<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

体感中国語53―場所詞は“不動産”だ


体感52で場所詞について、以下のような感想を書きました。

これで方向詞というのはわかった気になりましたが、場所詞の場合だと方向詞をつけなくていいけど、非場所詞の場合は方向詞をつけて場所化するということがあるので、この名詞は場所詞なのか、それなら方向詞はいらない、非場所詞なら方向詞がいる、今度はそんなことを瞬時に判断する必要がありそうで、場所詞と方向詞との関係、はなはだ厄介だなあと感じているところです。

そこでまず場所詞はなにかということを考えてみました。

もっとも典型的な場所詞は地名や国名でしょう。

次にいわゆる“不動産”ではないかと考えました。この“不動産”は一定の場所をしめている“不動”なものですから、間違いないでしょう。

例えば以下のような公共や個人の建物があります。

机场”“广场”“邮局”“饭店”“学校”“家”などです。でもこれは地名や国名よりは場所性が一段劣ると考えるのでしょうか、地名や国名には方位詞は不必要でしたが、これらにはなぜだかわかりませんが、方位詞はつけてもつけなくてもいいのだそうです。ならば、この語群を準場所詞と呼んでおきます。

以上の2種類の語を中国語では場所詞といっていると私は理解しました。


でも、上記の場所詞以外の語でも、移動が可能な語でも、他のモノに場所を提供する場合があります。そのときは必ず方位詞をつけて場所化する必要があるということになります。

例えば、“椅子”“桌子”“书架”“床”“飞机”“汽车”“洗脸盆”“信封”などはみんな動かせることができるモノの名前です。ですからから、「場所詞は“不動産”」という“法則”に照らせば「これは一般名詞だ」と納得できるのですが、以下のような場合がちょっと迷ってしまいます。

“街”“路”“山”“河”“城”などです。

“○○街”なら地名でしょうが、1字の場合は地名ではないでしょう。建物名でもありません。だからなのでしょうか。いまはそう思って納得することにしました。なお、1字の語で純粋の場所詞は“家”だけなのだそうです。「1字の語で場所詞は“家”だけ」、そう覚えることにしましょう。

また、“院子”“屋子”“房子”“铺子”“村子”など“~子”という接尾語のつく単語も、なぜだかわかりませんが、場所詞にするときは方位詞がいるのだそうです。“铺子”はお店のこと、それと同じお店でも“商店”は方位詞はあってもなくてもいい準場所詞になるのだそうです。


さて、方位詞のいらない本場所詞、方位詞はあってもなくてもいい準場所詞、必ず方位詞が必要な一般動詞、これで理解できたでしょうか。以下の文型で方位詞の必要不必要を寸時に判断して表現できるように私はなったでしょうか。

主語+動詞+在+○○+(方位詞)

主語+在+○○+(方位詞)+動詞(+賓語)

なお、場所詞が一般名詞と大きく異なる点は動詞の前に置いて、状語として動詞を修飾できることだそうです。とすると、英語の時間詞が副詞なら、中国語の時間詞、場所詞も動詞を修飾する場合には副詞といってもいいのではないでしょうか。

さらに「一般動詞+方位詞」で場所化した語句をなんと呼べばいいのでしょうか。場所語でしょうか。
[PR]
by damao36 | 2008-02-25 11:20 | 中国語文法 | Comments(0)

体感中国語52―はじめに時間詞ありき)


時間詞と場所詞、私は時間語と空間語がいいとなんとなく思っているのですが、それはさておき、中国語の時間詞と場所詞の特徴は動詞を修飾できるところにあるということを知って、それなら副詞じゃないかと感じたのでした。そういえば英語のtodayyesterdayなど、ちゃんと副詞だとも明記していますよね。

でも、これも小さな問題ですから差し置いて、一体どんな単語なのかを調べてみることにしました。


時間詞の方はなんのことはない要するに時間を表す語ですから、すぐに理解できました。ただ「今1時です」(一点出发。)の“一点”と「1時間中国語を勉強しました」(我学了一小时汉语。//我学汉语学了一小时。)の“一小时”は前者が時刻で後者が時間(時間の長さ)ということはわかりましたが、品詞が違うとまでは思いませんでした。“一点”は時間詞で名詞、“一小时”は時間を表す数詞+量詞(数量詞)になるのだそうです。


時刻は原則として動詞の前で、この”一点出发”の“一点”は状語でしょう。時間は動詞の後が原則で、“学了一小时汉语。”はS+V+C+O型、“汉语学了一小时”はS+V+O+C型(S+V+O+V+C型?)で、、この“一小时”は時数詞補語(数量補語)でしょう。


場所詞までいっしょにまとめるつもりでしたが、場所詞は長くなりそうなので、時間詞だけにしました。

時間詞や場所詞、時間語と空間語、英語ではたいてい文の後ろの方ですね。日本語と中国語はいつも述語よりも前です。時間詞と場所詞の順序も時間詞の方が先です。日本語はときに時間詞が主語よりも前に来ていばっていることがありますが、中国語もその点は同じですね。

私は時間詞がいばっているのも見るたびに、この私の存在も私に与えられた時間があるからこそで、「はじめに時間ありき」と訳のわからない、しかし自分では納得できるものを感じているのです。
[PR]
by damao36 | 2008-02-21 13:11 | 中国語文法 | Comments(0)

体感中国語51―方向詞、そして場所詞


中国語の名詞には以下のような種類があるとある辞書に載っていました。

1 一般名詞   2 固有名詞   3 方位詞   4 時間詞   5 場所詞

1と2は問題ありませんが、4も問題なさそうですが、方向補語を考えていたこともあり、3と5が気になりました。

中国語には方向動詞があると同時に方向詞というのもあるということに今気づいたのですが、まず、どうして方向名詞と呼ばないのか、あとの4,5もそうなのですが、そこに最初に引っかかりました。でも、これは問題が小さいでしょうから、方向詞とは何かをまずは考えることにしました。

方向動詞というのが本動詞の方向・移動を補足する語でしたが、この方向名詞というのは前にある名詞の方向、位置を補足するための語のようです。方向詞となる語としてはまずは以下の語がありました。

方向を表す方向詞 ”东 “ “南” “西” “北” “左” “右”
位置を表す方向詞: “上” “下” “里” “外” “前” “后” ”中“ ”间“ ”内”

以上の16の語を単純方向詞というのだそうで、これらの語と他の語とが以下にのべる4つのパターンで組み合わさり、方向動詞と同じく、合成方向詞というのがさらに加わります。

合成方向詞の1つ目は単純方向詞の後に“~边”“~面”“~头”“~方”“~部”という語がつく形です。2番目は単純方向詞の前に“当~”“以~”“之~”のつく形です。3つ目は「単純方向詞+単純方向詞」の形です。4つ目は「単純方向詞+単純方向詞+“面/方/部” 」という3音節語になる形です。


どうして方向詞を方向を表す方向詞位置を表す方向詞とに区分けしたかというと、「名詞+方向を表す方向詞」という語句はダメだけれど、「(非場所性)名詞+位置を表す方向詞」という語句は場所詞に転ずるからなのだそうです。つまり、“电视上”とか“电视前”とはいえるけれども、“电视东”とか“电视左”とはいえないということです。

方向と位置、私には似たようなもので、瞬時にその区別けができそうもないのですが、中国語ってこんなところにえらくこだわるのですね。


これで方向詞というのはわかった気になりましたが、場所詞の場合だと方向詞をつけなくていいけど、非場所詞の場合は方向詞をつけて場所化するということがあるので、この名詞は場所詞なのか、それなら方向詞はいらない、非場所詞なら方向詞がいる、今度はそんなことを瞬時に判断する必要がありそうで、場所詞と方向詞との関係、はなはだ厄介だなあと感じているところです。
[PR]
by damao36 | 2008-02-20 11:48 | 中国語文法 | Comments(0)

体感中国語50―方向動詞と方向補語


どうして中国語は動詞の中でわざわざ方向・移動を表す動詞を取り上げて“趋向动词”(日本語では方向動詞または移動動詞)なんていうのでしょうか。

方向・移動の基本形を矢印で示すと、←印と印でしょう。印は何かが話し手の方向へと移動してくることです。中国語では“”です。印は何かが話し手からだんだん遠い方向へと移動することです。中国語では“”です。

この“来”“去”が基本的な第一段階の動きです。この動きを表す“来”“去”をA類の方向動詞と考えましょう。

次に、(上への移動)、(下への移動)、(中への移動)、(外への移動)、(再びもとの所への移動)、(過ぎ行く移動)、(両側への移動)、(起き上がる移動)が考えられます。これを中国語では“上”“下”“进”“出”“回”“过”“开”“起”といいます。以上の8つの動きを第二段階の動きだと中国人は考えるのです。これをB類としておきます。

以上のA類とB類とですべての単純な方向・移動の表現はできると考えるのですが、A類とB類とが組み合わさった方向・移動として、中国語は「B+A」で、以下の15の動きを表現します。これをBA類としておきます。
〔↑ ←、↑ →〕  (上来,上去)
〔↓ ←、↓ →〕 (下来,下去)
〔↙ ←、↙ →〕 (进来,进去)
〔↗ ←、↗ →〕 (出来,出去)
〔⊃ ←、⊃ →〕 (回来,回去)
〔― ←、― →〕 (过来,过去)
〔↔ →、↔ ←〕  (开来,开去)
〔∠←〕       (起来)

これですべての動きが表現できるのかどうか私にはわかりませんが、とにかく中国語はある動作・行為を表す語の後ろに補語として、A類、B類、さらにBA類を加えて、本動詞が本来の動作・行為をしながら、さらにある方向への移動エネルギーが与えられるのです。

「V+方向動詞」という方向補語の構文で述語に賓語(目的語)が加わるとき、その賓語をどこに置くかということが問題になります。ややこしいので整理してみました。

1 「V+A類」の場合(賓語が動作主の受け手ならばどちらも可。賓語が動作主ならb。
 a 「V+A類+賓語」
 b 「V+賓語+A類」

2 「V+B類」の場合
  「V+B類+賓語(非場所語)」

3 「V+BA類」の場合(BA類の中で賓語がとれるのは“上”“下”“进”“出”“回”に限られる。)
  賓語が場所語の場合   a 「V+B類+賓語+A類」
  賓語が非場所語の場合  a 「V+B類+賓語+A類」
                   b 「V+賓語+BA類」
                   c 「V+BA類+賓語」
賓語が非場所語の場合、その賓語が動作の受け手なら、a・b・cいずれも可。その賓語が非場所語であれば、aかc。


賓語をどこに置くかというところで場所語とか非場所語とか出てきて、説明が急にややこしくなってしまい、自分でもよくわからなくなってしまいました。ネイティブだってこんな理由は少しも知らずに使っているのでしょうし、少しくらい間違っても通じるですから、まずはいいやすいようにいえばよいと今はそう割り切ることにしました。
[PR]
by damao36 | 2008-02-19 15:35 | 中国語文法 | Comments(0)

体感中国語49―補語の見分け方


市販の文法書には補語の説明がそれなりに多くあり、例文を挙げていろいろと説明されているのですが、例文が多すぎたりして、私は混乱をきたすばかりで、なかなか理解できませんでした。

ところで、先日、体感44で思いついたように、動詞の後(形容詞の場合もありますが)にある動詞(これも形容詞の場合がありますが)はまずは結果補語だと考えて、「Vした、その結果は~」と考えることにするといいと思うようになりました。

結果が結果そのものなら当然結果補語ですし、程度や様態、可能ならそれぞれ程度補語であり、様態(状態)補語であり、可能補語なのだといいかえればいいということです。

可能補語というのはすぐに区別がつくのですが、結果程度様態、特に程度様態は私にはどちらでもいい感じがして、なかなか区別がつかないのです。 

発話者の態度にもよるところがあるはずで、区別をしている文法書も本当は無理してどちらかに区分けしているのではないのかと、不遜な邪推をしたりしてしまうのです。


以上の他に、補語には方向補語数量補語があります。

方向補語方向動詞移動動詞とも。中国語では“趋向动词”)」が述語動詞(形容詞の場合もあります)の後に出ているもの、数量補語は「数詞量詞」が述語動詞(形容詞の場合もあります)の後に補語の役割をしているもののことで、そうした語句があるかどうかという基準で眺めると容易に区別ができるはずだと思っています。

本当にそうかどうか、この2つについては、項を改めて考えることにしましょう。
[PR]
by damao36 | 2008-02-18 12:05 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語48―日英中の品詞比べ


日本語単語の品詞は、「この単語は単独で文節を構成するか、しないか」という問いかけて、「構成する」なら自立語、「構成しない」なら付属語となります。

次に「活用するか、しないか」と問いかけ、「活用する」なら、それは動詞、形容詞、形容動詞、助動詞のいずれか。「活用しない」なら、それ以外の品詞、つまり自立語の名詞、連体詞、副詞、接続詞、感動詞と付属語の助詞のいずれか、ということです。

以上は学校で教える日本語文法で、10の品詞に分類されます。しかし、日本語の形容詞と形容動詞は単に活用が違うだけですから、多くの外国人対象の日本語文法では形容動詞という品詞は立てずに、ふつうの形容詞をイ形容詞、形容動詞をナ形容詞と呼んでいますので、私もその説に従って、日本語の品詞は名詞、動詞、形容詞、連体詞、副詞、接続詞、感動詞、助動詞、助詞の9つと数えることにします。


英語の場合はどうでしょうか。

主語または目的語、補語の中核語になれるのは名詞と代名詞です。述語になれるのは動詞だけです。

形容詞は名詞(句・節)を限定する限定用法と、述語動詞の状態を補足説明する補語としての叙述用法の2つがあります。副詞は動詞(句・節)や形容詞(句・節)や副詞(句・節)を限定・修飾します。

この他に単独では意味をなさず、必ず動詞か名詞とつらなって意味をなす語があります。前置詞です。また、名詞が特定のものか、不特定の中の1つかを示す冠詞があります。あとは語と語、文と文などをつなぐのが接続詞です。

助動詞は動詞の一部であり、感嘆を表す間投詞も独立した品詞ではなく、結局、英語の品詞は名詞、代名詞、冠詞、動詞(助動詞)、形容詞、副詞、前置詞、接続詞の8つです。


それでは中国語はどうでしょうか。

中国語は「この単語は実質的な意味、つまり単独で文法成分になることができるか、できないか」という問いかけで、「単独で文法成分になることができる」なら実詞、「単独で文法成分になることができない」なら虚詞と2分します。

単独で文法成分になることができる実詞は、名詞、動詞、形容詞、数詞、量詞、代詞(代名詞)、副詞の7つです。単独で文法成分になることができない虚詞は,介詞(前置詞)、助詞、連詞(接続詞)、感嘆詞、擬声詞の5つです。実詞と虚詞を合わせると名詞、動詞、形容詞、数詞、量詞、代詞、副詞、介詞、助詞、連詞、感嘆詞、擬声詞と、一番多い12の品詞になります。


ここで私の疑問です。

1 どうして中国語は数詞と量詞、それに擬声詞(語)が品詞なのか。
2 どうして英語と中国語は代名詞を品詞として認めているのに、日本語は名詞の一部なのか。
3 逆に日本語では助動詞を品詞として認めているのに、英語と中国語は動詞の一部なのか。
[PR]
by damao36 | 2008-02-16 18:31 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語47―品詞なんか知らなくてもいいのか


中国語の中中辞典で最も権威のある辞書は『現代漢語詞典』(商務印書館)だと思いますが、その第五版が2005年に出されました。私は手元に1978年版と1997年修訂本があるので、なにも中国語で食べているわけでもないから、新しいのを買わなくてもかまわないと思い、購入していないのですが、この第五版がこれまでと違い、はじめて品詞標示がなされたというところに、今回改訂の大きな目玉があるのだそうです。

語彙を集めた辞書には当然その語のすべてに品詞が明記さていると考えるのが現在の常識だと思うのですが、中国語の辞書の場合はそうではないようです。中国語の辞書に品詞が表記されたのは、1963年に岩波書店から出された倉石武四郎の『岩波中国語辞典』が一番早いのだそうで、中国では1982年に商務印書館から出た北京語言学院編の『簡明漢英詞典』なのだそうです。私の手元には1994年度版の大修館の『中日大辭典』があるのですが、戦前の東亜同文書院から引き継がれたこの辞書には、まだ品詞の表記がついていません。そういえば漢和字典、今はたいてい品詞表記がなされていますが、昔はないのが普通でした。あの諸橋徹次の『大漢和辭典』も当然ながら品詞区分は載っていません。

中国語は形態変化が乏しいから品詞を決定するのは難しいのだそうですが、品詞を確定することなんか語学の学習にはあまり関係のないことなのでしょうか。


それはともかく、今日は中国語の品詞の問題についてちょっと考えてみました。

『現代漢語詞典』で示されている品詞は、1名詞、2動詞、3形容詞、4数詞、5量詞、6代詞、7副詞、8介詞、9連詞(接続詞)、10助詞、11感嘆詞、12擬声詞の12種類だそうです。

品詞分類の内容については、荒川清秀さんが「Web東方」で詳しく解説しておりますので、その一部を紹介しておきます。

時間詞と方位詞を名詞に、助動詞と趨向動詞を動詞に、属性詞と状態詞を形容詞に帰属させ、代詞を人称代詞、指示代詞、疑問代詞の三つに分けた。属性詞は朱徳煕のいう「区別詞」で、“男”“大型”の類。もっぱら名詞修飾語になるグループで、名称としては属性詞の方がわかりやすいだろう。もう一つの状態形容詞は“雪白”“慢腾腾”の類で、これは朱徳煕の形容詞二分類の一つ性質形容詞に対立するものである。

この解説の中に「時間詞」とか「方位詞」、さらに「趨向動詞」、「属性詞」、「状態詞」、「区別詞」……など、私の知らない単語がいっぱい出ています。私の勉強、まだまだつづけないといけないようです。
[PR]
by damao36 | 2008-02-16 12:10 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語46―会話に必要な漢字数は

漢字は全部で8万を超えるという話を聞いたことがありますが、親文字5万余字、熟語53万余語を収録した世界最大の漢字字書は、わが国で出版された諸橋徹次の『大漢和辞典』なのだそうです。

4世紀末に、百済からの渡来人王仁によって伝来されたという漢字は、1500年以上の歴史の中で、日本語表記の中にうまく取り入れられて、問題もあることはありますが、私たちの文字として大きな役割を果たしています。

さて、その日本語表記に必要な漢字、私たちはどれくらい身につけているのでしょうか。

義務教育の段階で1,006字の教育漢字(学習漢字)を習い、一般の社会生活における漢字使用の目安として1,945字の常用漢字を、私たちは最終的に身につければいいことになっています。


ところで、中国語の学習者にとって、中国語の漢字はどれくらいマスターしたらいいのでしょうか。

中国で出版されている最も代表的な中国語辞書『现代汉语词典』には56,000もの単語が収められているとのことですが、親字がどれだけ収められているかはわかりませんでした。小字書の代表である『新华字典』には親字は11,000前後だと記されていました。

日本で出版されているある小辞典、見出し語は10,000語を超えるとのことですが、最重要語は約1,000、次重要語は約2,000、次次重要語は約2,000と、「はじめに」のところに書かれていました。計5,000語の単語をマスターすれば、日本人としては中級以上の実力なのでしょうか。


漢字ばかりの国中国でも目安は親字3,500字程度のようです。老舎の代表作『駱駝祥子』は10,763字で書かれていますが、使用文字は2,413字だそうです。一頃もてはやされた『毛沢東選集』全4巻は全部で約670,000字だそうですが、使用漢字は2,994字なのだそうです。日常会話なら2,000字程度知っていたらいいのではないでしょうか。


中国にも日本の常用漢字表に当たるものがありました。1988年に国家語言文字工作委員会と国家教育委員会が選定した「现代汉语常用字表」です。

それによると常用字2,500字(第1次常用字といっておきます。)、次常用字1,000字(第2次常用字)です。合せて3,500字です。

10数年も中国語を勉強しているのに、第1次常用字2,500字の中にさえ発音のあやふやな文字が散見されました。まずはこの2,500字のマスターを目標にしないといけないのかなあ、と思いました。


≪追記≫
以下が「现代汉语常用字表」のサイトです。
http://www.gmw.cn/content/2004-07/28/content_66265.htm
[PR]
by damao36 | 2008-02-15 13:38 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語45―ピンイン分かち書きの決まりは


中国語の初級テキストの例文は分かち書きされています。ピンインで表記する場合、どうしても分かち書きになる、その関係でしょうか。

ところで、中国語の分かち書きはなにを基準にしているのでしょうか。日本語は文節というもので分けられているようですが。

答えは単語なのでしょうか。

でも、「是不是」、「能不能」がある本では「shì bú shì」、「néng bù néng」に、別の本には「shìbushì」、「néngbunéng」になっていました。お金は「三千 四百 块」と数詞と量詞がくっついていましたが、日にちとか重さの場合は「三 天」、「五 公斤」と数詞と量詞が離れていました。

また「送给」「住在」「说得」「寄到」「看懂」「听不懂」「过得」「去过」というのは「動詞+その補語」からなる連語ととったのでしょうか、たいていの書がくっついていました。

ピンイン表記、なにか決まりがあるのでしょうか。連語のとらえ方になにか基準があるのでしょうか。
[PR]
by damao36 | 2008-02-14 18:03 | 中国語 | Comments(0)

体感中国語44―補語はこのように理解してます


さて、補語には以下の種類があると書き、以下の例をあげました。

A 結果補語「」(ご飯を食べ終わった)   
B 可能補語「」(食べることができる)「不得」(食べることができない)
C 程度補語「得多」(たくさん食べる)
D 様態補語「饭也很香」(食欲がある)   
E 方向補語「下去」(食べ物を呑み込む)
F 数量補語「过一次」(一度食べた)


ところで、市販の文法書では「程度」と「様態(状態)」がどちらかだけのもの、「方向」が「単純方向」と「複合方向」にわかれているもの、「数量」が「時量」と「動量」とに分かれているものなど、いくらか用語にゆれがあります。

学問としては厳密に区分けすることが必要なのでしょうが、中国語でのコミュニケーションができればいいと思っている私としては、これは○○補語であるとかいう区分けに熱中することは目的外のことです。ですから、「述語+補語」の部分を、まずは「ある動作をした、さてその結果は」というふうに捉えることにしました。


例えば、「吃完了」は「<食べる>動作をし、その動作が<完了>する」、「吃得」は「<食べる>動作をし、その動作が<>(え)られた」、「吃得多」は「<食べる>動作をし、その動作がとても<>い」、「吃饭也很香」は「<食べる>動作をし、その動作の対象である<>も<很香>(おいしい)」、「吃下去」は「<食べる>動作をし、その動作によってモノが<下去>した」、「吃过一次」は「<食べる>動作をし、その動作は<一次>である」、というふうに理解し、それを自然な日本語に直すのです。


体感中国語28で書きましたが、中国語の動詞は本来1音節でした。その第1段階の語の意味は純粋にある動作・行為を示すだけのものだったに違いありません。動作の結果までをもいい表すとなると、どうしても別の語を補う必要が生まれます。中国語は第1段階を表す語の後に次のステップを表す語を並べるのです。次のステップを表す語、それが中国語の補語なのです。

わたしは今そのように理解しているのです。
[PR]
by damao36 | 2008-02-14 12:35 | 中国語 | Comments(0)