<< 195 経験態の“过”(経験... 193 持続態の“着”“正・... >>

194 完成態の“了”,変化の語気助詞“了”

 日本語の古語には過去の助動詞に「き・けり」,完了の助動詞に「つ・ぬ・たり・り」というのがありました。しかし,現代日本語は,そういう表現をほとんど使用しない漢文訓読文体の影響からでしょうか,辞書付録の助動詞一覧などを見ると,助動詞「た」だけが<過去・完了>とひとくくりにして載っています。ということは,日本語ネイティブにとっては過去も完了も似たようなもので,どちらかというと完了と意識する方が強いのでしょう。

 中国語もその点は日本語に似ています。というよりも,日本語以上に完了と言う意識は強いが,過去と言う意識は弱い,したがって,文法用語に過去という語は用いられていません。

 その完了態を表す典型的な語は動態助詞(アスペクト助詞)の “了”です。この“了”の説明,日本で刊行されている中国語辞書にはやたらと詳しく載っています。それに比べると,中国の字書の説明はわりと簡単です。

 そこで,中国では小学生も常用する《新华字典》,そのシンガポール分館版《英汉双解 新华字典》から,その説明を抜き出してみました。(例文の“了”の下線と訳は管理者。)


[了]le
1.放在动词或形容词后, 表示动作或变化已经完成
买了一本书。Mǎile yī běn shū.
Have bought book. (本を一冊買った。)
水位低了两尺。Shuǐwèi dīle liáng chǐ.
The waterlevel is two “chǐ” lower. (水位が二尺下がった。)

2.用在句子末尾或句中停顿的地方, 表示变化或出现新的情况
①指明已经出现或将要出现某种情况
下雨了。Xià yǔ le.
It’s raining. (雨だ。)
明天就是星期日了。Míngtiān jiùshì xīngqī rì le.
It will be Sunday tomorrow.(明日は日曜日だ。)
② 认识、想法、主张、行动等有变化
我现在明白他的意思了。Wǒ xiànzài míngbai tā de yìsī le.
I now understand( or know ) what he meant. (今は彼の気持ちがわかる。)
他今年暑假不回家了。Tā jīnnián shǔjià bù huíjiā le.
He is not going home this summer vacation. (彼は今年の夏休みには帰省しない。)
我本来没打算去, 后来还是去了。 Wǒ běnlái méi dǎsuàn qù, hòulái háishì qù le.
I didn’t intend to go there at first, but later I went there anyway. (私はもともと行くつもりではなかったが,後からやはり行くことにした。)
③ 随架设的条件转移
你早来一天就见着他了。Nǐ zǎolái yī tiān jiù jiànzhe tā le•
You could have seen him if you had come here a day earlier. (一日早く来たら,彼に会えたのに。)
④催促或劝止
走, 走, 不能再等了。Zǒu,zǒu,bù néng zài děng le.
Let’s go. We can’t wait any longer. (行こう,行こう。もう待っていられない。)
算了, 不要老说这些事! Suàn le,bú yào lǎo shuō zhèxie shì!
Let it go t that.( or Forget it!)(もういい。こんな事ばかり言うな。)


 
 これまでの中国の辞書は品詞を明示しないものがほとんどです。この《字典》も品詞は一部のみの識別で,この“了”の識別は明示されていません。明示すると,1は動態助詞,2は語気助詞です。

 この1の動態助詞の“了”は「動詞または形容詞の後に置かれ,動作や変化がすでに完成したことを表す」と説明されています。日本人向け参考書では日本語の文法用語としては<完了>の方が定着しているからでしょうか,その意味を<完了>としている書が多いようです。そして,<完了>あるいは<実現>の意味だと説明しています。それでもいいのですが,私はこの《字典》の説明にもある<完成>の方がいいと思っています。<完成)なら,あえて<実現>を言わなくても,その意味がカバーできると考えるからです。(したがって,態としては<完成態>。)

 2の語気助詞については「文末または文中の切れ目に用い,変化あるいは新しい状況の出現を表す」と説明されています。ですからこの2の意味を端的に言うと<変化・出現>,または<変化・新しい事態の発生>でしょう。「確かに~ということになってしまった」,そういう語感です。また,その語感が強調されて,<感嘆>の語気も含まれています。

 そもそもこの“了”という漢字は「物がもつれてぶらさがるさま,また,ぶらさがった物をからげるさまを描いた象形文字」(藤堂明保『学研漢和大字典』)なのだそうです。そこから転じて「長く続いたものをからげて,けりをつける」意味になります。ですから,“了”という語のコアは「けりをつける/けりがつく」です。1の動態助詞と2の語気助詞の違いは1は「動作にけりがつく」,2は「状態にけりがつく」,そういう違いです。


 さて,私たち日本語ネイティブにとってこの“了”を理解することがややこしく感じるのはどうしてなのでしょうか。それはこの“了”が述語直後の用法と文末用法とがあり,その表れ方は以下の≪“了”の用法―そのニュアンスの違い≫で示すように,全部で7通りもあり,それぞれニュアンスに違いがあるからです。

 それでは“了” の述語後の用法と文末用法の7通りパターンの例を挙げて,そのニュアンスの違いについて説明します。

≪“了”の用法―そのニュアンスの違い≫
⑴ S+V+了
我吃了。Wǒ chī le.
I’ve had. (私は食べた。)
苹果红了。Pínghuǒ hóng le.
Apples got red. (リンゴが赤くなった。)
春天了, 桃花开了。Chūntiān le, táohuā kāi le.
The spring comes and peach blossomes are all open. (春だ, 桃の花が開いた。)
※ この<SV了>文の“了”は,厳密に考えると1の述語後用法(動態助詞)とも2の文
   末用法(語気助詞)とも理解できそうだ。しかし,すべて2の文末用法の語気助詞と
   考える。
 ※  いずれも話し手の「状態・状況に一つのメドがついた」という確認の語気を示す語気
    助詞。最初の例は<動詞+了>,次は<形容詞+了>,最後は<名詞+了>。た
    だし,最後の例は“春天来了”の“来”が省略されたもので,もとはやはり<動詞
    +了>。

⑵ S+V了+O,……
我吃了晚饭,……。Wǒ chī le wǎnfàn, …。
I’ve had dinner.(晩御飯は食べた。)
咱们吃了午饭就走吧。Zánmen chīle wǔfàn jiù zǒu ba.
We’ll go to there after lunch.(俺たち昼飯食ったらすぐに行こう。)

⑶ S+V了+O(特定された語)+(了)
我吃了她做的晚饭(了)。Wǒ chī le tā zuò de wǎnfàn (le).
I’ve had dinner. (晩御飯は食べた。)
我吃(了)三碗米饭(了)。Wǒ chī (le) sān wǎn mǐfàn (le).
I’ve hnner.(晩御飯は食べた。)
我迟到了五分钟。Wǒ chídàole wǔ fēn zhōng.
I was 10 minutes late. (私は5分遅刻した。)
 ※ ⑵⑶は動態助詞の例。
 ※ ⑵の最初の例文“我吃了晚饭”だと中国語は動作が終わったという感じがしない。ま
   だ続きがあると受け取られる。ここでけりをつけたいなら,“我吃了晚饭了”と最後
   にもう一度“了”と言う。このままだと,次の例文のように副詞“就”などを用い
   て,“我吃了晚饭就去”などと続ける。
 ※ ⑶の例は⑵の例と違って賓語に特定する修飾語(定語)のついた文。“她做的”は主
   述連語の定語,“三碗”は数量詞。この場合は最後の語気助詞はなくても,文は安定
   している。したがって,“我吃了她做的晚饭”“我吃了三碗米饭”と言ってよい。動
   態助詞<完成>の“了”ないとどうなる?

⑷ S+V了+O+了
我吃了晚饭了。Wǒ chī le wǎnfàn le.
I’ve had dinner.(晩御飯は食べた。)

⑸ S+V+O+了
我吃晚饭了。Wǒ chī wǎnfàn le.
I’ve had dinner./I’ll have dinner.(晩御飯は食べた。/晩御飯をたべるよ。)
我在中国住(了)两年(了)。Wǒ zài Zhōngguó zhù(le) liǎngnián le.
I have been in China for two years.
(私は中国に2年住んだ。/私は中国に2年間住むことになる。)
  ※ ⑷は動態助詞と語気助詞とがある型。⑸は動態助詞を省いた例。逆に語気助詞だけ
    を省くと⑶の例になって,話はまだ終わってないことになる。⑸のように“我吃晚
    饭了”というと,“了”には締めの語気であるから,これで落ち着く。会話ではむ
    しろ⑷より⑸の言い方が多い。

⑹ S+V(了)+C(数量詞)+(了)
这本小说我看(了)三次(了)。Zhè běn xiǎoshuō wǒ kàn(le) sān cì (le).
I have read this novel twice.(この小説は二回読んだ。)
我在中国住了两年了。Wǒ zài Zhōngguó zhù le liǎngnián le.
I have been in China for two years.(私は中国に住んで2年になる。)
我在中国住(了)两年(了)。Wǒ zài Zhōngguó zhù(le) liǎngnián le.
I have been in China for two years.
(私は中国に2年住んだ。/私は中国に2年間住むことになる。)
我在中国已经住两年了。Wǒ zài Zhōngguó yǐjīng zhù liǎngnián le.
I have been in China for two years.(私は中国に住んでもう2年になる。)
 ※ ⑹は時間量か動作回数量かを示す数量詞が補語である例。数量補語の例。
 ※ この数量詞をともなう文は必ずしも文末に変化確認の“了”をつけてもつけなくても
   意味に大差はない。しかし,例えば以下のabcは微妙な違いがある。
    a我在中国住了两年了。
    b我在中国住两年了。
    c我在中国住了两年。
   aは「私は中国に住んで2年になる。たぶんこれからも住みつづけるだろう」,bは「私
   は中国に2年住んだ。住んだ期間は二年だ」の意味になる。cはaと同じである。つ
   まり,<V了+数量詞+了>の文型は「その時点において示されている数量に対して,
   さらにその数量を超える予定」という意味をもつ。
 ※ “我在中国已经住(了)两年了”と副詞“已经”などを使うと,bの形式ではあるが,
   ”已经” がもつ継続性が最後まで影響して,aのように「これからも住むかも」とい
   う継続の意味を示す。
 
⑺ S+VC+了
我要说的话说完了。Wǒ yào shuō de huà shuōwán le.
That’s all I wanted to say. (私の言いたいことはこれで終わりだ。)
我吃好了。Wǒ chīhǎo le.
I’ve had plenty.(十分いただきました。)
牛排我已经吃腻了。Niǔpái wǒ yǐjīng chīnì le.
I’m very well now. (ステーキはもう食べ飽きました。)
 ※ “吃完了”は<動詞+補語・動詞,“吃好了”“吃腻了”は<動詞+補語が形容詞>
   の例。いずれも結果補語。補語・形容詞の例には“吃饱了”(腹いっぱいになりま
   した),“吃够了”(もうお腹にはいりません/食べ飽きました)などがある。


 これまでは述語・動詞の例を挙げましたが, “了”は述語・形容詞にも接続します。だだし,その“了”は1ではなく,すべて2の「状態にけりをつける」意の文末用法(<変化確認>の語気助詞)になります。(そもそも形容詞は状態語ですから当然ですね。)

 語り手の<変化確認>の語気を表す形容詞述語文には以下の2つの型があります。

≪<変化・出現>の“了”をもつ形容詞述語文≫
(1) S+A了
我胖了。Wǒ pàng le.
I’ve get fat. (私は太った。)
那太贵了。Nà tài guì le.
It’s too expensive. (それはあまりにも高かすぎる。)
 ※ “胖了/贵了”は「太る/(値段が)高いという状態が出現している」ということを確
認するの意。

(2) S+AC了
我胖起来了。Wǒ pang qǐlái le.
I’m had putting on weight./ I am going to fat.(私はだんだん太ってきた。)
※ “胖起来”の“~起来“は「ある起点からしだいに起ち上がる」という意味の方向動
詞。したがって,方向補語の文。⑺の“吃好了”は述語は動詞で,形容詞が補語の例。
この⑼は述語が形容詞の例。この文の訳は直訳だと「私は太るという状態がだんだん
立ち上がっていることを確認した」で,自然な日本語は「私は太ってきた」。



 そおれでは<形容詞+“了”>の文例,もう少し挙げておきます。
a 你多大了? Nǐ duōdà le.
How old are you? (君,いくつ。)
十分抱歉, 我来得太晚了。Shífēn bàoqiàn, wǒ lái wǎn le.
So sorry, I’m so dreadfully late. (申し訳ございません。大変遅れてしまいました。)
这话说得太好了。zhè huà shuōde tài hǎo le.
This is a very apt remark.get fat. (この話はとってもいい/とっても好すぎる。)
你要求太多了。Nǐ yàoqiú tài dō le.
You’ve demanding too much. (君は要求することが多すぎる。)
你的态度太傲慢了。Nǐ detàidu tài àomàn le.
You’’ve acting big. (君の態度はあまりにも傲慢だ。)
他现在身体比去年好多了。Tā xiànzài shēntǐ bǐ qùnián hǎoduō le.
She is in better health now last year.(彼は現在去年よりも元気になっている。)
b 好了,不要再说了。Hǎole, bú yào zài shuō le.
All right, no need to say more./ All right, let’s leave it at that.
(もういい,二度というよ。)
等病好了就去上班。Děng Bing hǎole jiù qù shàngbān.
I’m very well now. (病気がよくなったらすぐ仕事に行きます。)
 ※ aは「ある変化がすでに完了して新しい状況が出現している」ということ。bは「こ
   れから出現すること」を表す。


 結局,動態助詞の“了”は「動作や活動に一定のけりがついたことを認める」,語気助詞の“了”は「ある状態にけりがついたことを認める」,そのように理解することができます。その“了”のついた文を否定するということは,「動作や活動に一定のけりがつかない」,「ある状態にけりがつかない」,つまり動作の結果はゼロ,ある状態の変化はゼロということですから,否定語は意志の否定の“不”ではなく,ゼロ(無)の“没”または“没有”(have not; there is not)になります。
 形势有了新的发展。Xíngshì yǒule xīn de fāzhǎn.
 The situation is changing. (形勢は新しい展開を見せています。)
 形势没有新的发展。Xíngshi méiyǒu xīn de fāzhǎn.
 The situation is not changing. (形勢に新しい展開はありません。)

“没”または“没有”は動詞Vを否定するのであって,<V了>を否定するわけではないので,「けりをつけた」の“了”は自然消滅します。“已经/快~了”など“了”と呼応する副詞も消えます。

 しかし,日常よく耳にする言葉に“好久不见了”(Long time no see.お久しぶりですね)というのがあります。この言葉はもちろん“好久没见了”とも言いますが,どうして“不见了”もいいのでしょうか。理由はある期間をします“好久”があるから“主体者の意志を表す“不”も成り立つということです。「しばらくの間私たちは会う状態をもたなかった」の意なら“没”ですが,「しばらくの間私たちは会う行動をしなかった」のなら“不”になる,そういう理屈です。「昨日は仕事に行かなかった」も「昨日」という語がありますから,“昨天不去上班了”(I didin’t go to work yesterday.)ともいえるのです。(もちろん“没”も使えます。)

 また,<形容詞+“了”>の場合も,単なる状態の否定なら“没/没有”ですが,状態でなく判断を示す場合は“不”になります。(例えば“好了”は「よくなった」なら状態ですが,「もういい」なら語り手の判断です。)


 疑問文として例えば“吃饭了吗?”という言い方以外に,“你吃早饭了, 没有?”という言い方もあります。


 なお,“了”には動詞の用法もありまs。その場合はliǎoと発音します。
她说起话来没完没了。Tā shuōqǐ huà lái méi wǎn méi liǎo.
She talks endlessly. (彼女が話し始めるとなかなか終わらない。)   
这事你办得了。Zhè shì nǐ bàndeliǎo.
You can do it.. (この仕事なら君はやれる。)   
这种侮辱我就受不了。Zhè zhōng wúrǔ wǒ jiù shòu bu liǎo.
I just couldn’t bear with such insults. (こんな侮辱は我慢できない。)   
[PR]
by damao36 | 2011-08-24 09:59 | 中国語文法 | Comments(0)
<< 195 経験態の“过”(経験... 193 持続態の“着”“正・... >>