これでいいのか②――日英中の文成分

 

「これでいいのか」第2弾は『日英中 三方攻読 中国語文法ワールド』§3-2の文成分の5W1Hによる日英中語の語順(P.45)についてです。まず、その表を掲げます。

(日)誰が/何がいつ/どこで/どのように/何を~する 

()誰が/何が~する何をどこで/いつ/どのように

()誰が/何がいつ/どこで/どのように~する何を


日本語・中国語はこれでいいと考えていますが、英語がこれでよいのでしょうか。

 今考えると、英語の場所と時を表す「
どこで/いつ」は日中語とは逆で、しかも文末ということはこれでいいと思いますが、副詞句節に相当する「どのように」を最文末としているのが疑問です。

 副詞句節は述語動詞の前または後とすべきではないでしょうか。ゆえに、ここは以下のように訂正しておくことにします。


()誰が/何がどのように~するどのように何をどこで/いつ

123

※ つまり,英語のは3か所に分かれて用いられるので、M1M2M3とする。




[PR]
# by damao36 | 2017-07-27 20:30 | 中国語 | Comments(0)