<お詫び>『日中英... >>

『日英中 三方攻読 中国語文法ワールド』について

 5月12日、朝日出版社からこのブログで発表した記事を中心にした文法書を上梓します。『聴く中国語』4月号に広告が出ています。以下はその広告文案ですが、書店に並びましたら、ぜひ内容をご覧ください。
 なお、ブログ内容には誤りも多いので、いずれブログは閉鎖しようと考えています。


『日英中 三方攻読 中国語文法ワールド』
    相原茂監修 大茂利充・後平和明共著(A5判580頁)予価 3,600円(+税)
第Ⅰ章 中国語ワールド(発音ポイント・文成分・品詞・16文型と22文種など。)
第Ⅱ章 文成分(文成分は主語・賓語・述語・補語・定語・状語の6つ。準述語の補語は結果・方
    向・可能・程度・様態・数量の6つ。述語展開の過程を示すアスペクトは始動態・持続態・
    完成態・出現態・経験態・将然態の6つ。)
第Ⅲ章 品詞(12の品詞主要語の語釈と用法,例文。連詞と関連する複文など。)
第Ⅳ章 文種(文種は名詞述語文・主述述語文・“是”構文・存現文・二重賓語文・“把”構文・連動
    文・兼語文(使役)・受身文・内界表出文・比較文・疑問文・反語文・否定形・感嘆文な
    ど。)
第Ⅴ章 その他(常套語・日中同形異義語・句読点など。)


 著者の大茂氏は16歳まで中国で過ごし、大学では中国語を専攻。卒業後,公立高校で国語漢文教師となり,定年後に通訳案内業資格を生かして,中国語講師・通訳業に携わる。実際に中国語を教えてみての疑問を十数年にわたり書き溜め,英語教師後平氏の協力を得てそれを体系的に整理する。15年末より中国語教育第一人者の相原茂氏にその内容の監修を依頼し,指摘個所の修正・補足を終え,例文にはすべて英訳を併記。英文法・日本語文法との比較をすることで理解を深める。語釈・用法などは《现代汉语词典》(第6版)に依拠しつつ新たな分類整理を試みる。中級・上級用の中国語文法書ではあるが,中級以上を目指したい初級者にとっても,中国語ワールドを知る上で必携の書。
[PR]
by damao36 | 2017-03-26 08:37 | 中国語 | Comments(0)
<お詫び>『日中英... >>