2017年 07月 30日 ( 3 )

これでいいのか⑦――述語の範囲

 拙著「日英中 三方攻読 中国語文法ワールドP.10凡例で、中国語の文構造を以下のように示しました。

m                 

定語主語 状語 α・述語・β補語定語賓語 


 ここで問題だと感じるのは述語とはいったいどこからどこまでかという、その範囲の限定です。


 この表からは大枠の述語は
、つまり、α・述語・β補語です。この枠内の述語は正確にいうと述語コア(述語中心語)です。その述語コアに、ときにα(前置付加語)β(後置付加語)、そして補語が加わる場合をも、適当な名称がないので、あいまいな状態なのですが、これを私は述語とみなすことにしようか、と今は思っています。とすると、上表の述語は述語コアと修正すべきではないのでしょうか。

m                 

定語主語 状語 α・述語コア・β補語定語賓語 


 
 さて、述語コアになるのはどういう語なのでしょうか。名詞述語文以外は本動詞と本形容詞です。この述語コアの前には
前置付加語αが付きます。αは助動詞と副詞の一部です。その副詞は進行の”、否定の,,,”、お飾りの“”です。述語コアの後に来る後置付加語βは動態助詞の“,,”の3語です。付加語以外に補語も述語の一部(準述語とも呼ぶ)とします。補語には動作結果にかかわる結果・方向・可能補語、外的状況の程度や状態を示す程度・様態補語、動作回数や持続または経過の時間量を示す数量補語の6つです。私は以上のように考えたのですが、それでよろしいでしょうか。
    ※ 例文述語は太文字にしました。助動詞も動詞の一種ということで太文字にしています。補語が
      動詞・形容詞の場合も太文字です。このあたりの統一やや微妙です。
    ※ 英語は最初は動詞のみ太文字にしていましたが、途中から助動詞もと考え、太文字にしまし
      た。中国語の否定の副詞は助動詞の前に位置しますが、英語の否定の副詞notは助動詞と本動
      詞の間に挟まるので、細文字のままだったり太文字だってりと迷いがあって、不統一なところ
      が散見されてしまいました。
    ※ もしかして助動詞も前置付加語ではなく、述語コアに入れた方がいいのかもしれません。

 


[PR]
by damao36 | 2017-07-30 11:07 | 中国語 | Comments(0)

これでいいのか⑥——代詞 の分類

 代詞は日本語の代名詞とイコールではありません。日本語の代名詞は名詞の代替ですが、中国語の代詞は名詞以外に副詞や形容詞、ときに述語の代替でもあります。

 この代詞を私は人称代詞・指示代詞・疑問代詞・不定代詞を4つに分類しました
(日英中 三方攻読 中国語文法ワールド』P.268)

≪中国語の代詞≫    《现汉》は疑問代詞を指示代詞より先に挙げるが,本書は指示代詞を先にする。

人称代詞

一人称二人称三人称不定称に分ける。

人・物()の代替語として主語・賓語となる名詞用法がある。また,名詞を修飾して定語になる形容詞用法もある。英語の人称代名詞は主格・目的格・所有格があるが,中国語人称代詞の主格と賓語は同型語で,所有格に該当する定語には原則“的”を付ける。

指示代詞

近称遠称不定称に分ける。

人・物・事の代替・指示語として主語・賓語となる名詞用法以外に,定語となる形容詞用法(限定・叙述用法),状語となる副詞用法,述語となる述語用法がある。明確なものを指すので特定指示代詞ともいう。

疑問代詞

名詞形容詞副詞の3用法に分ける。

主語・賓語・定語・状語・述語となる名詞形容詞副詞述語用法がある。人・物・事の代替・指示語である人称・指示・不定代詞とは異なり,その人・物・事がどうであるかを求める語である。

不定代詞

泛指任指·虚指其他に分ける。

主語・賓語・定語・状語・述語となる名詞形容詞副詞述語用法がある。疑問代詞と同形であっても働きは疑問の提示ではなく,語り手の特定できない人・物・事の代替・指示である。不特定指示代詞ともいう。

   ※ 中国語代詞はすべての文成分で用いられる。ゆえに,その用法も名詞・形容詞・副詞・

動詞相当になる。しかし,中国語は英語のように必ずしも文法機能で品詞を区別しているとはいえない。そうしない理由は兼類語数が増えて煩雑になるからではと考える。

※ 英語は日本語同様に名詞の代替・指示の語のみをpronoun代名詞)と呼び,代名詞には人称代名詞指示代名詞疑問代名詞不定代名詞関係代名詞などがある。

※ 英語の人称代名詞には主格・所有格・目的格があり,単数複数の別があり,所有代名詞(mine,ours……)・再帰代名詞(myslf, ourselves……)もある。

※ 英語の指示代名詞の近称はthis/these,遠称はthat/thoseである。疑問代名詞は

who, what, which, whoever, whicheverなど。同形語が形容詞用法のときは疑問の形容詞に,when, where, why, howなどの副詞用法のときは疑問の副詞になる。one,another/other, some/any, both/either/neither,all /none/each,someone/everythingなどは不定代名詞で,who/whose/whom,which/whose /which,thatなどは接続詞と代名詞の機能を持つ関係代名詞でもある。

 
 ところで、不定代詞はふつうは疑問代詞の不定用法と説明されています。この用法は疑問の用法とはまったく異なるので、いちいち「疑問代詞の不定用法」と断ることになりますが、そうすることが私には面倒に思われ、新名称を設けることにしたのでした。

 なお、《现代汉语词典》不定代詞に該当する語の語釈に《现代汉语词典》では”任指””泛指””虚掷”という語が出てくるのですが、その語の私の説明、これもこれでよいのかといささか不安があります。









[PR]
by damao36 | 2017-07-30 08:52 | 中国語 | Comments(0)

これでいいのか⑤——中国語の16文型

 英語の文法書には必ずと言っていいほど5つの英語文型の説明があります。なのにどうして中国語の文法書には文型を説明したもがのほとんどないのでしょうか。日本語も同じですが、テニヲハ付着語の日本語文は主語がきて連用修飾語がきて述語で終わる、動詞述語文でいうと基本文型はSVの1文型だから、その説明は不要だからでしょう。中国語はあまりにも煩雑だと考えられているからではないでしょうか。

 私は『日英中 三方攻読 中国語文法ワールド』で中国語文型は16文型と、その表(P.56)を掲げておきました。中国語の述語は英語のように動詞だけではなく、日本語同様形容詞や名詞、主述述語があるので、それだけで4つになります。その中のいちばん多い動詞述語文に限ると私案の表では11文型になります。

 でも、よくよく眺めてみたら、①~⑪の文型はSV,SVO、SVCO,SVOO,SVOVO、SVO/SVOの6文型にまとめることができる、そんな気もしてきました。

 S                      ……動詞単純動作文)

 SO  Oの関係。               ……”構文関係同一文)

 SO                             ……動賓動作対象文)

 S(特定主語)()O(場所時間賓語)                     ……”構文(所在文)

S(特定主語)()O(所有物・達成量や程度)                 ……”構文(所有文)

 S(場所時間主語)O(実質主語)                        ……場所時間主語文(存現文)

※ 存現文存在文(述語は)・出現文消失文に下位分類される。

 S介詞連語(O)               ……一般介詞構文条件明示)

S“把”Oα(O2)  ※ Oは実質賓語          ……“把”構文(処置文)

S“被”Nα                    ……”構文(受動文)

S比”O(O2)                 ……”構文(比較文a)

S助動詞(O2)                   ……助動詞文(態度表明文)

 SO(=SVO)                       ……主述賓語文(内界表出文)

 SC(O)                     ……動詞補語述語補完文a)

※ は結果・方向・可能・程度・様態・数量補語になる。

※ 数量補語ではの前に付くことある。

 SOO 2                             ……二重賓語文(授与取得文)

 S1O12O2                             ……連動文(物事達成文)

           ……”連動文(物事所有文)

※ 連動文にはの欠ける文,になる文も含む。

 S 1O/S22O 2                             ……兼語(使役文)

            ……一般動詞兼語(語彙的使役文)

           ……”兼語(行為存在文)

※ O/Sは前節賓語Oが後節主語Sを兼ねることを示す。

※ 使役文に“使などの使役動詞がくる。

 SA                     ……形容詞述語文性質説明文)

 SC                              ……形容詞補語(述語補完b)

 S1比”S2C)                     ……“比”構文(比較文b)

 S                       ……名詞述語文(名詞問答文)

 (=SA/SV/SVO)                 ……主述述語文(主題文)

※ 主題文の主述述語は形容詞が多いが,動詞もある。


[PR]
by damao36 | 2017-07-30 08:50 | Comments(0)