尋ねることはできます。

そのときはどういうのでしょうか。


答えは真偽疑問文にすればいいのです。“吗”疑問文にすればいいのです。つまり、最後に「?」をつけるだけです。

谁都不知道他吗?  Dose nobody know him?
还没决定什么时候出发吗?  Is it undecided when to start?

疑問語疑問文には「」はつけてはいけないといいました。上記の例、疑問語がつかわれてはいますが、疑問語疑問文ではありませんから、「」がついてもおかしくないのです。

相原茂氏らの『why?』で述べられている「疑問詞かかえ型疑問文」とはこのことでした。疑問文の種類にこの型を追加すべきでしょうか。
[PR]
by damao36 | 2008-12-20 07:47 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語127―疑問語疑問文(5)

10個の疑問語の中で最後に残った副詞の「多~」と形容詞の「多少、几」について説明しましょう。

まずは体感124で挙げた例文を再掲します。

多+形容詞
小王,你多大了?  Xiǎo Wáng, nǐ duō dà le ?
Xiao Wang, how old are you? (ワン君、何歳かな。)
你家离这儿多远?  Nǐ jiā lí zhèr duō yuǎn ?
How far is your house frome here? (家はここから遠いのですか。)


多少+名词
一共多少钱? Yígòng duōshǎo qián ?
How much altogether? (合計いくら。)
你穿多少号的?  Niǐ chuān duōshǎo hào de ?
What size do you take? (何号サイズをはくの。)


几+名词
乖乖,你几岁?   Guāiguai,nǐ jǐ suì ?
Little dear, how old are you? (何号サイズをはくの。)
你家有几口人?    Nǐ jiā yǒu jǐ kǒu rén ?
How many people are there in your family? (何人家族ですか。)
  

「多+形容詞」について
この「」はすぐ後につづく形容詞の意味を「どれくらい」「どれほど」と限定しますから副詞です。後につづく形容詞は、発音上のバランス問題からでしょうか、必ず1音の形容詞で、しかも時間的空間的数量的に幅を持つた語になります。

たいてい用いられているのは「大、高、长、远、久、重、少」の組み合わせです。この7組の連語をマスターすればいいのです。

多大」「多远」についてはすでに例示しましたので、残りの「多高」「多长」「多久」「多重」「多少」の例を挙げておきます。

你个子多高?  Nǐ gēzi duō gāo ?
How tall are you? (身長はどれくらいなの。)
这条隧道有多长?  Zhè tiáo suìdào yǒu duō chǎng ?
How long is this tunnel? (このトンネルどれくらい長いのかな。)
还要多久才准备好?  Hái yào duō jiǔ cái zhǔnbèi hǎo ?
How soon can you get it ready? (準備にどれくらいかかるの。)
你有多重?  Nǐ yǒu duō zhòng ?
How much do you weight? (体重はどれくらいなの。)
你要多少?  Nǐ yào duōshǎo ?
Hou many(much) do you need it? (どれくらいいるの。)


「多少+名词」について
上記のようにこの「多少」はもともと前項に入る語なのですが、前項の他の語と違って、多くの名詞を限定し、1語として認められています。また、次の「」と同じく特に不特定の数量を尋ねるときに用いられます。


「几+名词」について
三加五等于几?   Sān jiā wǔ děngyú jǐ ?
Three plus five, what is the result? (3たす5はいくつですか。)
今天几月几号?   Jīntiān shì jǐ yuè jǐ hào ?
What is the date today? (今日は何月何日ですか。)
现在几点了?   Xiànzài jǐ diǎn le ?
What time is it now? (いま何時ですか。)
她三十几了?   Tā sānshí jǐ ?
How old is she? (彼女は30何歳ですか。)
你去过几次纽约?   Nǐ qù guo jǐ cì Niǔyuē ?
How often have you been to New York? (に何回行かれましたか。)


多少」と同様数字を尋ねるときに用いますが、この「」は指で数えられる程度の数字、10前後の答えの数字を予測するときに限られています。したがって、主として月日、時刻、年齢、回数などの数字の答えを求めるときに使用されます。
[PR]
by damao36 | 2008-12-18 13:07 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語126―疑問語疑問文(4)

10個の疑問語「谁、什么时候、哪儿(哪里)、怎么、怎么样(怎样)、什么、为什么、多~、多少、几」、一部重複しますが、名詞は「谁、什么时候、哪儿、什么、几」の5個、副詞は「什么时候、哪儿、怎么、怎么样、为什么, 多~」の6個、そして形容詞は「怎么~、什么~、多少、几」の4個だ、私はそのように考えました。


前回説明し残したものに、副詞の「多~」と「为什么」、形容詞の「什么~、多少、几」がありますが、今回は副詞の「为什么」と形容詞の「什么~」について説明をすることにします。


まず「为什么」から説明します。

子供が5歳くらいになると、日本の子供が「どうして」と尋ねるように、中国の子供たちは「为什么?」と尋ねるようになります。物事の原因を尋ねる言葉です。英語なら「why?」なのでしょう。

ところで、中国語には同じような意味の語として「怎么」も使います。この「怎么」についてはすでに前回具体例を挙げて説明したのでしたが、この語には「どういう」という状態の形容詞、さらに「どうやって」という方法、「どうして」という原因、「どうする」という状況を尋ねる3つの副詞用法があり、そのことについてはまだ説明していませんでした。そこでもう一度前回例を挙げておきます。


<疑問副詞怎么(状語)+動詞>
这是怎么回事?   Zhè shì zěnme huí shì ?
What’s all this about?   (これってどういうこと。)
这个字要怎么念?   Zhè ge zì zěnme niàn ?
How do you say this word?  (この字どう読むの。))
你怎么不早点告诉我们呀?   Nǐ zněme bù zǎo diǎnr gàosù wǒmen ne ?
Why did’t you tell me earlier?   (どうして早く私たちに知らせないのよ。)

<述語そのもの>
你怎么啦?   Nǐ zěnme la ?
What’s wrong with you?   (どうしたの。)


上記の最初の例文は「どういう」という状態の形容詞です。

その後の3つの例文はいずれも副詞で、「どうやって」という方法、「どうして」という原因、「どうする」という状況を表す文です。

ところで、この3つの副詞の「怎么」の中で同じ疑問副詞の「为什么」に置き換えられるものがあります。それは真ん中の文です。

你为什么不早点告诉我们呀?   Nǐ wèishénme bù zǎo diǎnr gàosù wǒmen ne ?

置き換えても意味は同じです。どちらも「どうして、なぜ」と物事の原因を尋ねています。しかし、ニュアンスに多少の違いがあります。

怎么」には話者がいぶかりながらつぶやいている、そんな感じが基本的にありますが、「为什么」はそれよりも相手に回答を求める感じの方が強い、そういう違いです。


怎么」には「どういう」、「どうやって」、「どうして」、「どうする」の4つの意味がある。「怎么」の「どうして」は「いぶかり」の気持ちが強く、同じ「いぶかり」でも、「为什么」は相手に答えを求める気持ちが強い、ちょっと長めですが、そんなふうに覚えてみたらいいかがでしょうか。


次に形容詞の「什么~」について説明します。この語は前回でもふれています。相原茂氏らの『Why?』で疑問語を「まるごと型」と「分析型」とにわける説が紹介されていますが、その分析型に当たる語句です。

什么时候」以外に、例として「什么事」(どんな事)「什么病」(どんな病気)「什么颜色」(どんな色)「什么人」(何者)が挙げられていました。

什么+名詞」は「どんな~」の意味になる名詞句です。ですから、文中での文法成分は主語か賓語になっているはずです。
[PR]
by damao36 | 2008-12-16 14:05 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語125―疑問語疑問文(3)

いわゆる疑問語の代表的な語句は「谁、什么时候、哪儿(哪里)、怎么、怎么样(怎样)、什么、为什么、多~、多少、几」と10種ではないでしょうか。この10個の語句のそれぞれの品詞は以下のようだと私は考えるのですが、いかがでしょうか。 (なお、「什么时候、为什么」は「什么+名詞」「動詞+什么」の連語なので、これらの疑問語を語句と表現しました。)

この10個の疑問語、辞書ではたいてい疑問代詞と表記されているので、私は疑問代詞=疑問代名詞と理解し、みんな代名詞、したがって名詞みたいなものと思い込んでいたのでしたが、よくよく考えると名詞といえるのは「谁、什么时候、哪儿、什么」の4つだけです。

しかし、その中の「什么时候、哪儿」は主語や賓語になるときは疑問の名詞でいいのでしょうが、状語として後ろの動詞・形容詞を限定するときは副詞ではないでしょうか。「什么时候、哪儿」に該当する「いつ、どこ」、日本語辞書では代名詞とだけ出ていて、副詞というのはありませんが、英語のwhen、whereは代名詞のときもありますが、疑問文のときはたいてい副詞用法です。中国語もここは英語にならって、動詞・形容詞を限定する状語としての用法のときは副詞とすべきだと私は考えました。

また、「什么」という語は「什么时候」のようにいろんな名詞とくっつきます。この場合は形容詞でしょう。


10個のうち4個は名詞ということでしたが、それよもり多いのは副詞で、「什么时候、哪儿、怎么、怎么样、多~、为什么」の6つあります。

什么时候、哪儿」はすでに説明しましたので、まずは「怎么、怎么样」について説明をします。


この「怎么、怎么样」は文中では述語の前にあるときと述語の後ろにあるときとがあります。前の場合は述語を限定する状語、後ろにある場合は述語を補う補語でしょう。「怎么样」は、ときに前にも後ろにも述語に該当する語のないときがありますが、その場合は述語そのものです。

したがって、5W1H語順表では、「怎么、怎么样」を述語の前と後とに分けて表記したのでした。 (中国語の場合「副詞状語+述語+補語」はひっくるめて述部と考えるべきか、と思ったりしています。)


それでは、その例を少し挙げておきます。

<疑問副詞怎么状語)+動詞>
这是怎么回事?    Zhè shì Zěnme huí shì ?
What’s all this about?  (これってどういうこと。)  この「怎么~」は形容詞です。
这个字要怎么念?   Zhè ge zì zěnme niàn ?
How do you say this word?   (この字どう読むの。)
你怎么不早点告诉我们呀?   Nǐ zněme bù zǎo diǎnr gàosù wǒmen ne ?
Why did’t you tell me earlier?   (どうして早く私たちに知らせないのよ。)


<述語+疑問副詞・怎么样補語)>
跟我们一起去怎么样?   Gēn wǒme yìqǐ qù zěnmeyàng ?
How about going there toghter with us?   (私たちと一緒に行ったらどう。)
我们都去,你打算怎么着?   Wǒmen dōu qù, nǐ dǎsuàn Zněnme bàn ?
We are all going. What about you?   (みんな行くけど、あんたどうするの。)


述語そのもの>
你怎么啦?   Nǐ zěnme la ?
What’s wrong with you?   (どうしたの。)
你近来怎么样?    Nǐ jìnlái zěnmeyàng ?
How have you been keeping?   (最近いかがですか。)


あとに残った副詞の「」と「为什么」、それから疑問の形容詞である「怎么~、什么~、多~、多少、几」、長くなりましたので、次回に説明を試みます。
[PR]
by damao36 | 2008-12-15 10:51 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語124―疑問語疑問文(2)

前回まとめた「5W1H語順表」を眺め、一体どんな“一口会話”が可能なのかを挙げてみることにしました。

(主語)  (状                      語)  (述  語) (補  語)  (賓  語)
谁  什么时候  (在)哪儿 <怎么>    <怎样>  什么?       为什么?
              哪里  怎么              什么+N?       怎么?
                   怎么样      怎么样   哪
                   怎样               啥
                   多(多么)     多~    谁
                              多少    哪儿
                                     几

だれが   いつ        どこで     どのように    ○○する    どのように    なにを      なぜなら
who  when    where    <how>       <how>   what     why ?


谁做?               谁做的?              做谁的?           叫谁?
什么时候做?           什么时候做的?
哪儿做?              哪儿做的?
怎么做?              怎么样做?            怎么做的?
做怎样?              做的怎么样?           做得怎么样?
做什么?              做啥?
为什么?              怎么啦?



(「だれがする」、「だれがしたの」、「だれのを作るの」、「「だれを呼ぶの」。2番目例文文末の語気助詞「」は過去であるという説明は見当たりません。確定とか定の語気を表すという説明しか見当たりません。中国語はテンスは無視でしょうか。)
(「いつする」、「いつしたの」。)
(「どこでする」、「どこで作ったの」。)
(「どうやってするの」、「どうやってしたの」、「同前」。)
(前2つは「(やっつてみて)どうね」、「」は強調。最後のは「やってみてどうだった」、「~」は結果補語。)
(2つとも「何をしているの」。後ろは北方方言。)
(2つとも「どうしたの」。)


いかがでしょうか。

さらに「だれがこれをするの」、「あなたはいつ宿題をすませたの」、「この資料どこで作ったの」、「このケイタイどうやってメールするの」、「今晩何をするつもり」、「彼の仕事ぶりはどうね」、「なんでそれを聞くの」などと表現をふくらませるとどうなるのでしょうか。また、英語ではどういうのでしょうか。

≪中国語・解答例≫
谁做这个?             你什么时候做完作业?          这件资料在哪儿做的?
这手机怎样发短信?       今晚你想做什么?             他的工作态度做得怎么样?
为什么你问这个?



ところで「多、多少、几」について、述語動詞「」とは組めないので、ふれませんでした。それならどんな述語と組めるのか、調べてみました。

+形容詞
  你家离这儿多远?  (家はここから遠いのですか。)
  小王,你多大了?   (ワン君、何歳かな。)

多少+名词
  一共多少钱?     (合計いくら。)
  你穿多少号的?    (何号サイズをはくの。)

+名词
  乖乖,你几岁?     (かわいこちゃん、いくつ。)
  你家有几口人?    (何人家族ですか。)
[PR]
by damao36 | 2008-12-13 10:47 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語123―疑問語疑問文(1)

文章を書くときに落としてはならない要素として5W1Hというのがあるということは、すでに体感115で述べました。日本語の「だれが いつ  どこで  なにを  どのように ○○するのか なぜなら」の6つの要素のことで、この要素に該当する英単語「who、when、where、what、how 、why 」の頭文字を並べたものです。

その5W1Hを中国語の語順で再掲します。
(主語)  (状                      語)  (述  語) (補  語)  (賓  語)
谁  什么时候  (在)哪儿 <怎么>    <怎样>  什么?       为什么?
             哪里   怎么              什么+N?       怎么?
                   怎么样      怎么样    哪
                   怎样               啥
                   多(多么)     多~    谁
                              多少    哪儿
                                     几

だれが   いつ        どこで     どのように    ○○する    どのように    なにを      なぜなら
who  when    where    <how>       <how>   what     why ?


上の表を見て、まず感じる素朴な疑問です。

それは時に関する疑問語「いつ」という表現、私はとっても重要な単語だと思うのですが、どうして中国語は1語でないのかということです。「什么・时候」と2語からなっているのかということです。

答えは私にはわからないのですが、古典語だと「何刻」「何時」「何日」「何年」と具体的な時・日・年をいういい方なので、より抽象的ないい方は昔から中国人はしなかった、だからでしょうか。

ところで、相原茂氏らの『Why?』を見ると、疑問詞にまるごと型分析型があると書かれていました(p118)。

まるごと型は「谁、哪儿、怎么、什么」などで、分析型は「什么时候、为什么」などです。

このまるごと型は分析型に言い換えることもできるということで、「谁≒什么・人、哪儿≒什么・地方、怎么≒为・什么」などが挙げられ、この2つはほぼ同じ意味だが用法に違いもあると述べられていました。

例えば「你是谁?」と同じだと思って「你是什么人?」と尋ねたら、「あんた、何モノダ!」というニュアンスになり、大変失礼になるのだそうです。「あんた、彼女ノ何ナノサ!」という流行語、あったような気がしますが、その訳は「你是他的什么人?」なのだそうです。


次なる疑問は「什么・时候」、「为・什么」は分析型、つまり連語と考えて納得なのですが、あとの「谁、哪儿、怎么、怎么样、什么、多、多么、多少、几」の品詞はなにかということです。 (「怎么・样」」も分析型かと思ったのですが、これはたいていの辞書が1語にとっています。)

辞書では「谁、哪儿、怎么、怎么样、怎样、什么、多少、几」は代詞、「」は副詞と形容詞、「多么」は副詞となっていましたが、それでいいのだろうかということです。 (代詞を指示詞としている辞書、同じ語を代詞の場合と指示詞の場合があるとしている辞書もあります。面倒だから代詞と指示詞、区別しませんが、どこかちがうのでしょうか。)

谁、哪儿、什么」は不特定な人または物を指す代名詞で、「多少、几」は不特定な数量を指す形容詞、「怎么、怎么样、怎样」は未知の性状・方法・程度を問う副詞、そんなふうに理解したらいけないのでしょうか。
[PR]
by damao36 | 2008-12-12 12:13 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語122―疑問文の種類(2)

中国語の疑問文の種類はと思って、手元の文法書をいくつか見てみたのですが、一番多い分類は守屋宏則氏の『やさしく くわしい 中国語文法の基礎』(東方書店)の6種類でした。そこで私はそれをもとに勝手に以下のように命名し直してみました。(ゴチが私案、標準体が守屋案です。)

1 “吗”疑問文(“吗”を使う疑問文)
2 “还是”疑問文(選択疑問文)
3 肯定否定疑問文(反復疑問文)
4 疑問語疑問文(疑問詞を使う疑問文)
5 追加疑問文(“是不是”を使う疑問文)
6 “呢” ”吧”疑問文(“呢”を使う疑問文)


1 “吗”疑問文(“吗”を使う疑問文)
 
これは他書では諾否疑問文是非疑問文ともいい、前回述べた日本語文法での真偽疑問文Yes-No疑問文とも同一でしょう。相原茂氏らの『Why?にこたえる はじめての 中国語の文法書』(同学社)の語尾助詞 “吗”型に該当するのでしょう。

この疑問文は平叙文の文末に疑問の語気助詞“”がついたものです。日本語の疑問の終助詞「」はすべての疑問文に付加することができるのに、中国語の“”は「平叙文+“吗”」のこの型にしかつきません。そのことを忘れないためにも“吗”疑問文という呼称は案外有効なのではないでしょうか。


2 ”还是”疑問文(選択疑問文)

「Aか,それともBか」と,相手に答えを選ばせる聞き方です。具体例は以下の文例です。

  你喝咖啡,还是喝红茶?   Nǐ hē kāfēi, háishì hē hóngchái?
  Would you like to have coffee or tea ?
  (コーヒーですか、それとも紅茶ですか。)

  你去北京还是去上海呢?  Nǐ qù Běijīng háishì qù Shànghǎii?
  Are you going to Beijing or Shànghǎi ?  (北京にお出かけですか、それとも上海ですか。)

「A还是B」と “还是”(それとも)を使う文型ですから、“还是”疑問文と名付けたらいかがでしょうか。ついでに英語なら、聞いたことはありませんが、or疑問文、日本語なら“それとも”疑問文なんていえば具体的イメージがあってわかりやすくないでしょうか。相原氏らの『Why?』では選択型②、選択型①としているように、広義の意味ではも「AかBか」と尋ねていますから、まとめてしまってもいいのでしょう。


3 肯定否定疑問文(反復疑問文)

これものように「AかBか」と尋ねているのですが、のAとBは具体的な別々の述語動詞/形容詞でしたが、このは同一の動詞/形容詞/助動詞(助動詞もあります)の肯定形と否定形を並べた形式です。具体例は以下のとおりです。

  她是不是中国人?   Tā shì bu shì Zhōngguó rén?
  Is she Chinese ?   (彼女は中国人ですか。)

  你想不想去看电影?  Nǐ Xiǎng bu xiǎng qù kàn diànyǐng?
  Would you like to go a movie?  (映画を見に行かれますか。)

  你工作忙不忙?  Nǐ gōngzuò máng bu máng?
  Are you kept quite busy ?  (お仕事忙しいですか。)

  你能不能来帮我?   Nǐ néng bu néng lái bāng wǒ?
  Can you come and help me ?  (彼は手伝いに来てくれますか。)

この型は英語や日本語にはないのではないでしょうか。

多音節語の日本語にも「行く、行かない」「いいの、いけないの」という言い方はありますが、に含めて、あえて1項を立てるほどではないでしょう。

中国語の動詞または形容詞、助動詞は原則は1音節語ですから、こうした表現がわずらわしくなく多用できるのではないでしょうか。

日本語の「行く、行かない」はなにか結論を早急に求めるいい方に私は思えるのですが、、単音節語の中国語はそれほどの緊迫感はなさそうですが、でも、いくらかはそんな発話者の気分があるのかもしれません。


4 疑問語疑問文(疑問詞を使う疑問文)

疑問詞というとなんとなくそんな品詞でもあるのかと錯覚する感じがするので、疑問語を使うことにしました。中国語は英語の疑問代名詞や疑問副詞を疑問代詞と呼んでいるので、疑問代詞疑問文にしたらとも思いましたが、考えてみたら””””は疑問形容詞でもあるでしょうし、“什么时候”は連語でしょうから、やはり疑問語とあいまいにした方が正確だと考えました。

疑問語はいろいろあるので、このは項を改めて考えることにします。


5 追加疑問文(“是不是”を使う疑問文)

守屋氏の『基礎』には“是不是”の例しか挙がっていないのですが、これは英語の付加疑問文ではないでしょうか。付加にしよと思ったのですが、付加は中国語では“附加”としないといけないので、同じ“つけたし”の意味に“追加”というのもありましたので、日本人にも中国人にも通じる“追加”を使うことにしました。

  你昨晚没跟他打电话,是不是?/是吧?
  Nǐ zuówǎn méi gēn tā dǎ diànhuà,shì bu shì?

  You did’t call him last night, did you ?
  (夕べ彼に電話しなかった、そうじゃないですか。/そうでしょう。)

  我想学汉语,好吗?/好不好?
  Wǒ xiǎng xué Hànyǔ, hǎo me?/Hǎo bu hǎo?
  I want to learn Chinese, can I ?  (私は中国語を学びたいのですが。)

  你想学英语, 是不是?/不是?
  Nǐ xiǎng xué Yīngyǔ, shì bu shì?/bú shì?
  You want to learn English, did’t you?  (あなたは中国語を学びたいんではないのですか。)

  听说北京的天气很冷, 是吗?/是吧?
  Tīngshuō Běijīng de tiānqì hěn lěng, shì ma?/shì ba?
  They say it’s very cold in the winter in Beijing, is’t it ?
  (北京の冬は寒いそうですが、本当ですか。/そうなんでしょう。)


6 “呢” ”吧”疑問文(“呢”を使う疑問文)

基礎』には””の例しかありませんでしたが、“”を使った疑問文も存在するので、“呢” ”吧”疑問文と呼ぶことにしました。

”も”” もの“”と同じく語気助詞なので、『Why?』のように語気助詞型疑問文とまとめてしまってもいいのでしょう。

ただ、“” ””は限りなく肯定文に近い疑問文で、用例も限定されているので、別項にしました。“ma”は疑いようもないはっきりとした疑問なのですが、“ne”、と”ba”は単純な疑問ではなさそうです。発音がもつ微妙なニュアンスの違いをどう説明したらいいのか、悩んでいます。

  我也很好,你呢?  Wǒ yě hěn hǎo, nǐ ne?
  I’m fine, and you ?  (私も元気ですよ。あなたは。)

  你的护照呢?  Nǐ de hùzhào ne?
  Your passport, please ?/Where is your passport ?
 (あなたのパスポートは。)

  你在开玩笑吧?  Nǐ zài kāi wánxiào ba?
  Are you kidding ?   (冗談でしょう。)
[PR]
by damao36 | 2008-12-11 10:13 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語121―疑問文の種類

中国語の代詞はイコール代名詞のことだと考えるのは正確ではありません。代詞はさらに人称代詞、指示代詞、疑問代詞と3つに分けられますが、その一つ疑問代詞には「怎么」、「为什么」など英語では疑問副詞となる語もふくむからです。(また、””””は疑問形容詞ではないのでしょうか。)

また、代詞は人称代詞指示代詞疑問代詞と3つに分かれますが、確かに人称代詞と指示代詞はある具体的な人物の名称とかある具体的な物や事柄の名称の代わりをしますが、疑問代詞はそうではありません。代わりをするのではなく、ある具体的な人物の名称とかある具体的な物や事柄とかを探し求める表現です。

まあ、以上のようなことがこれまでに私なりに分かってきたと思うので、これからしばらく日本語、英語、中国語の疑問表現がどう違うのか、あるいはどこが似ているのかということを考えてみることにします。


それではまず日本語からです。

日本語教育の参考書『初級を教える人のための 日本語文法ハンドブック』(フリーエーネットワーク)の§29「疑問文の種類と文末表現」を見てみました。


疑問文の種類としてはまず真偽疑問文Yes-No疑問文)と疑問語疑問文WH疑問文)とがありました。

真偽疑問文というのは「文中に疑問語(疑問詞)を含まず、その文の真偽を訪ねる疑問文」とのことで、英語ならYes-Noでこたえるので、Yes-No疑問文ともいうのでしょう。他の書では是非疑問文とか諾否疑問文とか呼んでいます。


疑問語疑問文は「文中に疑問語(疑問詞)を含み、その疑問語(疑問詞)の内容を特定することを目的とする疑問文」です。英語ではwho、when、where、what、 Why 、howを使うので、WH疑問文ともいうのです。


疑問文の種類としては疑問語があるかないかという観点から大きく2分類するこのわけ方でいいように思うのですが、この書には別の観点からの分け方も出ていました。

一つは「はい、そうです」「いいえ、ちがいます。/そうではありませ。」による応答ができるかできないかで二つにわける観点です。

もう一つは疑問文の文末表現が「~の/のか/のですか。」とする必要かあるかどうかという観点からの分類でした。

はい、そうです」「いいえ、ちがいます。/そうではありません。」による応答は疑問語疑問文は不可で、真偽疑問文の中の名詞述語文に限るということになります。

もしそうなら、真偽疑問文の中の動詞述語文や形容詞述語文はどうなるのかというと、「はい、Vします/Aです。」「いいえ、Vしません/Aではありません。」と、尋ねられたときの動詞や形容詞で答えるということで、これは特段取り上げるほどのことはないのではと思いました。


ところで、もう一つ疑問文の文末表現が「~の/のか/のですか。」とする必要かあるかどうかという観点の分類で、これは私にとってははじめて見る分け方でした。

例えば「你是日本人吗?」を日本語に訳せと言われたら、「あなたは日本人ですか」ですが、ならば、「あなたは日本人なですか」というのは、中国語ではどういうのですかと聞かれたら、どう答えればいいのでしょうか。


その前に中国人から「『あなたは日本人ですか』と『あなたは日本人なですか』はどう違うのですか」と聞かれたら、どう答えたらいいのでしょうか。


この「~の/のか/のですか。」は肯定文における「のだ」の変形で、この書の§28には「関連づけの『のだ』」という章があり、9ページにわたって説明されていました。

でも、これを読んでも、日本語のことながら結構むずかしく、まだよくはわからないでいるのです。要するに、「~の/のか/のですか。」というのは、発話者が発話以前になんらかの前提とか状況とか先行文脈とかがあって、それとの関連づけで用いられる、いまはそのように理解しておきます。
[PR]
by damao36 | 2008-12-06 18:23 | 中国語 | Comments(0)